Information

7/4「ビジネスとデザインのあいだ」に迫るトークイベント ―“besign”talk meeting [ビザイン・トークミーティング] ―

4
7月

「ビジネスとデザインのあいだ」に迫るトークイベント
“besign”talk meeting[ビザイン・トークミーティング]を開催します。

“besign”talk meetingは、奇数月にはデザインを経営に取り入れている経営者・ビジネスオーナーを、偶数月にはビジネスに正面から向き合っているデザイナー・クリエイターをゲストにお招きし、クリエイティブディレクター/ブランドデザイナーである佐野彰彦(株式会社それからデザイン代表)が「ビジネスとデザインのあいだ」に切り込んでいくトークイベントです。

デザイン思考、デザイン経営、ブランディングなどに注目が集まっているものの、どのように着手すればいいのか、実際にどのようなことが期待できるのかなど、ビジネスとデザインの関係には、まだまだ大きな溝が存在しているのが現状です。

本イベントでは、具体的な事例を通して、経営者・デザイナー双方の立場から考える〈ビジネスへの活用が叫ばれているデザインとは何か〉〈ビジネスにデザインを取り入れたことでどんな変化が訪れるのか〉を学び合います。

-------------------------------------------------------------
■“besign”talk meeting 第1回■
東北発シューブランド「SOJI」─靴の卸会社がモノづくりに挑んだ理由

【イベント概要】
日程: 2018年7月4日(水)
時間: 19:00-21:00(開場18:30)/21:00-22:00(懇親会)
場所: TURN harajuku(明治神宮前駅駅徒歩1分/JR原宿駅徒歩3分)
参加費: 事前決済/1,500円 当日現金支払/2,000円

▼詳細・ご予約:
https://turn.tokyo/event/325/

-------------------------
第1回目テーマ:
東北発シューブランド「SOJI」─靴の卸会社がモノづくりに挑んだ理由
-------------------------
ゲスト:菅井 伸一氏(株式会社ヒロセ 代表取締役)
聞き手:佐野 彰彦 (株式会社それからデザイン代表/クリエイティブディレクター/ブランドデザイナー)

株式会社ヒロセは、宮城県仙台市に本社を置く靴卸業の大手。昭和20年創業と歴史があり、長年に渡る信頼の卸取引のもと、フットウェアの国内外の有名ブランドを全国の小売店へ流通させています。

また、「靴」にまつわる長年の知識と経験を活かし、靴リペア工房「Shoe LAB.」や、直営小売店「SHOES STOCK」を立ち上げる他、昨年、東北のクリエイターとコラボレーションし、オリジナルシューブランド「SOJI」を立ち上げ、デザインにこだわったモノづくりにも着手されています。

当日は、株式会社それからデザイン代表の佐野が、新たな挑戦を続ける菅井社長に「ビジネスとデザインの関わり」をテーマとした質問を投げかけ、「経営者から見るデザイン」について実感のこもったお話をしていただきます。


-------------------------
今回の視点
-------------------------
靴卸業の大手企業がなぜモノづくりに挑むのか?
東北のデザイナーやクリエーターとコラボレーションした理由は?
その結果、ビジネスはどのような状態に?
ビジネスや新規事業にデザインは必要?
今後、デザイナーに期待したいこととは?

-------------------------
こんな方におすすめです
-------------------------
・経営者、経営に近い立場の方
・営業、広報、経営企画、ブランディング等に携わる立場の方
・デザイナー、クリエイターの方
・デザインを学びたい、将来デザイナーになりたい方
・その他、ビジネスとデザインの関わりに興味がある方

▼詳細・ご予約:
https://turn.tokyo/event/325/

-------------------------------------------------------------

ページの先頭へ