Information

安西水丸ポスター展 7月3日(土)〜18日(日)

20
6月

イラストレーターとして、書籍の装丁・装画や広告ポスターなどを手がける一方、漫画や絵本の制作、小説・エッセイの執筆など、多彩な創作活動を展開した安西水丸(1942〜2014)。 現在、世田谷文学館で開催中の「イラストレーター 安西水丸展」と連動して、1970年代から2010年代にかけて制作したポスター約25点を展示紹介します。
URL: https://www.setagaya-ldc.net/program/517/

【Outline】
会期:2021年7月3日(土)〜18日(日) 10:00〜18:00 月曜休み
会場:生活工房(三軒茶屋キャロットタワー3階)
154-0004 東京都世田谷区太子堂4-1-1
TEL 03-5432-1543 www.setagaya-ldc.net
料金:入場無料
交通案内:東急田園都市線・世田谷線「三軒茶屋駅」直結
東急・小田急バス「三軒茶屋」停留所そば
主催:公益財団法人せたがや文化財団 生活工房、世田谷文学館
企画協力:安西水丸事務所、クレヴィス
後援:世田谷区、世田谷区教育委員会

【Profile】
安西 水丸 あんざい みずまる
東京生まれ。本名・渡辺昇。イラストレーター。日本大学芸術学部美術学科造形コース卒業。電通、ADAC(ニューヨークのデザインスタジオ)、平凡社でアートディレクターを務めた後、フリーのイラストレーターに。広告、雑誌の表紙や挿絵、書籍の装画ほかで活躍のかたわら、小説、エッセイ、漫画、絵本などの自著も多く手掛け、今なお高い人気を博している。朝日広告賞、毎日広告賞、1987年日本グラフィック展年間作家優秀賞、1988年キネマ旬報読者賞など受賞多数。

【Topics】
◎7月、都内4か所で安西水丸展を開催
本展会期中は世田谷区内の2か所(世田谷文学館と生活工房)で安西水丸展が開催されます。さらに南青山のギャラリー「スペースユイ」と表参道の「ギャラリー山陽堂」でも、展覧会を開催予定。都内数か所で安西水丸展が同時開催されるこの機会をお見逃しなく。

◎関連グッズも販売
特設コーナーを設け、「イラストレーター 安西水丸展」のオリジナルグッズを販売します。通常は展覧会の会場でしか買えないグッズを、特別にお買い求めいただけます。

■同時開催
イラストレーター 安西水丸展
※会期等が変更となる場合があります。最新情報は世田谷文学館ウェブサイトをご覧ください
会期 2021年4月24日(土)〜9月20日(月・祝)
会場 世田谷文学館
157-0062 東京都世田谷区南烏山1-10-10
(京王線「芦花公園駅」南口より徒歩5分)
TEL: 03-5374-9111 https://www.setabun.or.jp/
開館時間 10:00〜18:00
(展覧会入場、ミュージアムショップは17:30まで)
休館日 毎週月曜(ただし8月9日は開館し、翌10日休館)
観覧料 一般 900(720)円
65歳以上・高校・大学生 600(480)円
小・中学生 300(240)円
障害者手帖をお持ちの方 400(320)円
※( )内は20名以上の団体料金

<ご注意>
※展覧会の会期等が、急遽変更や中止となる場合がございます。お出かけの前に、最新情報を生活工房ホームページでご確認ください。

ページの先頭へ