Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします

 タワーレコード株式会社(本店所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:嶺脇育夫)では、この度、音楽およびその周辺のエンターテイメント領域において、未来志向のクリエイターを育成・支援することを目的として、よりインタラクティブなオンライン、リアルのハイブリッド型のスクール「TOWER CREATIVE ACADEMY(タワー・クリエイティブ・アカデミー)」をスタートします。
 その第一弾として、(数のクリエイターが自らの得意分野を生かし共同で楽曲を制作するという欧米では一般的になりつつある作曲方法「コーライティング」をテーマとした講座『オンラインツール活用による作曲法』と、建築物などへのプロジェクションマッピング、ライブイベントでのVJなどの映像を、複雑なコードを書くことなく制作できるソフトウエア「TouchDesigner」の基本的な操作方法を習得できる『TouchDesigner(入門編)』の2講座を本年7月より開講します。(受講者募集は5月24日(木)より開始)

東京アニメアワードフェスティバル2019
開催決定!!
2019年3月8日(金)〜11日(月)東京・池袋
コンペティション作品も応募受付開始


東京アニメアワードフェスティバル実行委員会及び一般社団法人日本動画協会は、東京都共催のもと、国際アニメーション映画祭「東京アニメアワードフェスティバル2019(TAAF2019)」を来年2019年3月8日(金)から3月11日(月)までの4日間、池袋にて開催することを決定しましたのでご案内します。
また、併せてコンペティション部門の応募受付も開始致します。

Fashion Studies ( http://fashionstudies.org/top/ )は、ファッションの歴史を学ぶ講座「Think of Fashion Study 講座ファッション史」を全5回で開催します。今回の講座では、各回ごとに、オートクチュール史、プレタポルテ史(ウィメンズ、メンズ)、ストリートスタイル史、東京コレクション史をテーマにその歴史を学びます。講師には、文化学園大学などで非常勤講師を務める菊田琢也氏を迎えます。

〜 表参道で披露したパフォーマンスの写真を8⽉9⽇(⽊)から世界初公開 〜

表参道ヒルズは、8月9日(木)から8月19日(日)の期間中、本館B3F スペース オーにて、2018年に生誕60年を迎える伝説のストリートアーティスト、キース・ヘリングの特別展「Pop, Music & Street キース・ヘリングが愛した街 表参道」を開催します。ウォーホルやバスキアなどと同様に、1980年代のアメリカ美術を代表するアーティスト、キース・ヘリング。ニューヨーク地下鉄構内の広告板に落書きをする《サブウェイ・ドローイング》というグラフィティ・アートで一躍脚光を浴びた彼は、1990年に31歳の若さで亡くなるまで、絵画や彫刻、アニメーション、レコード・カバーに至るまで幅広い作品を残しました。中でもポスター・アートに注目したヘリングは、核放棄やエイズ予防、LGBTのカミングアウトを促すナショナル・カミングアウト・デーなどの社会的な作品から、アブソルート・ウォッカやスウォッチなどの商業的な作品まで、ポスターだけで100点以上を制作しました。また、「アートはみんなのもの」をモットーに、1986年にオリジナルグッズを発売する《ポップショップ》をニューヨークに開店。1988年にはニューヨークの1号店に続き東京・青山にもショップをオープン。当時ストリートパフォーマンスが流行していた表参道の歩行者天国で、路上にチョークでドローイングをするパフォーマンスも行い、話題を呼びました。

会期:2018.05.24 木 - 06.26 火
時間:11:00a.m.-7:00p.m.
日曜・祝日は休館 入場無料

1978年に発足した公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会(略称JAGDA)は、現在、会員数約3,000名を誇るアジア最大規模のデザイン団体として、年鑑『 Graphic Design in Japan 』の発行や展覧会・セミナーの開催、デザイン教育、公共デザインや地域振興への取り組み、国際交流など、デザインによるコミュニケーション環境の向上のために様々な活動をおこなっています。

最新デザインの表現と思考のプロセスを追う「デザインノート」、描く人のためのメイキングマガジン「イラストノート」各誌と、武蔵野美術大学の共同コンテスト企画「ムサビノート展」を開催します。応募作品はすべて8月19日(日)に武蔵野美術大学オープンキャンパス内で掲示。当日に公開審査会を開催し受賞作品を決定します。

【応募対象者】
平成30年4月1日時点で20歳以下の方。

【テーマ】
「蝶」
デザイン部門 :「蝶」「ちょう」「チョウ」「butterfly」などの蝶を意味する文字を使用したデザイン作品。ロゴ、フォントなど。
イラスト部門 :「蝶」をイメージしたイラスト作品。キャラクター、イメージ画など。
未発表(※)の作品に限ります。
仕事として描いた作品や他コンペ等に応募したもの、また、インターネット上を含め不特定多数が目にする場に掲載した作品は発表済みとみなします。

