Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします

今年も傘の季節がやって来ました。これで9シーズン目となります。昨年同様、代々木八幡のケースギャラリーでの開催です。今年の傘も色柄が炸裂しています。試作の生地が事務所に届いた時、客観的に見るとこれらが傘の為のテキスタイルには到底見えないなあと、我ながら。もはや傘というよりも「色柄が雨を遮る様なもの」と化しています。もともと、憂鬱な雨の日に「これをさして出かけよう!」と、気持ちがパッとなる傘を!という思いで作り始めた傘です。その気持ちは9年経過しても変わりはなく、少しはさまになって来たのではないかと思っています。
柄の無い、プレーンでニュートラルなものが飽きることなく、長く使えると言われています。確かにそうだな、とも思いますが、気に入った色や柄のものがずっとそばにあったらこんなに幸せなことはないと思います。色や柄を、流行を反映するキャッチーなものとしてではなく、長期の嗜好に耐える為のものとして。そういうものを、僕は作っていきたい。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

鈴木マサル

開催期間:2019年6月8日(土)-2019年7月15日(月)
開催時間:10:00-21:00 ※施設・イベント内容によって異なります。
開催場所:「メッツァビレッジ」内
イベント参加費:無料
イベント詳細 URL:https://metsa-hanno.com/event/2330/



森と、湖と、アンブレラと。

「森から湖にかかる虹」をテーマにメッツァビレッジにて日本最大級アンブレラスカイ・プロジェクトを実施。デザインはmarimekkoやCAMPERなど世界的なブランドデザインも手がけるテキスタイルデザイナー鈴木マサル氏が担当。

株式会社ムーミン物語(本社:埼玉県飯能市/代表取締役社長:渡邊 基樹/以下ムーミン物語) は、2019 年 6月8日(土)から7月15日まで、森(メッツァ)の中に約1000 本の傘と鮮やかな色柄の道の演出を日本最大級のアンブレラスカイ・デザインプロジェクトを実施いたします。

日本大会を勝ち上がった8名の日本代表選手が、世界各国の代表選手と戦います。
アートのeSports?いや、これはクリエイティブスポーツだ!
20分間目が離せない、アートの世界一決定戦!

アートをもっと身近に、全てのアーティストが輝ける舞台を創るためはじまったこの「リミッツ」は、単なるエンターテイメントではなく、タブレットやデジタルガジェットを使用したクリエイティブスポーツへと進化します。

建築倉庫ミュージアムでは、5月22日(水)〜9月1日(日)「Wandering Wonder-ここが学ぶ場-」を開催いたします。

学びの場、育ちの場と聞いて、どんな場所を思い浮かべるでしょうか。幼稚園、小・中学校、高等学校、大学、図書館、美術館…。戦後の民主化とともに日本の教育施設と生涯学習施設は大きく発展を遂げてきました。近年は、少子高齢化、都市部への人口集中、グローバル社会、ワークライフバランス推進、学校教育における授業時間数の変更が及ぼす影響などといった社会テーマに伴い、廃校の利活用、地域の人材・資源活用、アクティブラーニング、社会人の学び直しやボランティア活動、ミュージアム施設の役割充実化など、教育や生涯学習のニーズにも変化がもたらされ、それらにまつわる建築空間も多様化してきました。

株式会社エイトブランディングデザインは、「リスクを取る企画屋」として、福岡を中心に数々のユニークなローカルプロジェクトを立ち上げている、株式会社ブルースカイ 代表取締役の貞末真吾氏をお招きし、トークセミナーを開催致します。

メーカーズシャツ株式会社 常務取締役という肩書きから心機一転、2012年に福岡に移り住んだ貞末氏。福岡の街を楽しくするプロジェクトの1つとして、2018年に立ち上げた『動くスナックアポロ号』は、レトロなディーゼルバスを活用し九州一周キャラバンを行うなど、向かう先々で大人にも子供にも歓迎され話題に。小さな空間で身を寄せ合いながら飲み歌う車内では、初対面でも自然と会話がはずみ、新しい人と人との繋がりを広げています。当日は 貞末氏の“おもしろい!” プロジェクトを仕掛けるアイディアのつくりかたついてお伺いします。お楽しみに!

