デザインノートPremium『未来をつくるデザイン図鑑 太刀川英輔/NOSIGNER』

定価:2,000円+税
ISBN:978-4416623978
2024年2月14日発売

購入はこちら

この号の詳細を見る▼

デザインとは、目的を達成するための手段だ。ときに一人ひとりが健やかで幸せな暮らしを送るために、ときに企業が経済活動を発展させるために。いつの時代もデザインは、人々のさまざまな願いを実現するために、その力を発揮してきた。人間の活動が地質や生態系に多大な影響を与える「人新世」に突入しているという議論がなされている現代において、地球の生態系と共生しながら、未来にわたって持続可能な社会を構築することが、我々人類の大きな願いになっている。

 本号で特集するNOSIGNERを率いる太刀川英輔は、さまざまな領域のスペシャリストたちと協働しながら、防災、環境、食、地域、教育など現代社会が抱えるさまざまなイシューに対して、デザインができることを追求し続けてきたデザイナーだ。
「未来をつくるデザイン図鑑」と題した本特集では、NOSIGNERによるデザインの実践(=HOW)を紹介するだけではなく、その背景にある社会課題(=WHY)にもフォーカスを当てる。WHYとHOWを行き来しながら、社会の要請に応えてきたNOSIGNERのデザイン活動からは、より良い未来をつくるためのさまざまなヒントを見出だせるはずだ。

太刀川英輔(たちかわえいすけ):アートディレクター。横浜市出身。2003年法政大学工学部建築学科卒業。2006年慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程に在学中、あえて個人名は出さずNOSIGNERとして活動。2011年3月の東日本大震災復興支援のためのOLIVEプロジェクトとともに個人名を明かし、社会や未来に役立つデザインのみを手掛けるデザインファームを標榜するデザイン組織NOSIGNERを設立。ブランディング、商品企画、グラフィック、パッケージ、建築、空間デザインなど複数の領域にわたるトータルディレクションを行う。2021年に著書『進化思考』(海士の風)で山本七平賞を受賞。同年、JIDA(公益社団法人 日本インダストリアルデザイン協会)の理事長に史上最年少で就任、現、代表取締役社長、Expo 2025 大阪・関西・日本館 基本構想 クリエイター、金沢美術工芸大学客員教授 キリロム工科大学(カンボジア) 理事、株式会社マチミライ株式会社 チーフデザインオフィサー、株式会社47プランニング 取締役、株式会社ゼンループ チーフデザインオフィサー/取締役。

閉じる▲

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

会場 : 東京都写真美術館 地下一階展示室
TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM
会期 : 2024年6月1日[土](写真の日)–7月21日[日]

霊峰、富士。天に向かって聳え立つその姿は“自然とは何か”を私たちに圧倒的な存在感で指し示しています。170年前、初めて富士山が写真に撮られて以来、この特別な山は、“神聖なる存在”として、“美そのもの”として写され続けてきました。人類が今、地球から宇宙へ、現実世界から仮想世界へと、その一線を超えようとする現在、富士山は現実世界の錨として、世界中の人々に大切なことを語りかけていると感じます。
「WONDER Mt. Fuji」は、第一線で活躍する国内外の18人の写真家たちが自らの目を通して富士山のメッセージを紡ぎ出した展覧会です。本展の見所はそれぞれの写真家とキュレーターが対話を重ね、「WONDER Mt. FUJI」としてのナラティブを重視した作品構成。さらに多様な手法のプリントやサイズ、マルチメディアを取り入れたダイナミックな写真空間。そして何よりも参加作家の大半が撮り下ろしに挑戦したことです。この18人だからこそ語りかけることができた壮大にして繊細な「WONDER Mt. FUJI」のストーリー、写真の魅力と可能性をご堪能ください。

続きを読む

ZYLA 1st Exhibition 「The Moving Posters」は、“グラフィックと映像の境界を超える。”をテーマに、グラフィックデザインや映像、CGI、アートなど幅広い分野で活躍するクリエイティブスタジオ「ZYLA(ジラ)」の個を超えたチームでの可能性を提示する第1回目のデザイン展です。

