Information

視覚、映像、工業、空間の各分野から、学びの集大成約200点! 東京工科大学デザイン学部「卒業制作展」

28
12月

2月1日(金)〜4日(月) 大田区蒲田「ギャラリー鴻」ほか
-----------------------------------------------------------
東京工科大学デザイン学部(東京都大田区、学部⻑ 池田政治)では、4年間の学びの集大成である「平成30年度 卒業制作展」を、2月1日(金)から4日(月)まで、蒲田キャンパス「ギャラリー鴻」などで開催いたします。(入場無料)
会場には、「工業デザイン」と「視覚デザイン」の各コースから、製品デザイン、インテリア、ラン ドスケープ、グラフィック、Web、映像、AR(拡張現実)などの卒業制作約200点を一堂に展示いたします。


■東京工科大学デザイン学部について
1947年に絵画科と洋裁科を擁する「創美学園」 を創立した片柳学園が2010年に設置。現在 「工業」「空間」「視覚」「映像」の4つの専攻 分野に約800人が在籍しています。デザイン専 門職のみならず、幅広い職種で重要性が高ま っているデザイン力を持った人材を育成する ため、造形の基礎から発想力、思考力を磨く「感性教育」(1・2年次)と理工系大学ならではの専門性を活かしたデジタル表現技術を習得する 「スキル教育」(3・4年次)を融合したカリキュラムを行っています。これらを通じ、「チーム 力」「集中力」「提案力」「実現力」「取材力」「発想力」を身につけることを目標としています。
2015年4月には、工業デザイン分野拡充のため3コースから現在の2コース4専攻に改編され、今回が初の卒業展となります 。

■ホームページ
https://www.teu.ac.jp/gakubu/design/sotsuten/

ページの先頭へ