【応募点数】
各部門1点まで。

自分だけの一点ものが見つかる、
毎年盛況の「ハンドメイドインジャパンフェス2018」が
6周年を迎えて今年も帰ってきました! 
今年のテーマは「織姫と彦星」。
インテリアやアクセサリーなどの一点ものが多く揃い、
おしゃれ感度の高い人も満足できること間違いなし! 
ワークショップ、全国各地のこだわりフードを集めたコーナー、
実力派アーティストによるミュージックライブなど、
ここでしか味わえない体験が盛りだくさんの2日間。
あなたもぜひ、HMJで楽しい夏休みを過ごしてみませんか?

富山デザインコンペティションは、1994年(平成6年)に全国初の「商品化」を前提としたデザインコンペとしてスタートし、これまでに多くのヒット商品を生み出してきました。商品化の背景には、必ずデザイナーと企業との間に良好な「関係」がありました。そして私たちは、その「関係」づくりこそがデザインコンペで得られた大きな財産だと考えています。
「賞を取ったら終わり」ではなく、富山のデザインコンペをきっかけに、企業とデザイナーが共に歩みだし、「ロングライフな関係」で結ばれる。富山デザインコンペティションは、これからもそんなコンペでありたいのです。
富山のコンペは、賞を競いながらも、その後の商品化を含めたパートナーを探す「企業とデザイナーの出会いの場」と私たちは考えています。

詳細は、ウェブサイトからご確認ください。
https://dw.toyamadesign.jp/compe-list/#post-1160

スウェーデンで活躍する3人の女性アーチストたち。 キャリアも作風も異なる彼女たちは、それぞれの魔法で、無から立体を取り出します。 対象の魂そのものからカタチを取り出すリサ・ラーソン。 現実と夢の境界線を無化するマリアンヌ・ハルバーグ。 対話とユーモア、手触りと温度を引き寄せるエレオノール・ボストロム。 3人の女性に共通しているのは、スウェーデンという地図、そして何処までも肯定的なパワーです。

【開催概要】
2018年5月17日(木)〜23日(水)
渋谷ヒカリエ8F クリエイティブスペース8/COURT(渋谷区渋谷2-21-1)
営業時間:11:00〜20:00 ※最終日は17:00終了
入場無料
東急東横線・田園都市線、
東京メトロ半蔵門線・副都心線
「渋谷駅」15番出口と直結。JR線、東京メトロ銀座線、
京王井の頭線「渋谷駅」と2F連絡通路で直結。

写真家・鋤田正義のドキュメンタリー映画『SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬』が、2018年5月19日(土)より全国にて公開。
http://sukita-movie.com/


デヴィッド・ボウイをはじめ、世界的アーティストの代表的なポートレートやアルバムジャケットを数多く手掛けてきた日本人写真家がいる― 。鋤田正義、この5月で80歳。半世紀以上も第一線で活躍してきた彼は、今も尚、走り続ける。

(2018年5月25日(金)19:00スタート at エイトブランディングデザイン )

「ブランディングデザインで日本を元気にする」をコンセプトに活動する株式会社エイトブランディングデザインでは、パッケージだけでなく、美術館のサイン計画や展覧会グラフィックまで幅広くアートディレクションを手がける気鋭のグラフィックデザイナー 色部義昭氏をお招きしトークセミナーを開催致します。

埼玉県蕨市塚越に、マスクメロンのようなユニークな構造体をもつ小規模オフィスビルが完成いたします。
つきましては、5月20日(日)10:00-16:00に完成見学会を開催いたしますので、ぜひ起こしください。
このオフィスビルは、これまで山下保博 x アトリエ・天工人は200以上の都市住居を設計する中で培った、小さくても豊かな空間づくりの方法論をオフィスビルに応用し、さらに軟弱地盤への建物荷重を抑えるために、RC造を極限までそぎ落とすことに挑戦いたしました。
建築、デザインに興味のある方にぜひご覧いただきたく存じます。

キヤノンは、新人写真家の発掘・育成・支援を目的とした文化支援プロジェクト「写真新世紀」の2018年度(第41回公募)の募集を4月18日(水)より開始します。本年も海外から審査員を招へいし、グローバルな写真コンテストを推進しています。

