Information

誰でも、何歳からでも。「絵が描けたらいいな」をかなえる1冊。「ネイサン・フォークスが教えるチャコールで描くポートレート」を刊行

30
1月

ポートレートの最初の一歩を名講師ネイサンが教えます。

 「絵が描けたらいいな」と考える人はたくさんいます。
  特別で魅力的な何かを目にしたら、それを永遠に形に残す術を
  身に着けたいと思うのは自然なことです。
  本書を手にすれば、誰であろうと、何歳であろうと、単純な手順を
  積み重ねさえすれば、立派な絵が描けると分かるはずです」

ポートレートを描く全工程を豊富な実例とともに解説。また、生徒作品の添削例からは、誰もが陥りやすい落とし穴を客観的に知ることができます。

経験を積んだアーティストも、光をまとったのびやかな作品から、たくさんのインスピレーションを得られるはずです。

■□ 序文より □■
ネイサンは本書で、自身が使っている画材や作業手順をすべて披露している。正確なレシピを見たい学生やアーティストたちには、うれしい情報に違いない。ドローイングの過程は段階を追って丁寧に示され、途中段階の絵も美しく撮影され、印刷されている。
この本は、肖像ドローイングの名著として、長く愛されることだろう。
ジェームス・ガーニー(James Gurney)
「カラー&ライト」「空想リアリズム」「ダイノトピア」著者

本書は「How to Draw Portraits in Charcoal」(Design Studio Press刊)の日本語版です。


【著者について】
ネイサン・フォークス(Nathan Fowkes)は、エンターテインメント業界で活躍するアーティストであり、ファインアーティストとしても講師としても活躍しています。
現在は、アニメーション映画のコンセプトアーティストとして、ドリームワークス、ディズニー、ブルースカイ・スタジオなどの作品に参加しています。
主な参加作品:「プリンス・オブ・エジプト」「ヒックとドラゴン」「長ぐつをはいたネコ」。長編映画に加え、シュレックシリーズの各種プロジェクトにも参加しています。

Nathan Fowkes Art:http://www.nathanfowkesart.com/


【目次】
Chapter 1:画材
Chapter 2:画材の使用
Chapter 3:4 つの課題
Chapter 4:構造
Chapter 5:芸術性と明瞭さ
Chapter 6:明部と暗部
Chapter 7:エッジのデザイン
Chapter 8:ポートレートの構図
Chapter 9:よくある間違い
Chapter 10:まとめ
Chapter 11:クイックスケッチ
Chapter 12:ドローイングギャラリー


書籍紹介ページURL:
https://www.borndigital.co.jp/book/6245.html

AmazonURL:
http://www.amazon.co.jp/gp/product/gp/product/4862463843

【書籍概要】
書籍名:ネイサン・フォークスが教えるチャコールで描くポートレート
刊行予定日:2018年2月下旬
著者:ネイサン・フォークス(Nathan Fowkes)
定価:本体2,800円+税
ISBN:978-4-86246-384-5
サイズ:A4変形
ページ数:180
発行:株式会社ボーンデジタル

ページの先頭へ