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『FINAL FANTASY XV の人工知能 - ゲームAIから見える未来』を全国の書店を通じて刊行します。

【概要】
書籍名:FINAL FANTASY XV の人工知能 - ゲームAIから見える未来
刊行予定日:2019年5月下旬
制作:スクウェア・エニックス
定価:3,200円+税
ISBN:978-4-86246-446-0
サイズ:B5版(182 x 257 x 16 mm)
ページ数:248(カラー)
発行・発売:株式会社 ボーンデジタル

オーストラリアの画家・映像作家、ショーン・タン(1974〜)は1999年に刊行した初めての絵本『ロストシング』を元に2010年に短篇アニメーション映画を発表し、アカデミー賞の短篇部門の賞を受賞しました。2006年に発表した文字のないグラフィック・ノベル『アライバル』は、大きな反響を呼び、23の言語で刊行されています。日本でも、その独自の世界観と表現方法で、熱狂的なファンを獲得しました。本展は、タンの全面的な協力のもとに開催される日本初の大規模な個展となります。最初の絵本から最新作まで、彼の緻密で壮大な創作の秘密を解き明かします。

展覧会公式サイト 
http://www.artkarte.art/shauntan/

一般社団法人ミャンマー祭り(東京都江東区、代表理事:関口 照生)は、2019年5月25日(土)〜5月26日(日)に増上寺(東京都港区)にて開催される、リアルなミャンマーを紹介する文化交流イベント「ミャンマー祭り2019」のスペシャルプログラムとして、「日本・ミャンマー交流写真展」を開催します。
本写真展の開催に伴い、ミャンマーの歴史、文化など、あなたが見たミャンマーの写真を2019年4月30日(火)(当日消印有効)まで募集しています。

▼日本・ミャンマー交流写真展作品募集ページ
< https://www.myanmarfestival.org/application-requirements/ >
ぜひご応募をお待ちしております!

富山デザインコンペティションは、1994年(平成6年)に全国初の「商品化」を前提としたデザインコンペとしてスタートし、これまでに多くのヒット商品を生み出してきました。商品化の背景には、必ずデザイナーと企業との間に良好な「関係」がありました。そして私たちは、その「関係」づくりこそがデザインコンペで得られた大きな財産だと考えています。
「賞を取ったら終わり」ではなく、富山のデザインコンペをきっかけに、企業とデザイナーが共に歩みだし、「ロングライフな関係」で結ばれる。富山デザインコンペティションは、これからもそんなコンペでありたいのです。
富山のコンペは、賞を競いながらも、その後の商品化を含めたパートナーを探す「企業とデザイナーの出会いの場」と私たちは考えています。
26回目の開催となる今回は募集領域を拡大し、商品だけではなく、新たにプロジェクトプランも募集いたします。

詳細は、ウェブサイトからご確認ください。
https://dw.toyamadesign.jp/compe-list/#post-1307

生き生きとした動きの秘密はスケッチにあった! 「はじめて人物を描く」方のために、ベテランアニメーター立中順平氏が、やさしく解説!! 書籍『ポーズが描ければ 動きも描ける たてなか流クイックスケッチ』刊行

5月10日(金)〜5月25日(土)イタリア文化会館 エキジビションホールにて開催

イタリア政府機関であるイタリア文化会館は、イタリアの文化を日本に紹介する文化普及事業の一環として、5月10日(金)から25日(土)までの16日間にわたり、ヴェネチアングラス(ムラーノグラス)の伝統的な技法に依拠しつつ、まったく新しい作品を現代に送り出しているアーティスト、ミケーラ・カッタイの作品約40点を紹介する展覧会を、同会館エキジビションホールにて開催いたします。展示作品は、すべて日本初公開となります。

伝えたいことは言葉で言う?それとも絵で?ダンスで?音楽で?
伝えたい気持ちって、どんな方法で もヒョーゲンできる。
第一線で活躍するアーティストが原宿 VACANT に集結してこの日、子どもたち、そして大人たちのためにオリジナルのワークショップを開催。

\講座受講者募集!/
大手企業の様々な商品パッケージから地域ブランディングまで、幅広く対応できるスキルが身につきます。
『パッケージデザイン講座』

●講師 内田喜基
http://www.cosmos-inc.co.jp/html/index.html#/
https://creatorsvalue.jp/special/02uchida/

coromoza,FashionStudies™は、東京にてコレクションを発表したデザイナー達とジャーナリスト、編集者、ファッションウィークの関係者をお呼びして終わったばかりのファッションウィークを振り返る「座学013 2019 年秋冬東京コレクションを振り返る」を開催します。

◆ファッションウィーク直後に、デザイナーとジャーナリスト・編集者・ファッションウィーク関係者・そしてファッション好きが一堂に会する唯一無二の場。
・毎回デザイナーへのジャーナリストによる直撃インタビューなど、コレクションの内容や裏話が満載。
・そして登壇者みんなで考える東京のファッションを盛り上げる秘策など、他では聴けないディープで濃密
な時間。

