Information

あみきをほどく 家庭用編み機の展覧会 2023年10月31日(火)〜2024年01月21日(日)

22
10月

〽母さんは 夜なべをして 手袋編んでくれた

──『かあさんの歌』(作詞・作曲:窪田聡)。1956年7月10日発行の『うたごえ新聞』で発表

完成までに多くの時間がかかる手編みは、手芸のなかでもとくに人の想いがこもるモノとして語られてきました。母親が夜なべした手袋は、その典型です。これに対して、戦後に普及した「家庭用編み機」(家庭機)は、誰でも早く簡単に、きれいに編めることが目指されたプロダクトです。

家庭機は、1950年代後半から60年代にかけて流行しました。最盛期には年間100万台が生産されており、花嫁道具としても売り出されています。ミシンと並ぶ定番の家庭用品であり、またニット製品を量産するための仕事道具でもありました。しかし既製服が一般化すると、編み物は「作るもの」から「買うもの」へ、「家事」から「趣味」へとシフトしていきます。やがて家庭機は、徐々にその姿を消していきました。

本展では、各時代の家庭機や編み物、雑誌等の資料を糸口に、この家庭用品を中心に編成された「暮らし」と「編むこと」の関わりを辿ります。あわせて現在も家庭機を使用するニッターの作品も紹介。1923年に萩原まさが考案してはや100年、長らく忘れられてきた家庭用編み機の可能性を再考します。
https://www.setagaya-ldc.net/program/580/

【開催概要】
生誕100年!家庭用編み機の歩みを様々な視点から紹介する展覧会

出品作家:編み物☆堀ノ内/近あづき/丹治基浩/宮田明日鹿/LOVE it ONCE MORE

会期:
2023年10月31日(火)〜2024年01月21日(日)

時間:
9:00〜21:00 祝日をのぞく月曜休み ※11月5日(日)は設備点検、12月29日(金)〜1月3日(水)は年末年始のため休室

会場:
生活工房ギャラリー(3F)


■関連イベント

◯ウィークエンド・ニッティング

11月と1月の3日間、家庭機と編み物に触れるイベントを連日開催。会場では毛糸や手編みキットなども販売します。 詳細は各イベント欄をご覧ください。

日程|11月17日(金)〜19日(日)、2024年1月19日(金)〜21日(日)
会場|生活工房ワークショップルーム


◯会場ツアー|展示をまわる、編み機をさわる

展示している家庭機の解説と、実際に少しだけ編んでみるツアー。終了後には家庭機に関する相談も受け付けます。

日程|11月17日(金)〜19日(日)、2024年1月19日(金)〜21日(日)
時間|11:00〜 14:00〜 16:00〜 各回40分程度
会場|生活工房ワークショップルーム
定員|各回8名(先着)
参加費|無料
申込|10月1日(日)10:00から、下に表示される申込フォームより
備考|11月19日(日)は、11:00のみ開催
https://area18.smp.ne.jp/area/table/47705/E7Wujk/M?S=rjlcp2mcmgsj


◯ニットスペース|ほったらかし手編み倶楽部

テーブルとイスのみ用意された「ほったらかし」なスペースを無料でご利用いただけます。なお家庭機のご用意はありません。手編みの道具と毛糸をご持参ください。編み物で分からないことは、「ほっておけない」誰かが助けてくれるかも。

日程|11月17日(金)〜19日(日)、2024年1月19日(金)〜21日(日)
時間|10:00〜17:00 ※入退場自由
会場|生活工房ワークショップルーム
申込|不要、直接会場へ
参加費|無料



◯トーク|あみきをほどく 編み機の来し方行く末

家庭用編み機の歴史から現在まで、ざっくばらんにおしゃべりするトークイベント。私たちの「編み物」に与えた影響を考えます。YouTube「編み物チャンネル」(日本ヴォーグ社)による無料配信もあります。

聞き手|横山起也(編みキノコ作家/NPO法人LIFE KNIT)
ゲスト|北川ケイ(彩レース資料室/近代日本西洋技芸史研究家)、田沼英治(Knittingbird)
日時|11月19日(日)15:00〜17:00
会場|生活工房ワークショップルーム
定員|40名(先着)
参加費|500円(当日現金払い)
申込開始|10月1日(日)10:00から、下に表示される申込フォームより
https://reg18.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=ojsc-ljnbqj-c41e4eec1e190c7f410dd21c31dd37b1


主催:公益財団法人せたがや文化財団 生活工房
協力:Knittingbird、一般社団法人彩レース資料室
後援:世田谷区、世田谷区教育委員会

イラスト&デザイン:Momoe Narazaki
会場設計:スタジオまめちょうだい

ページの先頭へ