Information

104GALERIE『Kawaeye: Beyôn by Tetsuya Nagato』永戸 鉄也

16
1月

– 永戸鉄也が中国の贋作村とコラボレーション!? –
Kawaeye: Beyôn by Tetsuya Nagato

104GALERIE(東京・池尻大橋)は、2020年1月25日(土)から3月15日(日)の会期で、永戸 鉄也個展「Kawaeye」を開催致します。今回の展示は、104GALERIEがプロデュースする新スペース、Warszawa(ワルシャワ)での企画展第一弾。104GALERIEと併せ、2会場で約30点の油絵作品を展覧致します。

2016年に104GALERIEで発表した「Paper Show」から3年、アートディレクターとして活動を広げる永戸 鉄也が発見したのは「カワイイ」の未来、「Kawaeye(カワアイ)」。見たことがないような顔をしながらも気づけばすぐそばにいるkawaeyeたちです。
「これまでたくさんのデジタルコラージュを作って来たが、今までで一番手数の少ない作品が完成した」と永戸が語る、眼が下にビヨーンと伸びた顔のイメージ。その画像データを、油彩の肖像画というかたちにしたのは、中国、大芬村のDafen Oil Painting Village – 世界のありとあらゆる油絵の「贋作」を製造する職人たちの村です。贋作職人たちに発注した約30点の永戸の「オリジナル作品」は、一見シンプルなコラージュの絵なのに、そこには異質でリアルで、そしてなぜかたまらなく可笑しい「ズレ」が生まれています。そのズレとはいったい何で、私たちのどこから生まれてくるのか?ぜひ実際の油絵をご覧になって、この奇妙でカワイイ「Kawaeye」の深淵に立ってみてください。

1月24日(金)には、アーティストと共にオープニングレセプションにて作品をご紹介致します。ぜひお誘い合わせの上、足をお運びいただけますと幸いです。また今回の展示に合わせ、Warszawaが隣接する104GALERIE-Rで、2020年1月24日(金)のオープニングレセプション、そして1月29日(水)、30日(木)に永戸鉄也がディレクションするブランド「SURROUND」の展示会も開催いたします。絵画展と合わせてお楽しみください。

【アーティスト プロフィール】
永戸鉄也
アートディレクター
1970年東京生まれ。
広告、パッケージデザイン、ミュージックビデオ、ドキュメンタリー映像、展覧会キュレーション等。音楽、ファッション、アート、の領域でディレクションを行う。



●OUTLINE
展示名:Kawaeye: Beyôn by Tetsuya Nagato

会期:
2020年1月25日(土)〜3月15日(日)火曜〜土曜
SURROUND展示@104GALERIE-R
1月29日(水)、30日(木) 開催

休廊日:
日曜、月曜
(1月26日、3月15日を除く)

オープニングレセプション:
オープニングレセプション:2020年1月24日(金)18:00〜
SURROUND展示@104GALERIE-R 同時開催

営業時間:
11:00 – 18:00 (17:30最終入場)

会場:
Warszawa(東京都目黒区大橋1-6-4 2F)
104GALERIE(東京都目黒区青葉台3-22-1)

お問い合わせ先:
104GALERIE
03-6303-0956
info@104galerie.com

More Info:
Instagram @104galerie

ページの先頭へ