本展では、「動くポスター」をキーワードに、高水準のグラフィックデザイン、モーションデザイン、CGIが結集した独自の世界観を持つ作品群を皆さんに紹介します。ポスターとは何か。映像表現とは何か。その問いに向き合い、それらの境界を超越・融合させたZYLAならではの表現にご期待ください。

5月17日(金)には、本エキシビジョンのオープンを祝して、入場無料・予約不要のレセプションパーティを開催します。また、5月25日(土)には松島 佑樹、内山 大輔、藤巻 洋紀、Mandy ChenらZYLAのメンバーによる作品解説を行うギャラリートークも企画しています。新たなデザインの世界を共に探求しましょう。

続きを読む

書家として研鑽を重ねてきた「文字」をアート作品として表現をする金森朱音と、原始的な素材である『土』と『ひもづくり』の技法により現在を生きる人間の営みを表現する現代陶芸家、毛塚友梨の2人展を開催いたします。

〈展示会概要〉
本展のテーマは《愛》。様々な意味をもつ《愛》の中でも、母として生きる2人が特に大切にする【家族への愛】を共通コンセプトに制作しました。【家族への愛】は、母として《与えるもの》だけではなく、喜びや幸福感を《与えられている》相互関係で成り立つと感じる。この身近な他者への愛情を認識することでさらに広域な他者との人間関係、社会的な規模へと視点が向けられ、好影響を生み出してほしい。本作品を通して、観る人が《愛》について考える機会となれば幸いです。

続きを読む

文字組にとって美とは何か?
タイポグラフィの第一人者が、古今東西の名作組版に迫ります。

読みやすい文字組やレイアウトの基本技法書は数多くあります。しかし、書体やレイアウトの無限の組み合わせの中から、デザイナーはどのようにある紙面の造形に辿り着くのか。また、そこにどのような感性や精神が込められているのか。そのヒントを探るべく、欧文デザイナー30組46点、和文デザイナー28組50点の作品を分析、解説します。

Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/4766136543
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/17794161/

続きを読む

20世紀最大の巨匠の一人アンリ・マティス(1869-1954)。自然に忠実な色彩から解放された大胆な表現が特徴のフォーヴィスムの中心人物としてパリで頭角を現します。後半生の大半を過ごすこととなるニースではアトリエで様々なモデルやオブジェを精力的に描く一方で、マティスは色が塗られた紙をハサミで切り取り、それを紙に貼り付ける技法「切り紙絵」に取り組みます。
本展はフランスのニース市マティス美術館の所蔵作品を中心に、切り紙絵に焦点を当てながら、絵画、彫刻、版画、テキスタイル等の作品や資料、約160点超を紹介するものです。なかでも切り紙絵の代表的作例である《ブルー・ヌード検佞出品されるほか、大作《花と果実》は本展のためにフランスでの修復を経て日本初公開される必見の作品です。
本展ではさらに、マティスが最晩年にその建設に取り組んだ、芸術家人生の集大成ともいえるヴァンスのロザリオ礼拝堂にも着目し、建築から室内装飾、祭服に至るまで、マティスの至高の芸術を紹介いたします。
https://matisse2024.jp

続きを読む

[会期:2024年5月21日〜 8月25日(東京)、2024年9月14日〜 12月8日(大阪)]

本展覧会は、パリ市立近代美術館、東京国立近代美術館、大阪中之島美術館、3館のコレクションから共通点のある作品でトリオを組み、構成するというこれまでにないユニークな試みです。

時代や流派、洋の東西を越えて、主題やモチーフ、色や形、素材、作品が生まれた背景など、自由な発想で組まれたトリオの共通点はさまざま。総勢110名の作家による、絵画、彫刻、版画、素描、写真、デザイン、映像など150点あまりの作品で34のトリオを組み、それをテーマやコンセプトに応じて7つの章に分けて紹介することで、20世紀初頭から現代までのモダンアートの新たな見方を提案し、その魅力を浮かびあがらせます。

