デザインノートNo.72

特集:「写真のデザイン」

定価(本体+税):1,728円
ISBN:978-4416517505
2017年3月24日発売

購入はこちら

この号の詳細を見る▼

《誤りと訂正のお知らせ》
掲載内容に一部誤りがありました。謹んで訂正いたしますとともに、関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
●93ページ 
KIRIN 商品キャプション
誤:KIRIN「一番絞り 若葉香るホップ」2017年

正:KIRIN「一番搾り 若葉香るホップ」2017年

特集:「写真のデザイン」

写真はグラフィックデザインに欠かせない要素である。たとえばデザイン初心者のスキルをあげるために「一眼レフカメラを持って、写真を撮っておいで」と薦める。

写真の中には、平面構成にはじまり、色彩、トーン、ディテール、トリミングなど、デザイナーとして考えなければいけないポイントがギッシリ詰まっているからだ。デジタルカメラが主流になった現代だからこそ、あらためて「写真」を学び直すことが必要だと思う。

今回の特集はトップを走る写真家やアートディレクターへの取材を通して彼らの言葉から、現代のデザインに必要なキーワードを抽出することを試みる。積年の経験と、しっかりと裏付けられた技術力を目の当たりにすることで「写真」に対する認識を新たにできるだろう。この特集から自分のデザインをスキルアップするためのアイデアやヒントを獲得してほしい。

閉じる▲

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

銀座本店に期間限定で「familiar ZOO」開園!ライオン・ゾウ・ウサギ・マントヒヒ・ひつじ・・・銀座本店CUBiEに67柄の動物モチーフのバッグが大集合!ファミリア創立67周年にちなみ、テキスタイルデザイナー鈴木マサル氏が動物67柄の世界にひとつの「familiar ZOO bag」をデザインします。鈴木氏が描く不思議なフォルムの動物達。「これはなんの動物かな?」「大好きなうさぎはどこだろう?」と楽しい会話がうまれる空間です。芝生、岩、池、等々のゾーンに分かれて一同に展示します。

2017年5月10日(水)〜2017年7月10日(月)
11時〜19時30分※最終日は18:00閉場

続きを読む

Marimekko pop up shop
We love Japan - The Isetan edition

マリメッコは、独創的な柄と色使いによって世界的に広く知られる、フィンランドのデザインハウスです。日本のマリメッコショップはもちろんのこと、フィンランド・ヘルシンキにある本店にも日本の方たちが数多く訪れてくださるなど、私たちはいつもたくさんの日本のファンの方の存在を感じています。

マリメッコの原点は柄です。その柄に、豊かな日本の色を纏わせてみたい、まずはそんな思いが生まれました。さらに、伝統に裏付けされた素晴らしい技を持つ日本の職人さんたちと一緒にものづくりができたら、一体どんなことが起こるだろう!と、さらに一つ奥の創造の扉をわくわくしながら開けてみました。

日本の伝統色で特別にカラーリングしたマリメッコのファッションアイテムやホームコレクション。そして日本の職人たちの手による丁寧なものづくりとコラボレーションすることで誕生したアイテムたち。フィンランドと日本の出会いから生まれた、暮らしを喜びでいっぱいにするコレクションを、伊勢丹新宿店本館1Fザ・ステージで、6月7日(水)より1週間限定で販売致します。

続きを読む

近年、大手企業のみならず、中小企業や小規模事業者も「ブランディング」と「ウェブ」の重要性を認識する経営者が増え、ウェブブランディングに注目が集まっています。
ブランディングとウェブの最前線で今何が起こっているのか?に最新事例〈TOKYO WINE PARTY〉とともに迫る〈ウェブブランディング特別講座〉が開催されます。

自社のブランドをつくりたい方、他社との違いを明確化したい方、 お客様ではなくファンをつくりたい方など、 ブランディングのきっかけを掴むことができる講座です。

続きを読む

琴平町は 2017 年 5 月 15 日より、短編 Web 映画『Timeless KOTOHIRA(タイムレス・コトヒラ)』を公開します。
『Timeless KOTOHIRA』は訪日外国人向けの観光プロモーションです。
ターゲット国である中国、韓国、台湾の俳優を起用し、琴平町を舞台に、「食」「観光」「景色」という3つの切り口で3つのストーリーを展開する新しいカタチの訪日プロモーションです。

続きを読む

影山紗和子は、1日の物語を40mの絵巻物に表現したイラストレーション「地獄ちっく」で、第15回グラフィック「1_WALL」のグランプリを受賞しました。審査員からは、「メディアの枠にとらわれない新たな可能性を持つ」「新鮮で明快でありながら単純ではなく深い作品」と高く評価されました。

