デザインノートNo.89

特集:吉田ユニ

定価:1,600円+税
ISBN:978-4416520659
2020年11月27日発売

購入はこちら

この号の詳細を見る▼

メディアが多様化し続ける現代、グラフィックデザイナーはさまざまな表現や手法で自身の仕事の幅を拡張している。そんななか、“一枚の絵”をつくることにこだわり、独創的な世界観を追求し続けているのが、アートディレクターの吉田ユニだ。花や果実など、身近な素材を使いながらもまったく新たな視点を与えてくれるビジュアル。人気タレントを起用し、ときにファンタジックに、ときにユーモラスな表現で、脳裏に鮮烈なインパクトを残すビジュアルーー。一見CGで合成しているかのように見えるそれらのビジュアルは、すべて手作業によるもので、そのことに気づいたとき、私たちはその絵の前から一歩も動けなくなる。宇宙のように拡がり続ける発想力と頭に描いたイメージを完璧につくりあげるその実現力は、いったいどのように生まれ、磨かれてきたのか。そんな興味から本特集はスタートした。今回、吉田の制作の現場を取材するなかで改めて気づいたのは、彼女の仕事の魅力はユニークなアイデアだけではなく、徹底的にディテールを詰めて、美へ昇華するその熱量にあると感じた。広告という制限のある枠の中で、どうすればクライアントの要望を満たし、観るものを幸せにし、そして、自分自身も夢中になることができるのか。常にその一点を探し求める吉田ユニの創造のプロセスを、イメージラフやメイキングを交えて紐解いていく1冊。

●Contents
ロングインタビュー&ART WORKS
個展『Dinalog』のすべて
LAFORET CHRISTMAS 2019 MAKING
LUMINE IKEBUKURO 2019F/W VISUAL MAKING
・SPECIAL TALK
植原亮輔×吉田ユニ×小杉幸一
吉田ユニ 一問一答50
CREATOR'S MESSAGE

連載:佐藤可士和の視点とデザイン
吉田守秀×佐藤可士和

Creator’s Value Special Edition
CREATOR'S FILE

閉じる▲

Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします。 →掲載希望はこちら

株式会社FERMENT(Backpackers’ Japan、Media Surf Communications、Insitu Japanの3社が2019年11月に合同で設立)は、2020年2月1日(土)に開業予定のマイクロ複合施設「K5(ケーファイブ)」(東京都中央区日本橋兜町3-5)の2F〜4Fに位置するブティックホテル「HOTEL K5」の全客室の予約をスタートいたしました。
2月1日(土)のグランドオープンに先駆け、オフィシャルサイトや各種宿泊予約サイトにて予約受付を開始。

「HOTEL K5」の客室は全20部屋と小規模ながら、宿泊するゲストに安らぎとインスピレーションを同時に提供し、かつハイエンドホテルの上質感のあるホテルを目指します。

スウェーデン・ストックホルムを拠点に活躍する建築家パートナーシップ「CLAESSON KOIVISTO RUNE」が建築・空間デザインを監修。築97年の歴史的建造物が醸し出す重厚感ある外観と、東京に点在する自然そのものからインスパイアされたタイムレスなデザインをコンセプトとしています。上質で独自性のある小規模ラグジュアリーホテルの世界的なネットワーク「Design Hotels」に加盟。

この度、2020年2月1日(土)のグランドオープンに先駆け「K5」オフィシャルサイトや各種宿泊予約サイトにて、正式に「HOTEL K5」の客室予約が可能となりました。宿泊料金は1泊約20,000円〜150,000円/部屋の価格帯を予定してします。

続きを読む

■視覚、映像、空間、工業のデザイン分野から学びの成果約200作品

 東京工科大学デザイン学部(東京都大田区、学部⻑ 伊藤 丙雄)では、デザイン学部4年間の学びの成果として「令和元年度 卒業制作展」を、2月1日(土)から4日(火)まで、蒲田キャンパス「ギャラリー鴻」および3号館内にて学外へ向けて展示いたします。(入場無料)
 学部設置から10年目を迎える今年度の卒業制作展では、「工業デザイン」と「視覚デザイン」の各コースから、プロダクトデザインや雑貨の提案、空間演出シミュレーション、グラフィックデザイン全般、Web、映像など約200作品の研究成果を公開いたします。

続きを読む

100年を超えて愛される、動物解剖学の古典名著を復刻! !

