デザインノートPremium『未来をつくるデザイン図鑑 太刀川英輔/NOSIGNER』

定価:2,000円+税
ISBN:978-4416623978
2024年2月14日発売

購入はこちら

この号の詳細を見る▼

デザインとは、目的を達成するための手段だ。ときに一人ひとりが健やかで幸せな暮らしを送るために、ときに企業が経済活動を発展させるために。いつの時代もデザインは、人々のさまざまな願いを実現するために、その力を発揮してきた。人間の活動が地質や生態系に多大な影響を与える「人新世」に突入しているという議論がなされている現代において、地球の生態系と共生しながら、未来にわたって持続可能な社会を構築することが、我々人類の大きな願いになっている。

 本号で特集するNOSIGNERを率いる太刀川英輔は、さまざまな領域のスペシャリストたちと協働しながら、防災、環境、食、地域、教育など現代社会が抱えるさまざまなイシューに対して、デザインができることを追求し続けてきたデザイナーだ。
「未来をつくるデザイン図鑑」と題した本特集では、NOSIGNERによるデザインの実践(=HOW)を紹介するだけではなく、その背景にある社会課題(=WHY)にもフォーカスを当てる。WHYとHOWを行き来しながら、社会の要請に応えてきたNOSIGNERのデザイン活動からは、より良い未来をつくるためのさまざまなヒントを見出だせるはずだ。

太刀川英輔(たちかわえいすけ):アートディレクター。横浜市出身。2003年法政大学工学部建築学科卒業。2006年慶應義塾大学大学院理工学研究科修士課程に在学中、あえて個人名は出さずNOSIGNERとして活動。2011年3月の東日本大震災復興支援のためのOLIVEプロジェクトとともに個人名を明かし、社会や未来に役立つデザインのみを手掛けるデザインファームを標榜するデザイン組織NOSIGNERを設立。ブランディング、商品企画、グラフィック、パッケージ、建築、空間デザインなど複数の領域にわたるトータルディレクションを行う。2021年に著書『進化思考』(海士の風)で山本七平賞を受賞。同年、JIDA(公益社団法人 日本インダストリアルデザイン協会)の理事長に史上最年少で就任、現、代表取締役社長、Expo 2025 大阪・関西・日本館 基本構想 クリエイター、金沢美術工芸大学客員教授 キリロム工科大学(カンボジア) 理事、株式会社マチミライ株式会社 チーフデザインオフィサー、株式会社47プランニング 取締役、株式会社ゼンループ チーフデザインオフィサー/取締役。

閉じる▲

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

心を癒す動物たちを楽しんでください。イラストレーションを展示。

◎開催情報
会場:gallery DAZZLE 東京都港区北青山2-12-20-101
http://gallery-dazzle.com
会期:2024年3月5日(火)〜3月10日(日)
時間:12:00ー19:00(最終日17:00)

続きを読む

日々の小さなできごとを拾いあげて、日記をつけるように描き続けました。
着なくなった服や古いシーツを縫い合わせて作った画面に、染色の技法で染め描いています。
2023年5月から12月にかけて描いた96点のシリーズを展示いたします。

◎開催情報
会場:gallery DAZZLE 東京都港区北青山2-12-20-101
http://gallery-dazzle.com
会期:2024年2月27日(火)〜3月3日(日)
時間:12:00ー19:00(最終日17:00)

続きを読む

八王子校:2月22日(木)〜24日(土) / 蒲田校:3月1日(金)〜3日(日)

総合専門学校の日本工学院(本部:東京都大田区)では、6カレッジ34学科の卒業制作の展示や成果発表を一同に行う「若きつくりびと〜日本工学院 卒業展2024」を、2月22日(木)〜24日(土)に八王子校、3月1日(金)〜3日(日)に蒲田校にてそれぞれ開催いたします。

本展では、各種デザインやCG、アニメ、イラスト、ゲーム、建築などの卒業制作から、IT、テクノロジー、スポーツなどの学修成果、卒業ライブや公演まで、100以上の多彩な分野のスペシャリストを目指す学生の学びの集大成を一斉公開します。また、本校が推進する企業や地域、高校との連携プロジェクトの成果発表や、各分野のスペシャルイベントも実施いたします。

続きを読む

募集テーマは『Welcome to 東銀座 2024』
あなたの思う《東銀座の魅力》を自由に表現してください!


道行く観光客を惹きつけ、言語の壁も超えた作品。
また作品に描かれた建物や風景を見たい!行きたい!と思わせる作品。を募集します!


