Information

無印良品 有楽町 ATELIER MUJI「Handscape展」

10
8月

2017年9月1日(金)〜10月29日(日)
※店舗休館の場合は、それに準じます。

Handscapeは、Hand と Scapeを組み合わせた造語です。人の手が、うみ出す風景。
それは、目を凝らしてじっと1点をみつめるのではなく、目線を上げ、広がりを俯瞰して眺めるイメージから生まれました。
本展は、スウェーデンのアーティストと来場されたみなさんがギャラリー内で協働し、
無印良品の商品の生産工程で出る端材を素材として、大きなラグをつくるプロジェクトです。
捨てられてしまうものが、デザインやアイデア、人の手のちからで、美しく温かみのある作品になります。
それは、持続可能なものづくりや新たな価値を、自らの手でつくり出す楽しさにつながっています。
なにを選ぶか、という消費者の目線から、なにかを作る、というささやかな挑戦。
制作に参加すること、過程を見守ること、結果を想像すること、いろいろな楽しみ方があります。

ラグのデザインのテーマは、「雲」。作品はまるで本物さながらに、みなさんの手で、日々変化していくことでしょう。
みたことのない風景を、いっしょにつくり、眺めませんか?

https://www.muji.com/jp/events/8295/ (公開中)

【基本情報】
会場|無印良品 有楽町 2F ATELIER MUJI
   〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 無印良品 有楽町2F
会期|2017年9月1日(金)〜10月29日(日) (全58日間)
開場時間|10:00-21:00 (入場無料)
お問合せ|http://www.muji.com/jp/events/ateliermuji/
主催|無印良品
共催|スウェーデン大使館
企画協力/作家|Studio Brieditis & Evans
空間構成|堂園有的 (SAND)、西川拓 (SAND)、佐藤未季
グラフィックデザイン|大内かよ (OKデザイン)
企画・運営|株式会社良品計画 生活雑貨部 企画デザイン室、無印良品 有楽町 ATELIER MUJI

【アーティスト】
Studio Brieditis & Evans
カタリーナ•ブリーディティスとカタリーナ•エヴァンスによるユニット。
デザイン、クラフト、テキスタイルや関連商品の開発を手がける。2003年以降、協働でプロジェクトに取り組み始める。
Studio Brieditis & Evansでは、デザイン・クラフト・商品開発・製作・テキスタイルリサイクリングなどにおける双方の全ての経験を元に、
新たなデザインの表現を見つけるための素材と技術をかけ合わせた実験的なプロジェクトを続けている。

【関連イベント】
アーティストトーク&アフターパーティー *日英逐次通訳付
アーティストが自身の作品や制作について語ります。トーク終了後、アーティストを囲んでパーティーを開催します。
※満席の為、募集は終了致しました。

ワークショップ1  <学生向けワークショップ> *英語
制作のアイデア、技法など、アーティストと一緒に制作を通して学べるプログラムです。
※満席の為、募集は終了致しました。

ワークショップ2  <アーティストとラグを作ろう。> *英語
アーティストと一緒に、会場で展示するラグを制作します。
※満席の為、募集は終了致しました。

ワークショップ3  <自分のシャツでエプロンを作ろう。>
ある日、ごく普通の会社員が思いつきで、気に入っていた自分の着古したシャツやバッグなど
愛着のある物でエプロンを作ってみたところ、軽くて機能的で非常に素敵な1枚が出来ました。
みなさんもご自身の古着などを持ち寄って、簡単かつ愉しくエプロンを作ってみませんか?
日時:2017年 ㈰10月1日 (日) 14:00〜15:30
   ㈪10月14日 (土) 14:00〜15:30
   ㈫10月25日 (水) 19:00〜20:30
   (各回受付は開始の15分前から)
会場:無印良品 有楽町 3F Open MUJI
講師:小島健二 (会社員)
※9/1(金)より募集を開始致します。

イベントの申し込み、詳細については、下記公式サイトをご覧下さい。
ATELIER MUJI公式Webサイト|http://www.muji.com/jp/events/ateliermuji/

ページの先頭へ