Information

タイポグラフィをめぐる書物の森 2019年9月2日|月|―10月11日|金|

16
9月

Association Typographique Inter nationale(国際タイポグラフィ協会)が主催する世界的なタイポグラフィのカンファレンス「ATypI(エータイプアイ)」。初の日本開催を記念し、「ATypI 2019 TOKYO」サテライト展示として、タイポグラフィと書物をテーマとした展示会を開催いたします。

「紙」と「文字・印刷・造本」をキーワードに、グラフィックデザイナー・工藤強勝氏が独自の視点で選定したタイポグラフィにまつわる国内外の書物を一堂に展示。ウィリアム・モリス主宰の印刷工房「ケルムスコット・プレス」による19世紀末の貴重書も展示いたします(特別協力:モリサワ)。
https://www.takeo.co.jp/exhibition/mihoncho/detail/20190902.html

●開催概要
2019年9月2日|月|―10月11日|金|
11:00–19:00
※土日祝 /休
アクセス
http://www.takeo.co.jp/finder/mihoncho/#honten



●主催
株式会社竹尾
 
●企画監修
工藤強勝(くどう・つよかつ)

1973年桑沢デザイン研究所修了。1976年デザイン実験室設立。雑誌・書籍のアート・ディレクションや展覧会のポスター・図録デザインを手がけるほか、グラフィック、タイポグラフィ、ブックデザインの評論を著す。1995〜2006年武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科講師を経て、2006〜13年首都大学東京システムデザイン学部・大学院研究科教授、〜14年客員教授。著書・監修書に『編集デザインの教科書〈第4版〉』『デザイン解体新書』『書物の時空』『文字組デザイン講座』など。1999年第7回桑沢賞、2010年第52回全国カタログ・ポスター展カタログ部門〈金賞〉、2011年第45回造本装幀コンクール「ユネスコ・アジアセンター賞」、2017年度(第48回)「講談社出版文化賞 ブックデザイン賞」受賞ほか。桑沢賞審査員、『東京2020大会エンブレム』デザインチェック審査員など。
 
●特別協力
株式会社モリサワ
https://www.morisawa.co.jp
 
●関連リンク
「ATypI 2019 TOKYO」概要はこちら
https://www.atypi.org/conferences/tokyo-2019
(ATypIウェブサイト)

●ギャラリートーク
2019年9月25日|水|18:00-18:45  ※ご予約不要
グラフィックデザイナー・工藤強勝氏に、展示のみどころをお話いただきます。
ご来場いただいた方には、モリサワ「人間と文字」シリーズのポストカードや、
広報誌『たて組ヨコ組』55号(数に限りあり)をプレゼントいたします。

ページの先頭へ