Information

無印良品有楽町店 ATELIER MUJIでは2018年1月26日(金)〜 2018年4月15日(日)まで、 「ギフト デザインの贈りもの展 −永井敬二コレクション−」を開催いたします。

25
12月

生活美学の専門店という視点から始まった無印良品。
デザインには、いろいろな機能や作用がありますが、ものともの、ものと人、人と人をつなぐチカラがありそうです。

本展では、福岡在住のインテリアデザイナー、永井敬二氏が50年にわたり自分自身の目と手と足で世界中から集めた、暮らしを豊かにする膨大なプロダクトデザイン・コレクションの中から、ギフトをテーマにセレクトしました。また、自宅に溢れんばかりに集積され、4つの倉庫に大量に収納されたコレクションの、ほんの一部をご紹介します。それらはジャンルも、家具、生活雑貨、電化製品、福祉用品、書籍など多岐に渡っています。
永井氏のコレクションは、ものとして美しく、道具として優れていることはもちろんですが、デザインとは、人間や暮らしにとって何か、という根本的な問いに答えをもたらす物語が、ひとつひとつのプロダクトにこめられています。
この場所に、ものを通じて世界中のデザイナーや多くのひとたちとつながり、そして相手を想いギフトを贈り合う永井氏が築いた特別な空間と時間を、ほんの少しだけ切り取りました。
ここが、みなさまへのささやかなギフトとなれば、幸いです。

https://www.muji.com/jp/events/11221/(公開中)

【基本情報】
会場|無印良品 有楽町 2F ATELIER MUJI
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 無印良品 有楽町2F
会期|2018年1月26日(金)〜4月15日(日) (全80日間)
開場時間|10:00-21:00 (入場無料)
お問合せ|http://www.muji.com/jp/events/ateliermuji/
主催|無印良品
企画協力:永井敬二(インテリアデザイナー)、田代かおる(デザインジャーナリスト)
協力:AGC旭硝子 AGC Studio
グラフィックデザイン:木住野彰悟 (6D)
企画・運営|株式会社良品計画 生活雑貨部 企画デザイン室、無印良品 有楽町 ATELIER MUJI


【永井敬二について】
1948年、佐賀県唐津市生まれ。
福岡<岩田屋インテリア>を経て、82年にデザインスタジオ<ケイアンドデザインアソシエイツ>設立。モダンデザインのコレクターとして国内外に知られ文化交流に貢献。デンマーク王国より「Furniture Prize」受賞。モダンデザイン展への出品多数。


【関連イベント】
■オープニングトーク「永井さんが語る、永井コレクション」
半世紀に渡る膨大で貴重なコレクションについて、永井さんご本人と、そのアーカイブ化に取り組むデザインジャーナリストの田代さんが語ります。
日時:2018年1月26日 (金) 13:30〜15:00 (受付は開始の30分前から)
会場:AGC旭硝子 AGC Studio (住所|〒104-0031 東京都中央区京橋2-5-18京橋創生館1・2階)
https://www.agcstudio.jp/access/
銀座線京橋駅1番・5番出口より徒歩1分
(京橋駅構内工事に伴い、4番出口は2018年3月ごろまで閉鎖されています。閉鎖中は1番・5番出口をご利用ください。)
※なお、トーク会場は本展の展示会場ではございませんので、ご注意ください。
定員:70名様 (要事前予約)
登壇者:永井敬二(インテリアデザイナー)、田代かおる(デザインジャーナリスト)
モデレーター:鈴木潤子(ATELIER MUJI シニア・キュレーター)
ご予約:下記、ATELIER MUJI 公式サイトよりお申し込み下さい。
参加費:無料
お問い合わせ:03-5208-8253
※開催当日のみ、ATELIER MUJI宛にお願いいたします。AGC旭硝子 AGC Studioへのご連絡はご遠慮ください。


■レクチャーシリーズ
本展会期中は、レクチャーシリーズを開催します。
詳しくはATELIER MUJI公式サイトをご覧下さい。


イベントの申し込み、詳細については、下記公式サイトをご覧下さい。
ATELIER MUJI公式Webサイト|http://www.muji.com/jp/events/ateliermuji/

ページの先頭へ