■ 「写真新世紀」2018年度(第41回公募)の実施概要
公募は4月18日(水)から6月6日(水)まで行い、7月に開催予定の「優秀賞選出審査会」において優秀賞7名(組)と佳作14名(組)を選出します。その後、11月に開催予定の「グランプリ選出公開審査会」において優秀賞受賞者の中からグランプリ1名(組)を選出します。
グランプリ受賞者には、奨励金100万円と副賞のキヤノン製品のほか、特典として次年度の受賞作品展における個展開催の権利などを授与します。また、優秀賞と佳作の受賞者には奨励金と本年度の受賞作品展への出展などの権利を授与し、受賞者の今後の創作活動を奨励します。

フィンランドとつながりの深い二人の日本人アーティストの展覧会
初夏の太宰府天満宮で開催!

----------------------------------------
「太宰府、フィンランド、夏の気配」
石本 藤雄「実のかたち」展
津田 直「辺つ方の休息」展

会期:2018年5月12日(土)- 7月1日(日)
会場:太宰府天満宮 宝物殿企画展示室・文書館
   福岡県太宰府市4-7-1 
----------------------------------------

会場:OTAブックアート/品川区小山2-16-3(東急目黒線武蔵小山駅より徒歩7分)
日時:2018年4月13日(金)-15日(日) 13:00-18:00 ※入場無料


日本人初のブックアートにおける、ドイツの最高学位「マイスターシューラー号」を取得したブックアーティスト太田泰友が、2018年4月にアトリエをオープン。オープンを記念し、オープニング・レセプションを開催致します。期間中はオープン・アトリエとして、OTAブックアートのアトリエを公開し、アトリエ紹介や作品展示を行う他、初公開となる、太田泰友による新作「Rest In Peace, Tokyo」も発表。14日(土) 15 時からは、劇団「指輪ホテル」芸術監督・羊屋白玉氏( 劇作家、演出家、俳優)をゲストに招き、新作の贈呈式や太田とのトークセッションも開催する。
公式サイト:www.ota-bookarts.jp

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)は、様々なジャンルや国籍のクリエーターへ滞在制作の機会を提供しています。本展では2017年に滞在制作を行ったクリエーターの作品を紹介します。
紹介する11組はレジデンス滞在という普段と異なる環境に身を置くことで、自身の物事に対する見方や態度への理解を深めました。その解釈を作品として表現するとき、彼らが蓄積した行為や行動が、他者との新たな関係性を築きます。

 Fashion Studies ( http://fashionstudies.org/top/ )は、ファッションブランドやデザイン、そして技術を保護する知的財産権を学ぶ、5回の連続講座「Fashion Biz Study ファッションローの基礎」を開催します。
 講師の角田政芳氏は、ファッションローを学べる大学院コースの設置に向けて準備を進める、東海大学総合社会科学研究所所長、関真也氏は、ファッションやエンタテインメント分野の知的財産法を得意とする弁護士(日本・ニューヨーク州)です。
 ファッションビジネスにおいて近年注目されているファッションローに関する日本で初の体系的な解説書『ファッションロー』( 勁草書房)は、両氏の著書であり、「ファッションロー」(勁草書房)を参照しながら進めていきます。 第1回では、第2回以降で商標法、不正競争防止法、意匠法、著作権法、特許法等についてそれぞれ重点的に学んでいくことに先立ち、各法の特徴とそれに応じたファッションビジネスにおける主な活用場面を解説し、ファッションローの体系的な理解の手助けとしていただくことを目標といたします

150人へのアンケート&インタビューから「好き」の根源を探る企画展

札幌駅前通まちづくり株式会社(札幌市中央区、代表取締役社長:白鳥 健志)とクライメイトPR(代表:山岸 奈津子)は、2018年4月8日(日)から5月6日(日)までの約1ヶ月間、好きはどこから生まれてくるのか?をテーマとした企画展「好きを分解する」展を、赤れんがテラス 眺望ギャラリー「テラス計画」(札幌市中央区)にて開催します。
本企画展は、札幌駅前通まちづくり株式会社が2016年より企画しているアートマネジメント講座「Think School」の第1期卒業課題で最優秀賞となった企画「好きはどこから生まれてくるのか? -芸術・文化の入り口を探る-」(略称:スキドコプロジェクト、企画:山岸 奈津子)を実現したものです。

「ブランディングデザインで日本を元気にする」をコンセプトに活動する株式会社エイトブランディングデザインでは、建築設計や批評活動に加え、公共プロジェクトなどにデザインコーディネーターとして精力的に取り組む気 鋭の建築家 藤村龍至氏をお招きしトークセミナーを開催致します。

