Information

最も古い素材で現在を作る​ 毛塚 友梨 個展「10+1years」開催 

25
9月

この度、毛塚友梨は個辰「10+1 years」を開催させて頂くことになりました。本展は昨年(2020年)10月に行った作家活動10年を記念する個辰「10 years」の続編です。前回は大きな作品の辰示が主でしたが、今回は前回の個辰で辰示していない小作品、また今まで一度も辰示した ことのない未発表の作品を含む辰示会です。今年も昨年に引き続き、新型コロナウィルス感染症の影響による状況を鑑み、現地会場と併せて、3Dスキャンを使用したオンラインビューイングを行う予定でおります。遠方の方も是非オンライン上で、毛塚友梨の作品の世界観をご高覧ください。詳しくは、下記の辰示特設ページにてお知らせいたします。
https://www.oceansgallery.online/yurikezuka

「愛漆」 2021 陶器 写真:亜門 龍

毛塚は、陶芸を用い、インスタレーション作品の制作を主軸とするアーティストです。蛇口、バケツ、シャワ ー、机などの生活用品、室内設備をしばしば陶器で形作り、そこから人間の精神的な問題提起、感情の動き、社会的通念への懐疑・皮肉を哲学的に考察します。
毛塚作品のほとんどは、縄文土器でも使われている、最も原始的な陶芸の技法の一つである『ひもづくり』で制作されています。
土器が古代の思想や生活などの事象を反映するものならば、彼女の作品は現代の事象を反映した土器だと捉え、原始的な素材をつかい、現代的なものを作ることにより、現代を生きる人間の営みの表現を試みます。
 
2021/10/29(FRY)-11/7(SUN)
10:30-18:00 
※今回は新型コロナウイルス感染予防の為オープニングレセプションの開催を控えさせていただきます。

BLOCK HOUSE
東京都渋谷区神宮前 6-12-9-4F
オンラインビューイング 11/l(MON)~

​作家情報

Potter/Artist
​毛塚 友梨

website
http://www.yurikezuka.jp/

陶芸を用い、インスタレーション作品の制作を主軸とするアーティストです。
 
蛇口、バケツ、シャワー、机などの生活用品、室内設備をしばしば陶器で形作り、そこから人間の精神的な問題提起、感情の動き、社会的通念への懐疑・皮肉を哲学的に考察します。

毛塚作品のほとんどは、1万年以上前の遺跡などから発見された土器でも使われている、最も原始的な陶芸の技法の一つである『ひもづくり』で制作されています。

土器が古代の思想や生活などの事象を反映するものならば、彼女の作品は現代の事象を反映した土器だと捉え、原始的な素材をつかい、現代的なものを作ることにより、現代を生きる人間の営みの表現を試みます。



​経歴
1984 栃木県に生まれる
2003 作新学院高等学校 卒業
2009 東京藝術大学美術学部工芸科 卒業

受賞歴
2012 2nd International Ceramic Triennal UNICUM 2012
  入選
2011 YOUNG ARTISTS JAPAN VOL.4 
  小暮ともこ賞、石井信賞
2011 京畿世界陶磁ビエンナーレ 入選

展示歴
個展 
2020 10 years(ログズビル1F 東京)
2018 「鏡」(Lower Akihabara. 東京)
2015 現代陶芸 毛塚友梨作陶展
   (東武宇都宮百貨店 栃木)
2012 毛塚友梨 -CONTAINTS-
   (Lower Akihabara. 東京)
2012 −陶 蒼い心− 毛塚友梨展
   (LIXIL ギャラリー ガレリアセラミカ 東京)
グループ展 
2021 アート番外地(タグボート、東京)
2021 陶×藝×術 FEI ART MUSEUM 横浜
2020 GARDEN展
   (西武百貨店渋谷店 美術画廊、東京)
2020 Art Fair Philippines 2020
   (The Link Ayala Center Makati、マニラ、フィリピン)
2019 time crossing 4th exhibition(壺中居、東京)
2019 Art Central
   (CENTRAL HARBORFRONT、香港、中国)
2019 ONE ART Taipei
   (The Sherwood Taipei、台北、中華民国)
2012 Young Art Taipei(台湾)
2012 SICF13(スパイラル、東京)
2011 YOUNG ARTISTS JAPAN VOL.4
   (ラフォーレミュージアム六本木、東京)
2011 京畿世界陶磁ビエンナーレ
   (ワールドセラミックセンター、イチョン、韓国)
2010 SICF11(スパイラル、東京)

「縁」 2012 陶器

「人間」 2012 陶器

ページの先頭へ