[展覧会公式サイト]
https://art.nikkei.com/trio/

続きを読む

江戸の吉原は、約250年続いた幕府公認の遊廓でした。遊廓は、前借金の返済にしばられ自由意志でやめることのできない遊女たちの犠牲の上に成り立っていた、現在では許されない、二度とこの世に出現してはならない制度です。
一方で、江戸時代における吉原は、文芸やファッションなど流行発信の最先端でもありました。

3月にだけ桜を植えて花見を楽しむ仲之町の桜や、遊女の供養に細工を凝らした盆燈籠(ぼんとうろう)を飾る7月の玉菊燈籠、吉原芸者が屋外で芸を披露する8月の俄(にわか)など、季節ごとに町をあげて催事を行い、贅沢に非日常が演出され仕掛けられた虚構の世界。そこでは、書や和歌俳諧、着物や諸道具の工芸、書籍の出版、舞踊、音曲、生け花、茶の湯などが盛んでした。そうした吉原の様子は多くの浮世絵師たちによって描かれ、蔦屋重三郎(つたや じゅうざぶろう)らの出版人、大田南畝(おおた なんぽ)ら文化人たちが吉原を舞台に活躍しました。また、年中行事は江戸庶民に親しまれ、地方から江戸見物に来た人々も吉原を訪れました。

本展に、吉原の制度を容認する意図はありません。国内外から吉原に関する美術作品を集め、その一つひとつを丁寧に検証しつつ、江戸時代の吉原の美術と文化を再考する機会として開催します。展示は、ワズワース・アテネウム美術館や大英博物館からの里帰り作品を含む、菱川師宣(ひしかわ もろのぶ)、英一蝶(はなぶさ いっちょう)、喜多川歌麿(きたがわ うたまろ)、鳥文斎栄之(ちょうぶんさい えいし)、葛飾北斎(かつしか ほくさい)、歌川広重(うたがわ ひろしげ)、酒井抱一(さかい ほういつ)らの絵画や錦絵、修復後初公開となる高橋由一の油絵《花魁》(重要文化財)などに工芸品を加えた約230点による構成です。現代美術家・福田美蘭さんによる描きおろし作品《大吉原展》も出品されます。

https://daiyoshiwara2024.jp/

続きを読む

20世紀後半以降、人、資本、情報の移動は世界規模に広がりました。2010年代から本格化したスマートデバイスの普及とともに、オーバーツーリズム、生産コストと環境負担の途上国への転嫁、情報格差など、グローバルな移動に伴う問題を抱えたまま、私たちは2020年代を迎えました。そして、2020年に始まった国境のないパンデミックにより、人の移動が不意に停止されたものの、資本と情報の移動が止まる気配はありませんでした。かえって、資本や情報の本当の姿が見えてくるようになったと思えます。豊かさと貧しさ。強さと弱さ。私たちの世界のいびつな姿はますます露骨に、あらわになるようです。

 展覧会タイトル「遠距離現在 Universal / Remote」は、資本と情報が世界規模で移動する今世紀の状況を踏まえたものです。監視システムの過剰や精密なテクノロジーのもたらす滑稽さ、また人間の深い孤独を感じさせる作品群は、今の時代、あるいはポストコロナ時代の世界と真摯に向き合っているようにも見えます。本展は、「Pan- の規模で拡大し続ける社会」、「リモート化する個人」の2つを軸に、このような社会的条件が形成されてきた今世紀の社会の在り方に取り組んだ8名と1組の作品をご紹介します。

https://www.nact.jp/exhibition_special/2024/universalremote/

続きを読む

過去のインフォメーションを見る

  • Creator's Map
  • クリエイターズ・バリューはデザインノート、イラストノートの誌面、+専用Webサイトを使って自己プロモーションができる誠文堂新光社のプロジェクトです。
  • X designnote
  • Instagram illustnote_designnote
  • デザインノートバックナンバー
  • デザインノート定期購読
  • 広告のお問合せ
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • イラストノート
  • コンパクトデザイン

デザインノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:コンパクトデザイン

ページの先頭へ