Information

生き方を考える90分

1
2月

日々の生活の中ですれ違う無数の人々
全ての人に物語があり、その歩みに伴う多様な働き方が存在します。
普段関わることのない「職」に触れ、
自分らしい仕事や暮らしとの向き合い方を考えてみよう。

第一回 WORK & FOSより派生し、SHIBUYA TSUTAYAとの共同開催で、WORK & STUDY(ワークアンド スタディー)を開催します。
様々な「職」にスポットを当て、その業の成り立ちや職人のストーリーから、自分らしい働き方や暮らし方 のヒントを得る4つのプログラムを用意します。

[開催概要]
開催名
WORK & STUDY (ワークアンドスタディー)

開催日 CASE 1: 2018年2月17日(土) 10:30~12:00
CASE 2: 2018年2月17日(土) 13:00~14:30
CASE 3: 2018年2月18日(日) 10:30~12:00
CASE 4: 2018年2月18日(日) 13:00~14:30
会場 SHIBUYA TSUTAYA 7F WIRED TOKYO1999
住所 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町21-6
参加費 無料 *ただし、別途1ドリンクをご注文いただきます
主催 WORK & FOS, SHIBUYA TSUTAYA
協力 APACHE

[注意事項]
プログラム参加ご希望の方は、WORK & STUDYウェブサイトの申し込みフォームより必要事項をご記入の上、ご応募ください。
各プログラムには定員がございます。お申し込み多数の場合は抽選とさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
申し込みフォームに記載いただきましたメールアドレスへ、WORK & STUDY事務局より受付完了のメールをお送りします。そのメールを持って受付完了となりますのでご返信をお待ちください。
プログラム参加は無料です。但し会場のWIRED TOKYO1999にて別途 1ドリンクをご注文いただきます。


CASE 1: 2018年2月17日(土) 10:30~12:00 (10:00 受付開始)
人の輝きをサポートする仕事 / ファッションスタイリスト

求人などを目にすることも無く、入口が不明な職業のトップランキングでもあるファッションスタイリスト。
如何に難関を突破し、独自のセンスを築き上げるのか?その働き方を考察するプログラム。

標本
南 拓子
ファッション誌、広告、プロップススタイリング、アーティストのスタイリング及び衣装製作を手がける。
https://sekikominami.themedia.jp/
定員 25名

CASE 2: 2018年2月17日(土) 13:00~14:30 (12:30 受付開始)
文字で繋がりを作る仕事 / 雑誌編集長

雑誌が作られる裏側と表側。普段目にすることができない部分に着目しながら その仕事を紐解きます。本を作る作業、本を売る作業を互いに考察し、誌面(LOOP MAGAZINE)と売場(SHIBUYA TSUTAYA) の役割を入れ替えたプログラムも同時開催。
期間限定で自転車好きのための特別コーナーが誕生します。

標本
住吉 暢彦
ファッション誌をはじめ、ストリートカルチャー、アウトドア、ミリタリー、クルマ雑誌など数多くの雑誌などのメディアを手がける(た)編集者であり仕掛け人。ことストリートカルチャーに関する造詣が深く、その気さくな性格も手伝って世界中に幅広い人脈、友好関係を持つ。

LOOP Magazine
世界中のストリートから生まれる濃厚なバイシクルカルチャーを凝縮したLOOP Magazine。ライダーが独自に作り上げる自分自身の価値観の提案や、自転車や自転車のあるライフスタイルの楽しさや奥深さを発信し続ける。日本にとどまらず、世界のリアルアンダーグラウンドシーンから絶大な人気を誇るストリートカルチャーマガジン。
http://www.loopmagazine.jp/

定員 25名

CASE 3: 2018年2月18日(日) 10:30~12:00 (10:00 受付開始)
時代が求めるビジョンを映像化する仕事 / FPV シネマトグラファー

ドローンが世に認知され始める前より、その可能性を追求し空撮を始めた先駆け的存在。多くの若者が憧れる職業、ゲーム制作におけるゲーム内ハイエンド3DCG映像のテクニカルスーパーバイザーを努めながら、文字どおりドローンを使った新しい視点を開拓し全く新しいフィールドから時代が求めるビジョンを切り取る。
様々な経験を活かしつつ、新しい分野にチャレンジするに至るまでの心の動きや、考え方を共有するプログラム。

標本
北川 哲一郎
スクエアエニックス社 ファイナルファンタジー(FF)シリーズ8~15のCG映像制作に関わる傍ら、2013年よりドローンの空撮を開始。
ドローンの自作を経て、2016年にはFPV(ゴーグルを使用した目視外)マイクロドローン制作と飛行を開始。その可能性を求め独立。
FPVドローンレースへの出場を経験したのち、フリースタイル空撮に重点を置き、自作のドローンレース機を用いたFPVシネマトグラファーとして海外でのFPV空撮ツアーを開始したニュータイプのドローン操縦士。
Mr.ChildrenのPV用空撮やTokyo girls collectionなど大型イベントでの屋内空撮〜ドローンスクールジャパン東京ベイエリア校の非常勤として産業用ドローンの操縦を教えつつマイクロドローンの授業開発、機体開発やレースの総合演出等も行う。

定員 25名

CASE 4: 2018年2月18日(日) 13:00~14:30 (12:30 受付開始)
被写体の色を引き出す仕事 / フォトグラファー

携帯電話等の普及により、1人1台以上のカメラを常備する現代。
そんな時代においても、カメラによって切り抜いた一瞬の情景により、生計を立てるフォトグラファー。
どのようにしてアーティストとの信頼関係を築き、独自のスタンスを確立するに至ったのか、価値ある写真の生み出し方を考察するプログラム。

標本
鳥居 洋介
1979年、愛知生まれ。東京在住。国内外問わず数多くのアーティストのポートレート撮影を中心に幅広い媒体で活動。2016年、ロンドンを拠点に活動する日本人4人組サイケデリックロックバンド「BO NINGEN」のUKでの日常生活やツアーに密着しまとめあげた写真集「BO」を発表。
https://www.yosuketorii.com/

定員 25名

ページの先頭へ