Information

ラミーデザイン50周年記念世界巡回展が来日

6
2月

ドイツの筆記具メーカー・ラミー社のペンのデザインの過程に焦点を当てた「thinking tools 展」が2018年3 月3 日(土)〜4 月8 日(日)まで、21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3 にて開催されます。ラミーを代表する様々なペンのプロトタイプや製品開発の現場のワンシーンの紹介を主軸に、
イラストレーター、クリストフ・ニーマン氏が本展のために手掛けたドローイングとインスタレーションを展示し、機能美とデザインの本質に迫ります。

1930 年ドイツ・ハイデルベルグに設立されたラミー社は、ユニークなデザインでドイツのみならず、世界中の筆記具市場に新風を吹き込みました。世界中の様々な分野のデザイナーとのコラボレーションによって開発された商品は、多数のデザイン賞を受賞しています。
ラミー初のデザインプロダクトである「LAMY 2000」は、それまでの筆記具の概念を覆す、“機能によってかたち作られるデザイン”というバウハウスの思想を取り入れた斬新なデザインです。「LAMY 2000」が登場した1966 年を「ラミーデザイン誕生の年」と定め、それ以降、姿かたちを一切変えず、ラミーデザインの原点を伝える永遠のロングセラーとして、多くのデザイナーやクリエイターに愛用されています。
ラミーデザイン50 周年を迎えた2016 年に、ドイツ・フランクフルトの応用工芸博物館で「thinking tools 展」を開催し、世界巡回展として、ドイツに続き日本での開催が決定いたしまし
た。

会期中には、ゲストスピーカーによるギャラリートークを計3 回開催いたします。ラミーの定番ボールペン、ラミー ノトのデザインを手がけた深澤直人氏、ドイツ・ラミー本社マーケティングチームの大貫仰氏等の登壇を予定しています。最新情報はラミージャパンウェブサイト内・本展覧会ページにて順次告知いたします。

■展覧会概要
展覧会名:thinking tools.プロセスとしてのデザイン ― モダンデザインのペンの誕生
会期:2018 年3 月3 日(土)〜2018 年4 月8 日(日)※火曜休館
時間:10:00〜19:00
会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3
(東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン)
入場料:無料
主催:LAMY、DKSH ジャパン株式会社
公式ページ:http://www.lamy.jp/thinkingtools.html

ページの先頭へ