影山は、女の子、動物、食べ物、部屋の中などをカラフルな色でポップに描いています。ヴィヴィッドな色をユニークに組み合わせて、紙に一コマずつ静止画を連続して描き、動的、時間的感覚を紙面上に取り込み、まるで映像のようにイラストレーションを展開させます。そこでつくりあげられた空想の世界は、空間的な広がりを持ち、楽しく、のびやかに表現されていますが、よく見るとグロテスクな要素も含まれ、重層的なストーリーも読み取れます。

本展では、グランプリ受賞後に描いた新作を含めて、ギャラリー空間全体で展開する作品を展示します。

続きを読む

メールやLINE、facebookといったサービスでは送信できない、動画などの大容量ファイルをブラウザだけで簡単・スムーズに受け渡しできます。

容量の大きい動画を友人に送りたい時や、自分のスマートフォンからパソコンにファイルを送りたい時などに便利です。

ファイルをサーバーに保存することなく、暗号化しながら可能な限りP2Pでするのため、情報漏洩する危険性を減らすことができます。
※通信環境によりP2Pでの通信が不可能な場合には、弊社サーバーを経由させての通信となります。その場合、暗号化したデータを中継するのみで、保存等一切行いません。

ファイルの受け取りは、専用のURLにアクセスするだけです。ブラウザさえあればいつでも どこでも簡単に使えるファイル転送サービスです。

続きを読む

自分だけの一点ものが見つかる、毎年盛況の「ハンドメイドインジャパンフェス2017」が5周年を迎えて今年もやってきました。 
テーマは「Crazy for Creation -つくることへの没頭-」。
インテリアやファッション、メンズグッズまで一点ものが多く揃い、
おしゃれ感度の高い人も満足できること間違いなしのイベントとなっております。 
あなたもぜひ、HMJで大切なものを見つけてみませんか?

日にち:2017年7月22日(土)・23日(日)
時 間:11:00〜19:00
会 場:東京ビックサイト 西1・3・4・屋上展示場

公式Webサイト:https://hmj-fes.jp

続きを読む

<クリエイティブナイト第19回> 
「富士山グラス」「THE」を手掛ける、今注目のデザイナー!
プロダクトデザイナー 鈴木啓太氏トークセミナー「未来へつなげるデザイン」
(5月25日(木)19:00スタート at エイトブランディングデザイン)

「ブランディングデザインで日本を元気にする」をコンセプトに活動する株式会社エイトブランディングデザインは、「富士山グラス」や「THE」などプロダクトデザインを中心に日用品や工業製品、 アートに至るまで国内外で様々なデザインを手掛けているプロダクトデザイナー 鈴木啓太氏をお招きし、トークセミナーを開催いたします。

『日本のお土産』をテーマに東京ミッドタウンが主催したデザインコンペで審査員特別賞を受賞した富士山グラスは、ご自身の思考の幅を広げる大きな契機となった鈴木氏の代表作です。
使う度に旅先の思い出が蘇るようデザインされた日用品・富士山グラスのように、鈴木氏は、社会や生活の中で「機能するプロダクト」を未来を見据えながらデザインします。
デザインを通じて、先人から受け継いだものを現代に最適化させ、未来につなげていくこと=「モノの歴史を一歩進める」ことが今のご自身のやるべきことだという鈴木氏。
クリエイティブナイトでは、デザイナーになりたいと夢を持った中学時代からインハウス時代、現在まで鈴木氏のデザイン観の裏側や今後に迫ります。どうぞお楽しみに!

続きを読む

過去のインフォメーションを見る

  • クリエイティブディレクター佐藤可士和さんへの質問、大募集!
  • デザインノート読者プレゼント
  • クリエイターズ・バリューはデザインノート、イラストノートの誌面、+専用Webサイトを使って自己プロモーションができる誠文堂新光社のプロジェクトです。
  • デザインノート編集部 求人情報
  • 2D、3DCG、イラストレーションの制作 デジタル・ピクチャーズ
  • クリエイティブシーズアワード(Creative Seeds Award)作品募集
  • クリエイティブシーズアワード(Creative Seeds Award)特別座談会
  • デザインノートバックナンバー
  • デザインノート定期購読
  • 広告のお問合せ
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • イラストノート
  • ベーシックインパクト

デザインノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:株式会社インパクト・コミュニケーションズ

ページの先頭へ