会期/2018年4月17日(火)〜4月22日(日)
時間/11:00 - 20:00 入場無料
場所/渋谷ヒカリエ8F CUBE1,2,3
渋谷区渋谷 2-21-1 8階
www.hikarie8.com/cube/

Instagram @kazuki_nagayama
#ただ一つの選択であなたの運命は交叉する
にて一部写真を公開中。

2018年04月04日(水)〜2018年04月28日(土)

東京タイプディレクターズクラブが主催する国際アニュアルコンペティション「東京TDC賞2018」の成果をご覧いただく本展では、グランプリをはじめ受賞10作品やノミネート作品など、タイポグラフィを軸にしたグラフィックデザインの優秀作品150点あまりを展覧いたします。
http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/

中村至男展

30
3月

会期:2017.1.13 金 - 2.16 木
時間:11:00a.m.-7:00p.m. 日曜・祝日休館 入場無料

シンプルで明快、そしてフラットな形と色面のデザインが印象的な中村至男。
ソニー・ミュージックエンタテインメント在籍中(1990-1997)に、同社からデビューした明和電機の一連のグラフィックを手がけ、世の中に鮮烈な印象を与えました。さらに、PlayStationゲーム「I.Q」、NHKみんなのうた「テトペッテンソン」、「勝手に広告」など、佐藤雅彦氏と組んだプロジェクトの数々をはじめ、日本科学未来館コンセプトブック、雑誌「広告批評」(1999)、21_21 DESIGN SIGHT「単位展」のメインビジュアルを手がけるなど、グラフィックデザイナーとして独自のスタンスで活動を続けています。
そして近年、初めての絵本『どっとこ どうぶつえん』が、イタリアのボローニャ・ラガッツィ賞優秀賞を受賞。優れた絵本の作り手として高く評価され、「みること」「わかること」の楽しさを、世界中の子どもたちに届けています。

中村至男の初めての個展となる本展では、新作に加え、これまでまとめて見ることのなかった25年を超えるデザインワークを一挙にご紹介します。1990年代から今に至るまで、中村作品が持つユニークな強さと、コンセプチュアルかつナンセンスな世界を、ぜひ会場でお楽しみください。

グラフィック部門 2018年5月28日(月)〜6月1日(金)
写真部門 2018年6月25日(月)〜6月29日(金)

ガーディアン・ガーデンでは、若手クリエイターの個展開催の権利をかけた公募展、第19回「1_WALL」の公募を5月から開始します。応募受付期間は、グラフィック部門が5月28日(月)〜6月1日(金)、写真部門は6月25日(月)〜6月29日(金)です。

「1_WALL」は、新しい表現を追求し続けている若い才能を発掘することを目的としたコンペティションです。グランプリ受賞者には、約1年後のガーディアン・ガーデンでの個展の開催の権利と、個展制作費として20万円が支給されます。

表現がますます多様化し、ジャンルの境界も曖昧になってきている現在。流行りに流されず、地に足のついた作品を作りつづける人たちと一緒に、新しい表現を考える場になることを願っています。まだ「途中の人」で構いません。5年後、10年後を見てみたくなるような、可能性をもった人の作品を求めています。

平面に描かれたラフなスケッチがまるで
意志を持って立ち上がったかのような
鮮やかなコバルト色のラインの作品が特徴の、
スウェーデン在住の陶芸家マリアンヌ・ハルバーグの
1点ものの作品を中心とした展示・販売イベントが
新宿伊勢丹にてスタート。

陶芸作品の他に、マリアンヌのテキスタイルを使った、
バッグやポーチ、靴下などの新作アイテム、
瀬戸の窯元で仕上げた箸置きや、
手ぬぐいといった日本らしいアイテムも揃います。

London College of Fashion、文化ファッション大学院大学卒業後、企業デザイナーを経て独立した楠原麻由による《koll》。Alexander McQueen、Vivienne Westwood、ELEY KISHIMOTOのデザインチームにて経験を積んだ山本奈由子による《tactor》。アシスタントデザイナーや広告会社での勤務を経てデザイン事務所を立ち上げた三上司による《TSUKASA MIKAMI》。イギリス・ロンドンでの経験と日本企業での経験両方をバックグラウンドに持つ3人が描く「next view」とは?