MODERN TWIST SIGNS は、サンフランシスコの手描き看板店 NEW BOHEMIA SIGNS ( ニュー・ボヘミア・サインズ ) のオーナーであるデーモン・スタイヤー氏をお招きし、ワークショップを開催いたします。
NEW BOHEMIA SIGNS は1992年からサンフランシスコの街を彩り続けるサインショップです。
デーモンの描くサイン(看板)は地元の人々から厚い信頼を得ており、実際にサンフランシスコの街を歩くと、沢山の場所で彼のペイントしたサインを見ることが出来ます。
彼はサンフランシスコのショップでも定期的にワークショップを行いながらペインターの育成に努めています。初来日となる今回のワークショップが、日本の皆様にとって良い機会となることを願っております。

詳細・お申込み https://setagaya-school.net/event/8361

印刷物は、数多くの分業で成り立ちます。その内の一つでも、欠くことは出来ません。監督の下、各分業は粛々とその役割りを果たします。彼らは、仕上がるもののイメージを頭に描いたにしても、寡黙で自分の仕事を越えた言葉を口にすることはありません。

銀座 蔦屋書店でこの度、『Pastel wind』という1冊の写真集の制作に携わった職人の方々を一堂にお招きし、トークイベントを開催致します。普段は聞くことが出来ないこと、各職人の方々ご自身の領域を越えた内容まで含め、様々なお話を伺います。

服作りに特化したアトリエスペース「andMade北参道」では、2019年7月12日(金)から7月28日(日)まで、
イラストレーター空間金魚さんによるEXHIBTION『andMade北参道×空間金魚 HIDETOSHI MINAMATA』を開催します。

空間金魚HIDETOSHI MINAMATAさんは、各地イベント出展を軸に活動し、
過去には『キングダムハーツIII』、『ロックマン9 復活の野望!!』、『ロックマン10 宇宙からの脅威!!』などゲームの2D背景デザインを手掛けてきたイラストレーター。
本展では、空間金魚さんの人気作品『絵本のような漫画あかとくろ』シリーズや、これまでに描いてきた作品や新作を展示予定。

服作りに特化したアトリエスペース「andMade北参道」では、2019年4月27日(土)から5月12日(日)まで、
世界中の路上や店先で放置されている段ボールから、財布を作り注目を集めている島津冬樹さんによる「Carton Spring Collection 2019」を開催します。
「不要なものから大切なものへ」をコンセプトに、2009年より路上や店先で放置されている段ボールから、財布を作るCartonをスタート。
日本のみならず、35カ国以上を周り段ボールを集めては財布を作ったり、コレクションをされています。

場所 Shibuya Hikarie 8F CUBE 1,2,3
時間 11:00~20:00
会期 2019年5月21日(火)〜2019年6月2日(日)
料金 無料

主に雑誌や広告で活躍するフォトグラファー板山 拓生による個展。
東京の伝統工芸士を各々の工房で撮影した写真と、彼等の手で作られた伝統工芸品の写真と実物を展示。普段なかなか見る機会のない工房の様子と職人の技術の高さを知ることができる。
近年、伝統工芸は2020年のオリンピックやクールジャパンで注目を集めている。

“besign”talk meeting は、デザインを経営に取り入れている経営者・ビジネスオーナーとビジネスに正面から向き合っているデザイナー・クリエイターとを交互にゲストにお招きし、クリエイティブディレクター/ブランドデザイナーである佐野彰彦(株式会社それからデザイン代表)が「ビジネスとデザインのあいだ」に切り込んでいくトークイベントです。

 SUNAOKUWAHARA DESIGNS Inc.は、SUNAOKUWAHARA(スナオクワハラ)の2019 SPRING/SUMMER COLLECTIONポップアップショップを、4月10日(水)から4月16日(火)まで松屋銀座3階中央特設スペースにて開催するのを皮切りに、全国の百貨店などで開催します。

服作りに特化したアトリエスペース「andMade北参道」では、2019年3月30日(土)から4月21日(日)まで、数多くのテレビ出演で話題のハンコアーティスト安東和之さんによる「スーパーハンコアートの世界」を開催しております。

本展では、過去に話題を集めた80,000回を超える押印で制作した大作『絶望の契約』の再展示や、
本展のために描き下ろした新作も展示。更に、今回初めてグッズ販売、オーダーメイド受注も展開します。
初めてのグッズ販売という事で、安東さんが作ってみたかったものを、andMadeが全力で制作サポート!

