Information

IKKO TANAKA×ISSEY MIYAKE POPUP STORE

20
3月

この度、3月21日(木)〜24日(日)の期間限定で、代官山 T-SITE GARDEN GALLERYにてオープン致します。モノトーンを基調とした「Continuous Symbol」シリーズの特別な世界観を表現、展開致します。

世界のデザイン史に大きな足跡を遺したグラフィックデザイナー、田中一光氏の作品をモチーフとした
4回目となるコレクションを発表します。
IKKO TANAKA ISSEY MIYAKEは、田中氏の仕事への尊敬の念、多くの刺激を与えられたことへの感謝の気持ちをきっかけに、2016年に始動しました。
現存するオリジナル作品の色彩を忠実に再現する一方で、作品を単に絵柄として扱うのではなく、着用して立体となることで田中作品の魅力が増幅する、いきいきとしたエネルギーをもつ衣服を目指しています。
今回のモチーフは、「連続する記号」、そして「円または、円の遊戯」の2つのシリーズから選びました。
それぞれの作品がもつ躍動感とユーモア、そして温かい印象を大切にし、シンプルでスポーティーなデザインをベースに作品そのものの細部まで吟味した多様な素材を用いています。
常に新しい価値の形成に挑戦し続けた田中氏の力強い作品を、衣服というかたちで表現することによって、デザインのあるべき姿や楽しさを多くの方に知ってほしい。
IKKO TANAKA ISSEY MIYAKEは、三宅一生のそんな変わらぬ思いから作られています。

■プロフィール
田中一光たなかいっこう
1930年、奈良市生まれ。京都市立美術専門学校(現・京都市立芸術大学)を卒業後、鐘淵紡績株式会社、産經新聞社大阪本社を経て57年に上京、株式会社ライトパブリシティに入社。60年、株式会社日本デザインセンター創立に参加し、63年より田中一光デザイン室を主宰。伝統芸能、琳派や浮世絵といった近世以前の日本の美意識を西洋のモダンデザインに取り込み、現代の表現として着地させた作品群は、唯一無二であると同時に日本のグラフィックデザインの金字塔となっている。2002年に急逝するまで世界を代表するグラフィックデザイナーとして常に第一線で活躍し、その仕事は今なお世界のデザインに影響を与え続けている。

《CONTINUOUS SYMBOLシリーズ》
me ISSEY MIYAKE / AOYAMA内GALLERY
ISSEY MIYAKE GINZA/ OMOTE
3月21日(木)–3月24日(日)
DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERY

《CIRCLEシリーズ》
4月4日(木)−
me ISSEY MIYAKE / AOYAMA内GALLERY
ISSEY MIYAKE GINZA / OMOTE
ISSEY MIYAKE KYOTO

《スペシャルサイト》
https://www.isseymiyake.com/ikkotanaka/

ページの先頭へ