期間中は、2018年秋冬新作の展示・受注会の他、各ブランドのイメージに合わせた花(オリジナルテキスタイル付き)やカクテルを販売する、「next FLOWER SHOP」、「next BAR」を併設。それぞれのブランドの世界観をお楽しみください。

2018 年 4 月 7 日(土)に開幕を迎える企画展《中井精也 鉄道写真展 笑顔あふれる「ゆる鉄」ワール ド》の関連展示として、アートギャラリーにおいて観覧無料の特別展示《中井精也「東急田園都市線開 業 50 周年記念 DT moment」》の追加展示が決定いたしました。
タイトルにある「DT」とは、東急田園都市線の公式路線記号のことです。2016 年、東急田園都市線の 溝の口~長津田間開業 50 周年を記念して中井精也が撮り下ろした作品「DT moment」より、「沿線で見 つけた輝く瞬間」を捉えた写真約 20 点をご紹介します。
沿線の人々に愛され続けてきた田園都市線の姿。そして、見慣れた風景の中に隠されたドラマチック な瞬間。風景や人など、鉄道にかかわるすべてのものを被写体とする中井精也の「ゆる鉄」写真を通じ て、「鉄道のある日常」に今一度思いを馳せてみませんか。

※中井精也の「DT moment」は、東急田園都市線が開業 50 周年を迎えた 2016 年に、たまプラーザ駅で開催 された写真展において初公開され、その後、写真集として出版されました(出版社:東急エージェンシー)。

DKSH ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:マイケル・ロフラード)は、ドイツの筆記具メーカー・ラミー社の定番モデルの2018 年限定色『ラミー アルスター ヴァイブラントピンク』を2018 年4 月4 日よりフラッグシップストアであるLAMY Tokyo Aoyama、銀座・伊東屋G.Itoya、伊勢丹 新宿本店 5F パーソナルルーム・ステーショナリーにて一般店舗に先駆け先行発売いたします。
『ラミー サファリ オールブラック』は5 月2 日より同3 店舗にて先行発売いたします。全国の百貨店および筆記具専門店ではそれぞれ先行発売の約一か月後から発売となります。

これからの地域産業にはブランディング力を。ブランディングにご興味のあるビジネスパーソンの方々を募集いたします。
全国各地の様々な地域産業ブランディングを手掛けるアートディレクターの(株)cosmos 内田喜基氏をお招きし、石川県内でものづくり、ブランドづくりに興味のある方、伝統産業、地場産業、企業ブランディングに関わる皆さまをはじめ北陸で活躍するクリエーターの皆さまを対象としたセミナー&ワークショップです。

場所:石川県地場産業振興センター(金沢市鞍月2丁目1番地)
定員:20名(定員に達し次第締め切らせていただきます。) 
参加費:無料(要事前予約)

お申込み:oubo@kaigan05.com 
セミナー事務局 有限会社KAIGAN(担当:中村)
※お申込の際には氏名・事業所名・所属部署・役職・電話番号を記載してください。

●日時 2018年4月15日(日)12時−17時
★ワークショップタイム:12時−16時
どの時間にお越しいただいても、自由にワークショップにご参加いただけます。(ダンス、音楽、影絵は、パフォーマンスのリハーサルのため15時30分まで。)
★パフォーマンスタイム:16時−16時30分
アーティストと参加者(希望者)でパフォーマンスする時間です。その日のうちに自分の好きな方法でヒョーゲンしてみましょう!(ご観覧のみもOKです。)

●場所 VACANT(東京都渋谷区神宮前3-20-13-2F)

●入場料 こども無料、おとな1,000円
こどもからおとなまでお楽しみいただけるワークショップがズラリ!
1講座500円〜、各ワークショップブースにて、別途ご参加費をお支払いください。

●ワークショップ&パフォーマンス
・青山健一(美術家)「絵の家で遊ぼう」
・アトリエウルトラジャム(菓子職人)「アイシングクッキーワークショップ」
・久保田吟水(書道家)「余白を知る、書のワークショップ」
・津村耕佑(ファッションデザイナー/アーティスト)「雑誌でドレス作ってファッションショー!」※ご予約制
・篠崎芽美(ダンサー)「はじまりのダンス」
・東泉一郎(デザイナー)「あやつり人形と巨大影絵ワークショップ」
・ミドリのマル(ミュージシャン)「ミドリのマルと音遊び」

2018年、10年ぶりに開催決定!
テーマは『しるしの価値-The value of the sign-』 2018年4月1日より募集開始!

一般社団法人未来ものづくり振興会(所在地:愛知県名古屋市 代表理事:舟橋正剛)は、新しいプロダクトのデザインを募る「11th SHACHIHATA New Product Design Competition(シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティション)」を開催します。シヤチハタ・ニュープロダクト・デザイン・コンペティションは、シヤチハタ株式会社が1999年から10回にわたり開催してきた、プロダクトデザインのコンペティションです。

ページの先頭へ