Information

次世代のクリエイターをLEXUSが育成・支援する国際デザインコンペティション 「LEXUS DESIGN AWARD 2018」作品募集開始

7
8月

―テーマは“CO- (共)”―
入賞作品はミラノデザインウィークで展示予定

LEXUSは、全世界の次世代を担うクリエイターを対象とした国際デザインコンペティション「LEXUS DESIGN AWARD 2018」の作品募集を本日より開始。同コンペティションは豊かな社会とより良い未来を創造する革新的なDESIGNとアイデアを生み出す気鋭のクリエイターの育成・支援を目的に2013年に創設され、今回で通算6回目を迎える。
https://lexus.jp/brand/lexus-design/design_award/

「LEXUS DESIGN AWARD 2018」の作品テーマは、“CO-(共)“。
CO-とは、「複数の要素を融合させ、その相乗効果により、既成概念や限界を越えて新しい価値を生み出す」LEXUSの思想。CO-llaboration、CO-ordination、CO-nnectionによって、LEXUSはサスティナブルなデザイン開発に取り組み、自然や社会との共生・調和を常に追及している。CO-をテーマに、より良い未来をかたちづくる創造性豊かなアイデアの提案を期待している。

審査基準はテーマ“CO-(共)“に対する着眼点とその解釈の独自性。LEXUSの考える、より良い未来を創造する革新的なDESIGNに対する深い理解が求められる。また、審査員、メンターは、8月中旬に発表する予定。


「LEXUS DESIGN AWARD 2018」の入賞12作品は、イタリア・ミラノで開催されるミラノデザインウィーク2018*1のLEXUS会場に展示予定。入賞12作品のうち、4作品の受賞者へは審査員から直接のフィードバックを受けることができるほか、メンターシップにより世界的クリエイターと協力しながらプロトタイプを制作。受賞者にはプロトタイプ制作費として、最大300万円を支援する。受賞者は、自身の作品についてのプレゼンテーションを、ミラノデザインウィーク2018のLEXUS会場で行い、最終審査を経てプロトタイプ4作品の中から「LEXUS DESIGN AWARD 2018」の頂点となるグランプリ1作品を決定する。

 これまでのLEXUS DESIGN AWARD受賞者は、その後、作品の商品化や企業とのコラボレーションなど、様々な形で飛躍を遂げている。LEXUSは、豊かな社会とより良い未来の創造にはデザインの力が重要であると考え、今後も本アワードを通じて、次世代のクリエイターの育成・支援を続けていく。

本アワードの応募受付期間は、2017年7月24日から10月8日まで。2018年初頭に入賞12作品を発表する。

*1イタリア・ミラノで行われる世界最大のデザインエキシビション。家具メーカーやファッションブランドが独自性をアピールする様々なイベントを開催。ミラノサローネとも呼ばれる。 2015年のインスタレーション「LEXUS – A JOURNEY OF THE SENSES」は、公式コンペティション「Milano Design Award Competition」において、「Best Entertaining賞」を自動車会社として初めて受賞するなど高い評価を受けた。

ページの先頭へ