Information

新人写真家の発掘・育成・支援を目的とした文化支援プロジェクト「写真新世紀」2018年度(第41回公募)の募集開始

1
5月

7名の審査員(昨年度の優秀賞選出審査会にて)

キヤノンは、新人写真家の発掘・育成・支援を目的とした文化支援プロジェクト「写真新世紀」の2018年度(第41回公募)の募集を4月18日(水)より開始します。本年も海外から審査員を招へいし、グローバルな写真コンテストを推進しています。

■ 「写真新世紀」2018年度(第41回公募)の実施概要
公募は4月18日(水)から6月6日(水)まで行い、7月に開催予定の「優秀賞選出審査会」において優秀賞7名(組)と佳作14名(組)を選出します。その後、11月に開催予定の「グランプリ選出公開審査会」において優秀賞受賞者の中からグランプリ1名(組)を選出します。
グランプリ受賞者には、奨励金100万円と副賞のキヤノン製品のほか、特典として次年度の受賞作品展における個展開催の権利などを授与します。また、優秀賞と佳作の受賞者には奨励金と本年度の受賞作品展への出展などの権利を授与し、受賞者の今後の創作活動を奨励します。

昨年度の優秀賞受賞者7組8名

<「写真新世紀」とは>
 「写真新世紀」は、写真表現の可能性に挑戦する新人写真家の発掘・育成・支援を目的とした文化支援プロジェクトで、1991年にスタートし、今年で28年目を迎えます。
2015年の創設25年を機に、オンラインによるデジタル作品(静止画・動画)の公募を開始しました。さらに本年度は、オランダの写真と映像の祭典Unseenのアーティスティック・ディレクターであるエミリア・ヴァン・リンデン氏やサンフランシスコ現代美術館(SFMoMA)の名誉キュレーターであるサンドラ・フィリップス氏など7名の審査員を迎え、現代アートシーンで活躍するような写真家・映像作家を発掘するグローバルな写真コンテストを推進しています。
キヤノンでは受賞作品展の開催や受賞作品集の制作、ホームページでの情報発信など、受賞者の育成・支援活動を総合的に行うことで、次世代の写真表現を切り開く新しい才能を発掘し、写真界に新風を吹き込む活動を展開しています。これまでの応募者総数は27,406名(組)に上り、国内外で活躍する優秀な写真家を多数輩出するなど、新人写真家の登竜門として認知されています。

写真新世紀ホームページ:global.canon/ja/newcosmos

ページの先頭へ