Information

日本から世界へ、ブックアートの文化を発信する新たな拠点「OTAブックアート」 オープニング・レセプション開催!

13
4月

OTAブックアート内観

会場:OTAブックアート/品川区小山2-16-3(東急目黒線武蔵小山駅より徒歩7分)
日時:2018年4月13日(金)-15日(日) 13:00-18:00 ※入場無料


日本人初のブックアートにおける、ドイツの最高学位「マイスターシューラー号」を取得したブックアーティスト太田泰友が、2018年4月にアトリエをオープン。オープンを記念し、オープニング・レセプションを開催致します。期間中はオープン・アトリエとして、OTAブックアートのアトリエを公開し、アトリエ紹介や作品展示を行う他、初公開となる、太田泰友による新作「Rest In Peace, Tokyo」も発表。14日(土) 15 時からは、劇団「指輪ホテル」芸術監督・羊屋白玉氏( 劇作家、演出家、俳優)をゲストに招き、新作の贈呈式や太田とのトークセッションも開催する。
公式サイト:www.ota-bookarts.jp

「Die Forelle」( 日本語タイトル「鱒」) 太田泰友 2014年

■ OTAブックアートについて
ブックアーティスト・太田泰友の作品制作の拠点として誕生。作品制作だけでなく、ブックアートのための「活動・発信・実験の場」としてワークショップなども企画し、国内におけるブックアートの可能性も広げます。


●太田泰友略歴
1988年生まれ、山梨県出身。ブック・アーティスト。
2013年 首都大学東京大学院/システムデザイン研究科/博士前期課程修了
2015年 ブルグ・ギービヒェンシュタイン芸術大学/ブックアート科/研究課程修了
2017年 ブルグ・ギービヒェンシュタイン芸術大学/ブックアート科/マイスターシューラー号取得
●主な受賞歴
2014年 バイエルン美術工芸協力国際若手美術工芸品賞ファイナリスト(ドイツ)
2015年 ドイツ・ヤング・ブックデザイン奨励賞ショートリスト(ドイツ)
2016年 平成28年度ポーラ美術振興財団在外研修助成
2017年 Talente賞(ドイツ 国際手工芸フェア)

《OTAブックアート・オープン記念イベント》
会場:OTAブックアート/品川区小山2-16-3(東急目黒線武蔵小山駅より徒歩7分)
日時:2018年4月14日(土) 15:00-16:00 ※入場無料
太田泰友×羊屋白玉「Rest In Peace, Tokyo」
作品贈呈式&アーティスト・トーク

ドイツから日本へ活動拠点を移した、ブックアーティスト・太田泰友が「OTAブックアート」のアトリエで初めて制作した作品「Rest In Peace, Tokyo」を初公開!この作品は、アートプロジェクト「東京スープとブランケット紀行」(主催:アーツカウンシル東京)において、プロジェクトが始まる前に、ディレクターの羊屋白玉氏が考えていたことを戯曲として書き起こし、太田がブックアートとして昇華し、たった一つのアートピースとして仕上げたものです。イベントでは、完成した作品を太田から羊屋白玉氏に贈呈。それを用いた羊屋氏によるパフォーマンスも披露します。また、太田と羊屋氏によるアーティスト・トークも行い、作品の誕生秘話にも迫ります!

■ 羊屋白玉( ひつじや しろたま)
シアターカンパニー「指輪ホテル」芸術監督。演出家、劇作家、俳優。ニューヨーク同時多発テロのさなか、ニューヨークと東京をブロードバンドで繋いでの同時上演以降、北米、ヨーロッパ、南米などでのツアーが続く。国内では、札幌国際芸術祭や瀬戸内国際芸術祭など、都市や自然の中で、その土地の人たちと恊働しサイトスペシフィックな作品を発表している。アーツカウンシル東京主催によるアートプロジェクト「東京スープとブランケット紀行」では、人や物や街など、あらゆる現象の看取りや喪失、目に見えない境界などに関する、ネガティブなテーマを演劇を通して生成している。アジアと女性と舞台芸術の通奏低音を担うべく亜女会を設立。ニューズウイーク日本誌において「世界が認めた日本女性100人」の一人に選ばれ、表紙を飾った。

ページの先頭へ