Information

『上司と部下』写真展 開催のお知らせ

5
3月

テーマ:キャンパスで偶然に出会った上司と部下、それぞれの「私」探しのフォトストーリー。

作家紹介
 飛形久志(とびかた ひさし) 『私の中でうごめく光』
 交差点で信号待ちの私、通り過ぎる乗用車に太陽光が眩しく反射した。
 目に飛び込んだ光は、まぶたの裏で浮遊し、ぼんやりとした残像となった。
 その残像は、私の脳裏で増幅し鮮やかさを増し、緩やかに動き始めた。
 回転し、ねじれ、流れる三様はまさに私の気持ちそのもの。
 時にはしなやかに波打ち、ある時は激しく躍動する。

 寺西希実子(てらにし きみこ) 『ぶんだんする身体、つながる身体』
 一度完成されたものを壊してみる。
 壊すのには勇気がいるし、壊さなくてもいいかもしれない。
 でも、壊してみると、新しいカタチが生まれることを発見できるのだ。
 「壊す」対象となるのは、私の思い込みであり、習慣であり、考え方。
 粉々になった思考は、そこから立ち上がり、新しい展開を見せる。

概要
【期間および時間】
 2018年4月21日(土)〜26日(木)
 11:00〜19:00(最終日は17時まで)

【場所】
 ギャラリー・キャナル長堀
 大阪市中央区東心斎橋1-11-14
 TEL:06-6251-6198(携帯:090-1159-3770)

ページの先頭へ