デザインノートNo.75

特集:「実践!ブランディングデザインの成功法」

定価(本体+税):1,728円
ISBN:978-4416517536
2017年9月26日発売

購入はこちら

この号の詳細を見る▼

《誤りと訂正のお知らせ》
掲載内容に一部誤りがありました。謹んで訂正いたしますとともに、関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
●9ページ 
誤:小林 豊「資生堂」宣伝・メディア部

正:小林 豊「資生堂」宣伝・デザイン部
ーーーーーーーーーーーーー

特集:実践!ブランディングデザインの成功法

『ブランディング』という言葉が日本に定着したのは1990年代後半から2000年頃と言われている。
それは、現代の日本経済に起きている構造的変化も含めて必要性が生まれたからだ。

企業を取り巻く環境はインターネットの登場により激変した。
大企業であろうと個人であろうとグローバルに情報が発信できて、あらゆる情報はフラット化してしまう。
企業は生き残りを賭けた事業再生のため、あらゆる手法を用いて試行錯誤を行わなければならない時代になった。
『ブランディング』は「企業価値」を高める戦略概念のひとつだが、この「価値」はバランスシートには決して現れない無形のモノだ。
だからこそ、消費者の頭の中に生まれるブランドイメージという「無形の価値」の構築に現代のデザイナーが必要なのだ。

今回の特集では、ブランディングデザインにスポットを当て、
理念や理論をはじめ書体やCIまでの注目すべき『ブランディング』の考え方を特集することで、
成功するブランディングデザインの手法を検証していく。


永井一史
小林 豊
ランドーアソシエイツ
進む原田
小林 章
カイシトモヤ
内田喜基
吉武広樹(フレンチシェフ)
×佐藤可士和
「Designers File」
下浜臨太郎×田所貴司
and more…

閉じる▲

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

日時:10月24日(火)〜11月21日(火)
会場:光村グラフィック・ギャラリー(MGG)

●トーク&オープニングパーティー
日時:10月24日(火)17:30-19:30

問合せ:052-414-6820(中部クリエーターズクラブ東京展実行委員会委員長 喜多)

続きを読む

フィンランドを代表するテキスタイルデザイナー、ヨハンナ・グリクセンの代名詞ともいえる幾何学模様のテキスタイル、ノルマンディ コレクションが本年、生誕 20 周年を迎えました。この節目は、本コレクションを一緒につくりあげてきたクラフトマンとファンへの 感謝の気持ちを表現出来る機会でもあると捉えています。この秋、日本のファンの皆さまへも感謝の気持ちをお伝えするべく 10 月 28 日(土)〜 11 月 5 日(日)の期間 haus&terrasse(渋谷)case gallery(元代々木)暮らしのかたち(西新宿)の3会場において展示及び販売イベント開催致します。本国のフラッグシップショップをさながらに、JOHANNA GULLICHSEN Pop-Up Store が登場する他、ヨハンナ自身がプロデュースするリビング空間、デザインとものづくりの背景を紹介するインスタレー ション、トークイベントやワークショップなど「ヨハンナ・グリクセンのある暮らし」をご体感いただける機会です。また本会期にあ わせて、生誕20周年を記念して制作された新作テキスタイル "Oceanide"(オセアニード)も発表致します。 東京がデザインのイベントで盛り上がる季節、街歩きを楽しみながら3会場にてノルマンディ・コレクションの世界観をお楽しみ下さい。

続きを読む

武蔵野美術大学は、東京ミッドタウン内デザインハブにて、東京ミッドタウン・デザインハブ第70回企画展「ハブとマングース」を開催します。

多様化が進む現代社会における、理想のクリエイティブスタイルとは何か。本展では、グラフィックデザイン、映像、音楽、エンジニアリング、アート、ファッションなど、幅広い分野で活躍するクリエイティブチーム「TYMOTE(ティモテ)」のクリエイションを中心に、個を超えたチームが持つ可能性を提示します。デザインハブに着想を得たタイトルは、思いつきのアイデアから、デザインやアートを介在させながら混沌を生み、創造力へと昇華させる彼らのチームスタイルを象徴するものです。

コラボレーションでのクリエイティブプロセスを紐解く本展が、今後を担うクリエイターの新しい働き方や社会との関わり方、プラットフォームを思考する一助となることを期待します。

続きを読む

スペインのマヨルカを拠点に活動する中国系カタルーニャ人アーティスト、リカルド・チアンの日本初個展「郷愁」が10月10日から25日まで東京・千代田区のセルバンテス文化センター東京で開催されます。