コンテスト詳細・コンテストへの参加はこちらのURLから!
https://artee-jp.com/2024/01/11/higashiginnza/

続きを読む

わたしたちはいま循環型社会への過渡期を生きています。
永く使えるものをつくろう、不用なものは必要な人に譲ろう、
壊れても捨てずに修理しよう、と。
社会も地域も生活者も、この循環を目指しています。

しかし、ガラスはどうでしょう。
およそ四千年前からくらしに寄り添ってきた日用品ですが、
ひと欠けした途端に、廃棄か再生かの選択を迫られてしまう。

たいせつに使っていたグラスは、すこしくらい欠けても
危険だからといって、捨てられない。

本展では、割れても、歪んでも、それでも残されてきた
ガラスのオブジェたちと、それを撮りつづけた泊昭雄さんの写真を通して、
身近なこわれやすいものとのつきあい方を見つめ直します。

だれかの残したガラスには、くらしの記憶が宿ってみえます。
かつて、夕暮れ時のことを「誰彼(たそがれ)」と書きました。
人も物も夕闇に溶けて、もうすぐ姿が見えなくなる寸前の世界。
そんなものたちの晩年に目を凝らし、寄り添いたい。

それは、無印良品が大事にしているものづくりの姿勢でもあります。
“ちょっと欠けたくらいがいい” という泊さんのように、
身の回りに潜んでいる「誰彼(たそがれ)」に触れるきっかけとなれば幸いです。
https://atelier.muji.com/jp/

続きを読む

本展では、⻑年にわたり無印良品のタグコピーに携わってきたコピーライター徳永美由紀⽒の仕事に焦点をあてます。徳永⽒は2001 年から商品開発の視点や⼯夫などを簡潔に伝えるための社内養成所「コピー⼯房」を監修してきました。商品タグのコピーだけでなく無印良品が発する⾔葉に対して多⼤なる協⼒をいただきました。

無印良品のものづくりの基本となる考え⽅は、「素材の選択」「⼯程の点検」「包装の簡略化」の3つです。それが普遍性を持って伝播していくように、それぞれ商品の「わけ」をキャッチコピーとして商品タグに込めています。「わけ」という無印良品の原点を根付かせ、⽂脈を創造してきた徳永⽒の歩みを振り返ります。会場では、関わられた商品タグと商品や、書籍「MUJI IS 無印良品アーカイブ」からの商品コピーの数々を展⽰します。
https://atelier.muji.com/jp/

続きを読む

20名の作家が色鉛筆で描くインチサイズ限定の世界。

会場:gallery DAZZLE 東京都港区北青山2-12-20-101
http://gallery-dazzle.com
会期:2024年2月6日(火)〜2月21日(日) 月曜休廊
時間:12:00ー19:00(最終日17:00)
協賛:北星鉛筆株式会社 ファーバーカステル

続きを読む

世田谷区は、鉄道が敷設されたことをきっかけとして1920年代に都市化が始まり、今日にいたるまで東京の郊外として発展してきました。たくさんの人が集まり住むところには、そこに独自の生活文化が生まれます。一世紀に及ぶ都市化のなか、世田谷で発達したそのような生活文化の一つに、「まちづくり」があります。

この言葉が広く世の中の人々に知れ渡るようになったのは1970年代のことです。世田谷区では住民参加を掲げ、1980年代からまちづくりや公共施設の整備が進められました。また、よりよい地域づくりには区民の参加が不可欠として、1990年代以降、区民のさまざまなまちづくりの活動を支援するしくみが生まれました。

まちづくりは、世田谷の中でどのように発達し、何を残してきたのでしょうか。そしてそれは地域の人々の「まちと暮らし」をどう豊かにしてきたのでしょうか。

本展では、「まちづくりの空間」、「地形と都市計画」、「グラフィックデザインと都市デザイン」、「ワークショップと道具箱」、「市民のデザイン」の5つのパートにより、世田谷において住民参加のまちづくりがつくり出してきた「まち」と、そこで繰り広げられてきた「暮らし」を見渡します。

続きを読む

過去のインフォメーションを見る

  • Creator's Map
  • クリエイターズ・バリューはデザインノート、イラストノートの誌面、+専用Webサイトを使って自己プロモーションができる誠文堂新光社のプロジェクトです。
  • X designnote
  • Instagram illustnote_designnote
  • デザインノートバックナンバー
  • デザインノート定期購読
  • 広告のお問合せ
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • イラストノート
  • コンパクトデザイン

デザインノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:コンパクトデザイン

ページの先頭へ