Information

ルディ・クレモニーニ「Room 104」 2021年11月19日(金) - 12月18日(土)

20
11月

今回の展示ではホテルの一室、あるいは船内のプライベートな空間をつくりました。
そこにはお土産や花瓶などのちょっとしたものが置いてあり、メイドがパーティの場を取り仕切り、魔法使いやスペシャル・ゲストが登場します。
まるで夢のなかのような奇妙なお話です。そしてその私的なパーティには、だれでも入ることができるのです。
– ルディ・クレモニーニ

104GALERIEは2021年11月19日(金)〜12月18(土)の会期にて、イタリアボローニャを拠点に活動するルディ・クレモニーニの個展、「Room 104」を開催いたします。本展は当ギャラリーにおけるおよそ3年ぶり、2度目の個展となり、小作品、大作品からなる11点の新作を発表いたします。
www.104galerie.com

『クレモニーニはこれまで、彼らしい明晰な思考と、徐々に研ぎ澄まされ高みを目指す創造力の跳躍によって、彼の言語と詩の進化とともに延びてゆく険しい道に挑んできましたし、それはこれからも変わりません。ただ彼が関心を抱いているのは、その道の到着地ではなくその先にあるのでしょう。彼の(非常に幅が広いですが)彼の命題を深く追求する行為に結びついたカテゴリに属するモチーフのレパートリーがその先に何があるのかを予言しています。
なぜならそれらの表象は全て囲いに覆われた生活空間という概念を示唆しており、そこでの世話と保護が保証される代わりに奪われる自由、まるで快適で安全な場所を夢見ることはある種の犠牲を伴うと言っているかのように、何かを得るために別のものを放棄すること、そして個人の自由を商品として手放すこと、を語っているからです。あらゆる絵を人間の条件の典型として示すことがルディ・クレモニーニには可能なのです。-Davide Sarchioni』
本展の作品に登場する人や物には、ユーモアや可愛らしさとも言える魅力があります。それらのモチーフに秘められた極めて個人的な葛藤や孤独感が、仄暗く奥深い作品を作り出すのです。
Room104での密やかな出来事を描いたルディ・クレモニーニの作品を多くの方にご覧いただけたら幸いです。


展示名
ルディ・クレモニーニ
「Room 104」

会期
2021年11月19日(金) ー 12月18日(土)
*日・水曜・祝日休廊
*本展では安心して作品をご覧いただけるよう、前半のみアポイント制とさせて頂きます。
2021年11月19 (土) – 12月3日(金)アポイント制
2021年12月4日(土) – 12月18日(土)予約なしでご覧いただけます

営業時間
11:00-17:00

会場
104GALERIE
東京都目黒区青葉台1-20-4 FORCEビルB1F

ページの先頭へ