Information

1,000点を学習したAIが生み出す複雑で緻密な壁紙 ピクシーダストテクノロジーズとの共創プロジェクトから誕生

27
7月

インテリア内装材·壁紙ブランド「WhO(フー)」(野原ホールディングス株式会社 本社:東京都新宿区 代表取締役社長:野原弘輔、以下 WhO)は、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、CEO:落合陽一、以下 PxDT)と共同で、AIがデザインする壁紙を販売開始しました。

PxDTの保有するデザイン生成技術「DeepWear™」を用いて、WhOの既存品番1,000点を深層学習(AI)。そこから100点を自動生成しました。その中から、PATTERNSシリーズの節目となる100品番目として1点が選ばれました。

トレンドに則してデザインすることが一般的なインテリア業界において、先端テクノロジーを活用した新しいデザインとなります。
https://whohw.jp/

【商品概要】
・商品名/ NO.100
・品番/ P100 A - J
・カラーバリエーション/ 10色
・価格(税込み)/ ¥3,960 / m

「DeepWear™」に読み込ませたデザインには一般的な壁紙同様、同じパターンが繰り返されるリピート柄が多いため、自動生成された今回リリースの柄も一見リピート柄のように見えるが、詳細に見ると揺らぎや線の太さの強弱など、細かい単位で非常にランダムな描写が見られました。
既存のデザインに似てしまうものもある中、こちらは学習した個々の特徴が複雑に組み合わされ、人の手ではなかなか再現しづらい、AIらしいデザインとなりました。


【今回の取り組みについて】
「壁紙とは家屋の人工的な構造に自然のような風景をもたらすものだと思います。
DeepWearは元々大学のデジタルネイチャー研で研究していたものですが,計算機と調和する新しい自然の風景が皆さんの生活の一部になることをうれしく思っています。」
ピクシーダストテクノロジーズ株式会社 代表取締役 落合陽一


【購入方法】
ご購入はこちらより、サンプル請求を経てお買い求めいただけます
https://whohw.jp/

ページの先頭へ