美しく描かれた精緻な画像からは、躍動する動物の息づかいまで聞こえてくるようです。動物を描く方には、表からは見えない構造を理解するリファレンスとしてお使いいただけます。

架空の動物を創造する方には、クリーチャーに実在感のある構造を与えるリファレンスとして役立ちます。

特長1
精緻に描かれたオリジナル図版に加え、日本語版では新しく構造名を記した線画が加わりました。

特長2
筋肉や骨などの働きや、特徴を解説したテキストを収録。
テキストはダウンロード可能。図版と見比べながら読み進められます。

特長3
オリジナル図版の生き生きとした描写をじっくり楽しめる、高解像度の画像と大判の判型です。

本書は、ヴィルヘルム・エレンベルガー、ヘルマン・バウムによって1900年ごろから出版された書籍「Handbuch der Anatomie der Tiere fur Kunstler(芸術家のための動物解剖学)」を1冊にまとめた、翻訳・加筆版です。

続きを読む

Resilienceとは、

物質や物体に対して外力が加わると変形します。そのときにどれくらいその力を吸収することができるか、また、どれくらいその力を取り除いて元の形に戻ろうとすることができるか、つまり物理的な「弾力性」や「復元力」が、物質や物体の持つ「レジリエンス」と言われます。近年では、レジリエンスは自然や動物の生態環境学や、人間の社会環境システム、そして心理学でも使われる言葉となりました。経済的なレジリエンス、都市国家のレジリエンス、そして心理学的レジリエンスなどです。この心理学的レジリエンスは、90年代のバブル崩壊以降のビジネス社会の中で「成果主義」を前提とした評価方法への移行により多くのストレスを受け、心に歪みを生じる機会というのは増加してきたと言えます。

今回の作品の主題は、リファレンスのない偶発的に生じる弾力性・復元性という物理的なレジリエンスを、心理学的レジリエンスで捕える試みであったと思います。振り返ると、私がフォトグラファーとして駆け出しの頃に今回の作品の原型となるものが生まれました。フォトグラファー1年生として仕事で悩み、葛藤をし、心理的な歪みを生じていた頃に作品が生まれたのです。つまり心理学的レジリエンスが今回の作品を生み出したと言えると思います。

2020年、ポスト真実時代の視覚的なアプローチを体験出来る9日間をお楽しみください。

続きを読む

junko oishi 個展「 te ra su 」 を開催いたします  
(銅版画・ドローイング・灯りのオブジェ)

2020.1.17(金)〜2.6(木)   →月・火定休
11:00〜17:00(最終日〜16:00)
 GALLERY HARUJI 
https://www.g-haruji.com
千葉県四街道市大日868-3
駐車場6台有り、JR四街道駅徒歩20分、北口からバス

続きを読む

2010年代、イラストから様々なリアルアイテムに落とし込み、販売するサービスが始まり、多くのイラストレーターが、簡易的にプリントアイテムを販売できるようになりました。
「2020年、そしてその先、、、一体どんなサービスとプリント
アイテムが生まれていくのか?」
そこでandMadeでは、2020年におけるプリントアイテムの現在地を探るべく、雑誌、広告、パッケージなどで活躍しているイラストレーター20名のプリントアイテムを集めた企画展「Print A La Mode」を2020年2月22日(土)〜8日(日)の期間で開催します。
本展では、単に作品をプリントしたアイテムの販売だけでなく、andMadeが持つ服作りに特化したシェアアトリエサービス、最新のデジタル機器を有する強みを活かし、各イラストレーターの方々が考案したデザインを基に、弊店制作スタッフ達とディスカッションを重ねて生み出す「こだわりのアパレルプリントアイテム」を、展示・販売いたします。他にも約100点以上のプリントアイテムを販売や、各イラストレーターの方々の作品約70点を展示いたします。ジャンルもスタイルも異なるイラストから生まれ、覗き見える「アラモード」をお楽しみください。

続きを読む

家族・子ども向け出張撮影プラットフォーム「fotowa(フォトワ)」( https://fotowa.com/ )は、2020年2月29日の閏日にサービス開始から丸4年を迎えます。これを記念し、fotowaと関わるすべての皆さまへの感謝を込めた『fotowa公式キャラクターデザインコンテスト』を開催いたします。
応募フォーム及び特設サイト:https://fotowa.com/4th/character

続きを読む

– 永戸鉄也が中国の贋作村とコラボレーション!? –
Kawaeye: Beyôn by Tetsuya Nagato

104GALERIE(東京・池尻大橋)は、2020年1月25日(土)から3月15日(日)の会期で、永戸 鉄也個展「Kawaeye」を開催致します。今回の展示は、104GALERIEがプロデュースする新スペース、Warszawa(ワルシャワ)での企画展第一弾。104GALERIEと併せ、2会場で約30点の油絵作品を展覧致します。

続きを読む

過去のインフォメーションを見る

  • good design company 水野学さんへ88の質問
  • デザインノート読者プレゼント
  • 東京デザイン製品展
  • クリエイターズ・バリューはデザインノート、イラストノートの誌面、+専用Webサイトを使って自己プロモーションができる誠文堂新光社のプロジェクトです。
  • 文字組デザイン講座 参加者募集中!
  • デザインノートバックナンバー
  • デザインノート定期購読
  • 広告のお問合せ
  • 誠文堂新光社
  • アイデア
  • イラストノート
  • ベーシックインパクト

デザインノート ON THE WEB編集部
サイト運営・管理:株式会社インパクト・コミュニケーションズ

ページの先頭へ