1966年バルセロナでスペイン人と中国人の両親の間に生まれたリカルド・チアンは、自身のルーツを反映するかのような西洋画の高いスキルと中国画の古典的要素が混ざり合った独特の作風で、スペインのアート界で高く評価されています。昨年、一足先に中国・北京で開催された同個展の成功を受け、今回日本での初個展開催が実現しました。

本展は、ルーヴル美術館やソフィア王妃芸術センターなどでも展覧会を手がけた経験を持つ、スサナ・サンツがキュレーションを担当、「郷愁(ノスタルジー)」というテーマのもと、チアンの最新作を中心に構成されています。

単色の色使いにも見られるアートの原点への回帰、シンプルさを追求したチアンの作品には、蜘蛛の巣や昆虫、花などの私たちの身近にある自然の断片が用いられています。「美しいこの瞬間をとどめたい」というアーティストの郷愁(ノスタルジー)がつまった作品をぜひお楽しみください。

続きを読む

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、『映像制作の仕事展 vol.2 −Modellers Behind The Scenes−』と題した展示イベントを開催いたします。 映像制作には、たくさんの仕事がかかわっています。本展示では、「特殊メイクアップアーティスト」「特殊造型師」「モデラー」などの仕事にフォーカスし、ふだん表には出てこない制作の裏側をご紹介します。

また、アナログを主に使用するアーティスト、デジタルでの制作を主とするアーティスト両方の作品と技術をご覧いただけます。

■アーティストによるセミナーも連日実施いたします
詳細は、特設サイトにて。在廊予定、物販など、随時アップデートします。
URL:https://cgworld.jp/special/modellers/

続きを読む

10月中旬に開催する「DESIGNART 2017」で、新ショールームのオープニングイベントを行います。
"TIERS"は段状、層という意味の言葉であり、外部から内部へつながる大階段、途中階のテラス、パターンを用いたワイヤーのファサードにより、緩やかに街と連続する空間をつくりだします。
オープンにあわせて、アーティスト・野老朝雄、ファッションデザイナー・A.A.O 今北仁、アーティスト・四方謙一、及びExperimental Creations主催の若手デザイナーによる展示を行います。
新ショールームの建築空間と多彩な展示を是非ご覧ください。

東京都渋谷区神宮前5-7-12
荒川技研工業の新ショールーム”TIERS”
http://www.arakawagrip.co.jp/showroom2017/

DESIGNART 2017
http://designart.jp/index_jp.html


2017.10.16 [Mon] - 10.22 [Sun] 12:00 - 20:00
Opening Reception and Talk Show 10.16 [Mon] 18:00 - 20:00
Closing Reception 10.22 [Sun] 18:00 - 20:00

設計:田邊曜建築設計事務所
ファサードアートワーク : 野老朝雄
照明;岡安泉

続きを読む

アートエリアB1では、鉄道芸術祭vol.7「STATION TO STATION」開催に伴い、展覧会の運営をサポートしていただけるボランティアスタッフを募集します。展覧会やイベントの運営、現代美術、グラフィックデザイン、雑誌等に興味のある方、大歓迎です!
そこで、下記オープンミーテイングの中で、サポートスタッフ説明会を開催いたします。どうぞお気軽にご参加ください。

ラボカフェスペシャルfeaturing鉄道芸術祭
「『STATION TO STATION』オープンミーティング」
日時:10月6日(金)19:00-21:00
定員:30名程度(当日先着順、入退場自由)
カフェマスター(進行):木ノ下智恵子、久保田テツ、塚原悠也(アートエリアB1運営委員)

■︎鉄道芸術祭vol.7 「STATION TO STATION」開催概要
http://artarea-b1.jp/archive/2017/08191164.php

続きを読む

掲載内容に一部誤りがありました。謹んで訂正いたしますとともに、関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

●9ページ 
誤:小林 豊「資生堂」宣伝・メディア部

正:小林 豊「資生堂」宣伝・デザイン部

続きを読む

過去のインフォメーションを見る

  • 佐藤可士和さんへ、読者からの質問
  • デザインノート読者プレゼント
  • 東京デザイン製品展
  • クリエイターズ・バリューはデザインノート、イラストノートの誌面、+専用Webサイトを使って自己プロモーションができる誠文堂新光社のプロジェクトです。
  • デザインノート編集部 求人情報
  • 2D、3DCG、イラストレーションの制作 デジタル・ピクチャーズ
  • クリエイティブシーズアワード(Creative Seeds Award)作品募集
  • クリエイティブシーズアワード(Creative Seeds Award)特別座談会
  • デザインノートバックナンバー
  • デザインノート定期購読
  • 広告のお問合せ
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • イラストノート
  • ベーシックインパクト

デザインノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:株式会社インパクト・コミュニケーションズ

ページの先頭へ