104GALERIEは、2019 年4 月13 日から5 月19 日の会期にて、ドイツ・ベルリンを拠点に活動する作家、ピウス・フォックスの日本初個展「Der Trommer」(太鼓たたき) を開催いたします。本展では、グリム童話の” 太鼓たたき” からインスピレーションを受け、部分的に作品に反映させた最新作〜近年の作品を中心に約30 点ほどの中小型ペインティング作品を104GALERIE-R にて展覧いたします。

グラフィックデザインの力で東京をひとつに。

株式会社Francfranc(本社:東京都渋谷区、代表取締役 社長執行役員 眦膂衂廖砲展開するインテリアショップ『Francfranc(フランフラン)』は、アートディレクター千原徹也さん(株式会社れもんらいふ 代表)が立ち上げた、グラフィックデザインの力で東京を盛り上げるプロジェクト「KISS,TOKYO(キストーキョー)」に賛同し、コラボレーションした商品を4月26日(金)から、
全国のFrancfranc※1、Francfranc オンラインショップにて順次販売します。

※1:一部お取り扱いのない店舗がございます。Francfranc BAZARではお取り扱いがございません。

What’s KISS, TOKYO ?

東京を愛する人たちの想いをアイコンで表現し、ムーブメントを生み出すプロジェクト。
発起人はアートディレクターの千原徹也(株式会社れもんらいふ代表)、マーチャンダイズプロデューサー秋山真哉(株式会社エース・マーチャンダイズ代表)により、2017年にプロジェクトがスタート。東京が好き!という気持ちやアクションを “キスマーク”アイコンに置き換えて千原がデザイン。
2018年11月には「シブヤ・アロープロジェクト」に参加。このプロジェクトは、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を控え、災害時の避難経路を外国人を含めた多くの来街者に言語や文化を超えてわかるデザインやアートで表現する渋谷区の施策で、KISS,TOKYOデザインのパブリックアートは渋谷神南地区8カ所に設置されている。

KISS,TOKYOオフィシャルサイト:http://kiss.tokyo/

ATELIER MUJI GINZAは、MUJI HOTELフロントと同じ6Fにて、
ものづくりやデザインにまつわる様々なテーマの展覧会やイベントを開催する2つの「Gallery」、
おいしいコーヒーやお酒を飲みながら人が語らい集う「Salon」、
デザイン・アート関連の書籍を揃えた「Library」、
イベントやワークショップを開催する「Lounge」を展開します。

オープニング企画では、「栗の木プロジェクト」の名のもとに、デザインの可能性を探る試みとして2つの展覧会を同時開催いたします。

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)は、様々なジャンルや国籍のクリエーターへ滞在制作の機会を提供しています。本展では、2017~2018年にTOKASから海外の提携機関へ派遣されたクリエーターと、TOKASに招聘された計14組のアーティストがレジデンスでの経験をもとに発展させた成果作品を紹介します。これから何かが起きるかもしれない予兆が、ぼんやりと輪郭を得てかたちになろうとする瞬間の表現を試みる彼らの作品にご期待ください。

2019年04月03日(水)〜04月27日(土)

シェアツイートURLコピー 日本各地が桜の花でにぎわう4月、TDCの季節がやってきます。
東京タイプディレクターズクラブが主催する国際アニュアルコンペティション「東京TDC賞2019」の成果をご覧いただく本展では、グランプリをはじめ受賞10作品やノミネート作品など、タイポグラフィを軸にしたグラフィックデザインの優秀作品150点あまりを展覧いたします。今年も洋の東西や世代を越えた幅広いジャンルの作品が集まり、タイポグラフィシーンの最前線を感じさせるバラエティに富んだラインナップとなりました。
http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/

ニューヨークの日常に溢れるデザインに新たな視点を提案

私たちの身の周りにはさり気なく日常の生活で瞬時に認識できる物が多くあります。それら一つでは物足りないとしても、コレクションとして集めると、ニューヨークを象徴する風景の1つとなることもあります。 「Anthora (アンソラ)ギリシャ柄のコーヒーカップ」、メトロカード、工事中の壁グリーン合板に刻まれた『Post No Bills』のサイン。
あまりデザイン業界では注目されることが少ないですが、ニューヨークを象徴する風景として認識出来るはずです。これらのデザインはどこにも属しません、都市全体に長期間属し、そのイメージを築き上げ、日常的に認識されるものへと溶け込んでいったのです。
 
この本はそれらの物の1つ、多様なデザインを表現するキャンバスとなった使い捨てビニール袋についてです。デリバリーの電動自転車のハンドルバーからぶら下がっているのを見かけるでしょう。または葉のない木にもつれているかもしれません。自転車に乗る人の革製のサドルにまきつかれていたりもします。

北海道で活躍する
若手写真家グループ
”Hidden Tracks"による
コンセプチュアルアート展
【 CHANGING 】
平成から新元号へ。
変わらないもの。
変わり続けていくもの。
8人の撮り手が
CHANGINGという
一つのテーマを元に作り出す
それぞれの世界観をご覧下さい。

会期 2019年5月3日〜5月6日
時間 9:00-22:00 5/6のみ19:00終了
場所 札幌市民交流プラザ 2F
SCARTSモール
札幌市中央区北1条西1丁目

ページの先頭へ