Information

PUBLICIS WALL GALLERY 02 「ひろがれ、わたしのロンド」 featuring 高倉大輔 2019.11.01(FRI)-11.29(FRI)

11
11月

「PUBLICIS WALL GALLERY」第2回は、写真家・高倉大輔による作品展示とワークショップを開催いたします。
高倉大輔は立教大学を卒業後、演劇活動と並行してグラフィックデザインに携わり、
現在は物語を通じて演劇的な手法を用いた写真作品を国内外で発表する注目のアーティストです。
彼の写真の中で交差するひとりの人間の様々な表情や時間軸は、観賞者の写真に対する固定観念を覆します。
今回は近作「loop pieta」、代表作「monodramatic」より撮り下ろしの新作数点を展示。
ワークショップでは、参加者一人ひとりと高倉大輔が対話をしながら、参加者に「monodramatic」の世界を体験していただく「写真家とつくるオリジナルポートレイトセッション」も開催いたします。
作品は高倉自身がその場で仕上げ、データとしてお持ち帰りいただけるうえ、自由にご使用いただけます。
SNSプロフィール写真として使うも、印刷してご自宅に飾るもよし。
一枚の写真の中に参加者ご自身が複数存在するという、
高倉の作品世界に直接触れることができるこの貴重な機会をぜひご体験ください。
皆さまのお越しをお待ちしております。

●作品展示
2019.11.1(金)-11.29(金) 10:00-17:30 ※入場無料・予約不要 (※土日祝休み)
[会場] beacon communications 12F 総合受付横スペース
   (東京都品川区上大崎3-1-1 JR東急目黒ビル 12F)

●ワークショップ
「写真家とつくるオリジナルポートレイトセッション」
2019.11.22(金)19:00-21:00 ※参加費無料・要予約
先着10名限定(専用フォームより必要事項を記載の上お申込ください。)
https://docs.google.com/forms/d/12eerM-Gd5bXDjSbCzt_PH7dYXAjQUK88E-Rws9KqH54/edit
[会場] beacon communications 14F NEW BUSINESS WORKSHOP

●アーティストプロフィール
高倉大輔(たかくら だいすけ)
東京在住。TEZUKAYAMA GALLERY 所属。2002年立教大学法学部卒。演劇活動と並行してグラフィックデザインに携わり、2010年ごろから写真を使った作品作りを始める。 物語を通じて演劇的な手法を用いた写真作品を制作する。
www.casane.jp


●PUBLICIS WALL GALLERY
beacon communications、MSL JAPAN、Saatchi & Saatchi TOKYOをはじめとするPUBLICIS GRUOPE JAPANの総合受付にあたる東急目黒ビル 12Fの一角を展示スペースとしたギャラリーです。
PWGは「1MONTH, 1ARTIST, 1EXHIBITION, 1WORKSHOP」をコンセプトとして、1ヶ月間に1人もしくは1組のアーティストによる展示と、期間中、同アーティストによる関連したワークショップを1度開催する、作品への多角的な視点を与えるクリエイティブスペースです。

東京都品川区上大崎3-1-1 JR 東急目黒ビル12F
営業時間:10:00-17:30 ※6月〜9月の金曜日は15:00 close
定休日:土・日・祝祭日
お問い合わせ:yuichiro.ito@beaconcom.co.jp
https://www.pinterest.jp/publiciswallgallery/

https://www.beaconcom.jp/
https://www.facebook.com/beaconcom/
https://www.instagram.com/publicisjapan/?hl=ja

ページの先頭へ