Information

東京ミッドタウン・デザインハブ第91回企画展 東日本大震災とグッドデザイン賞 復興と新しい生活のためのデザイン展 2011年以降の東北6県、茨城県からの受賞デザイン全522件を紹介

24
5月

東京ミッドタウン・デザインハブ(東京都港区/構成機関:公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会、多摩美術大学 TUB)は、東京ミッドタウン・デザインハブ第91回企画展「東日本大震災とグッドデザイン賞 復興と新しい生活のためのデザイン展」を5月18日(火)から7月5日(月)まで開催します。

2011年の東日本大震災の発災以降、日本デザイン振興会ではグッドデザイン賞等を通して、さまざまなかたちで展開されてきた復興のためのデザインへの支援を行なってきました。
本展では、2011年度から2020年度の10年にわたり、東北6県および茨城県からグッドデザイン賞を受賞した522件のデザインをグラフィックで紹介するとともに、そのうちグッドデザイン・ベスト100以上を受賞したデザイン(および関連するデザイン)を前期・後期に分けて詳しくご紹介します。

また、この間に受賞した、防災や復興を支える重要なデザインもピックアップし、2011年以降、災害という課題にデザインがどう応えようとしてきたかということの一端をグッドデザイン賞を通して展示します。

5月18日(火)〜7月5日(月)11:00-19:00 *6月9日〜11日は展示入れ替えのため休館
前期展示:5月18日(火)〜6月8日(火)
後期展示:6月12日(土)〜7月5日(月)

会場:東京ミッドタウン・デザインハブ (東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F)

主催・企画・運営:東京ミッドタウン・デザインハブ(構成機関:公益財団法人日本デザイン振興会、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会、多摩美術大学 TUB)

公式サイト:https://designhub.jp/exhibitions/6727/

※新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、開催内容、開館時間等が変更になる可能性があります。 最新情報はホームページにてご確認ください。

ページの先頭へ