Information

PLASTIC PAPER NEW YORK

25
3月

ニューヨークの日常に溢れるデザインに新たな視点を提案

私たちの身の周りにはさり気なく日常の生活で瞬時に認識できる物が多くあります。それら一つでは物足りないとしても、コレクションとして集めると、ニューヨークを象徴する風景の1つとなることもあります。 「Anthora (アンソラ)ギリシャ柄のコーヒーカップ」、メトロカード、工事中の壁グリーン合板に刻まれた『Post No Bills』のサイン。
あまりデザイン業界では注目されることが少ないですが、ニューヨークを象徴する風景として認識出来るはずです。これらのデザインはどこにも属しません、都市全体に長期間属し、そのイメージを築き上げ、日常的に認識されるものへと溶け込んでいったのです。
 
この本はそれらの物の1つ、多様なデザインを表現するキャンバスとなった使い捨てビニール袋についてです。デリバリーの電動自転車のハンドルバーからぶら下がっているのを見かけるでしょう。または葉のない木にもつれているかもしれません。自転車に乗る人の革製のサドルにまきつかれていたりもします。

スマイリーフェイス、重なったTHANK YOU、紫色の花そしてスクリプト体で描かれたThank You For Shopping Here。これらは、ミルトン ・ グレイサーが作ったI♡NYやマッシモ・ヴィネリがデザインしたの地下鉄マップと同じくらい、街を見渡すと私たちの視界に自然に入ってくるものです。

この本を通じ、ビニール袋にはニューヨークの都市のビジュアルデザインを定義づける役割を果たしてきましたが、未だ使い捨てビニール袋を使っていることが時代遅れであるというメッセージが届いてほしいと思っています。
これまでの日々の生活を担ってきたベテラン達が引退し、新しいマテリアルを生み出して行くことをサポートしたいと強く思うのです。

●NOTE ON PLASTIC

使い捨てのプラスチックは地球、そして私たちの街や海を窒息させています。
私たちは使い捨てプラスチック製品から解放される時を望んでいます。その理由から、この本か生まれる利益の100%全て PARLEY、そして彼らのParley Air の活動を支援するためにを寄付します。生産コストを抜いた文字通り全てです。
www.parley.tv

私たちは、一見このプロジェクト矛盾があることを認識しています。何故いま、ビニール袋を特集る本を作るのか。間違いなくこの本よりもプラスチックの方が長い間、海や埋め立て地にも消えることなく滞在します。私たちの意図は、プラスチックを敬うことではなく日々のデザインの歴史や作品を大切にすることです。

これらのバッグは便利で、その便利性が遍在性をもたらし、実用的なデザインを発揮するためのキャンバスとなりました。

私たちはこの本をビニール袋の卒業文集のように考えていて、日常のデザイン我々の地球にストレスをかけることなくを未来の資料として記録しこの本が無駄をなくすターニングポイントになるよう祈っています。

発売日:MARCH 14TH 2019
サイズ:220mm x 297mm
値段:$60 + Tax (利益は全てPARLEY foundationに寄付します)
個数:1000部限定
ページ;144 pages
表紙のプリント:Blind emboss and UV spot on colored yellow paper
中面のプリント:4C Offset on coated paper
URL:plasticpaper.co
STORE:ウェブサイト
発売イベント:3月14日 2019年 at Court Street Square
配送:アメリカ国内どこでも配送可能です

添付ファイル

ページの先頭へ