Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします

イラスト・デザインコンテストのプラットフォームARTEE(アーティー)を運営する株式会社ARTEE(本社:岡山県岡山市、 代表取締役:大西 徹、 以下ARTEE)は、 この度、 岡山市と協働で、 市民に文化芸術を身近に感じてもらうとともに、 アーティストの可能性を拡げるための取り組みとして、 「文学創造都市岡山イラストコンテスト」を実施します。

写真は目の前に見えているもののみならず、その場所に潜む見えない何かをとらえています。雄大なランドスケープや身近な街の風景、何気ない日常生活の一場面をとらえた写真が、その場所の歴史的、社会的な背景や、そこに流れてきた膨大な時間、記憶の痕跡を想起させます。「見えるもの」と「見えないもの」とは、写真のみならず、芸術における根源的なテーマでもあります。

本展はそうした写真の見えないものをとらえる力に着目し、前橋をはじめとする群馬全域、さらに広域にわたるエリアを作家それぞれが独自の視点でとらえ、多様な手法を用いて表現した最新作を含めて構成しています。見過ごされているものや、場所が内包するものへと眼差しが向けられていくことで、見慣れた自然や街、日常の風景の中に潜在的な景色が現れてきます。

萩原朔太郎没後 80 年となる 2022 年に「萩原朔太郎大全 2022」と題して、全国各地の 52 か所の文学館、美術館、大学等で萩原朔太郎をテーマとする展覧会が開催されます。アーツ前橋では「萩原朔太郎大全 2022」の参加企画として、1F ギャラリーで「朔太郎と写真」を開催します。
萩原朔太郎にとって「写真」とは、「言葉」の他に詩心を表現するもうひとつの手段でした。17 歳で初めてカメラと出会って以降、生涯を通じてカメラは常に朔太郎とともにありました。本展では、朔太郎自身が撮った前橋を中心とする風景写真や、朔太郎の詩や写真などに触発されて制作された写真作品を紹介します。「写真」という「詩」以外の側面からのアプローチによって、朔太郎の人物像に迫っていきます。
https://www.artsmaebashi.jp

ギャラリーでの初個展です。
心の中の光も闇も、目をそらさないことで瞳は深く優しくなっていくのかな...と思います。
よろしくお願いいたします。イラストレーションを展示。

◎開催情報
会場:gallery DAZZLE 東京都港区北青山2-12-20-101
http://gallery-dazzle.com
会期:2022年11月22日(火)〜11月27日(日)
時間:12:00ー19:00(最終日17:00)

中垣さんが先日、出生届を市役所に出しにいきました。
すると担当の方が中根さんという方でした。
絵でつながり、こどもをとおしてつながり
展示をとおして、いろいろな人とつながっていく気がします。
みなさんとゆっくりお話しできるのを楽しみにしています。
イラストレーションを展示。


クレパスをつかった、イラストの描き方をやさしく解説。

チクチクしたハリネズミや、ふさふさのヒマラヤン、もこもこのアルパカなどのかわいいどうぶつ、こんがり焼けたパン、色鮮やかなフルーツなどのおいしいたべもの、お気に入りのあたたかいセーターなど、お手本を見てマネするだけで、プロのような絵が描けるようになります。
ぐりぐり、のびのびと描くだけでも楽しいクレパスですが、色を混ぜたり、重ねたり、クレパスならではのテクニックをつかうと、表現の幅がぐんと広がります。子供から大人まで楽しめる一冊です。

発売日:2022/11/04
出版社: 誠文堂新光社
定価(本体+税): 1,900円+税
ISBN:978-4-416-62215-5


Amazon
https://amzn.asia/d/26TfoMu

楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/17289242/?l-id=search-c-item-text-01
※楽天ブックス限定特典 
『特製スマホ待ち受け画像』
■特典対象期間 2022/11/30(水)11:59:00までにご購入いただいたお客様に特典を配信致します。

誠文堂の直売所
https://seibundo-store.com/collections/art-design/products/62215

「POETRY−詩によりそう−」
詩人平岡淳子さんから一篇の詩が提供され、6名のイラストレーターが描き
その絵から次の詩が読まれ、それをまた描くという往復書簡のように
詩と絵が折り重なってゆきます。
6名それぞれに違う展開になってゆきます。

キヤノンは、デザインオンラインセミナー「Meet-up Canon Design 2022」を2022年12月1日(木)および12月13日(火)に開催します。(参加費:無料)
「EOS R7」などのカメラ、プリンター、医療機器など、「グッドデザイン賞」受賞製品をはじめとする最新のデザイン事例について、ユーザー視点から生まれたデザインの魅力などをキヤノンのデザイナーが語ります。
また、デザインリサーチの手法を用いて、未来に必要な価値を探求する取り組みもご紹介します。

セミナーの申し込みは1日単位となりますが、入退室は自由です。なお、各セミナーの後半では、参加者からの質問にデザイナーが答える質疑応答の時間も予定しています。
キヤノン製品のデザインにご興味がある方、創造力を高めるスキルの習得に関心がある方など、多くの方々のご参加をお待ちしています。

目には見えない感覚を作品上に表わそうとしています。モノクロ写真作品でそのテーマを追求していましが、カラーの油彩作品へとシフトチェンジして2回目の油彩作品の個展です。
感覚の漂いを感じていただければ幸いです。
キャンバスに油彩作品を展示します。

「五感がまじりあった感覚の領域を深い暗示として、作品上に表そうとしています。ギリシャ彫刻やクラシック音楽のように輝きを失わない永続的なもので、
普遍的要素が含まれていなければならない。」花木テンミ

東京パラリンピックが終わって一年。
パラ競技への注目の機会が減り、支援金の低下に悩んでいます。
パラ競技の意義は「共生社会を実現すること」。
活動を通じてこの目標に向かいたい。何か良い手立てはないものだろうか。
そんな中、広告会社である電通デジタルでデザイナーをしている方からアイデアの提案がありました。
「大企業のスポンサードロゴのように、支援する個人の名前がパラアスリートの服に掲載される仕組みで支援を可視化すれば、もっと幅広い人がわくわくして応援してくれるのではないでしょうか?」
この提案に共感した私たち連盟は電通デジタルさんと一緒に、クリエイティブとテクノロジーの力を使い、誰でも簡単に自分のロゴが作れる仕組み「個人スポンサー制度」を作りました。
支援者の想いが込もったロゴはパラアスリートの服に掲載され、美しく集まり、パラアスリートに勇気を与えてくれます。同時にそのロゴは、アスリートが活動するための資金も生み出します。支援者も自分の支援が可視化されるので、支援する人も支援される人も互いにハッピーになる形を目指していきたいと思います。

https://readyfor.jp/projects/people-sponsored-logo

この度 COMPLEXBOOST は、三澤亮介の新作個展『Give my regards to BLUE.』を開催致します。
三澤亮介は、1992 年福井県生まれ。広告代理店を経て写真家デビューしたのち、2020 年より現代アーティストとしての活動を本格 化。今年は、国内最大級のアートとカルチャーの祭典「MEET YOUR ART FESTIVAL 2022 ‘New Soil’」やスイスのVOLTA BASEL、韓国のアートフェアKIAF Plusなど国内外にわたり飛躍的に活動を行なっております。
本会場で開催される展覧会は、これまで三澤の主要な個展で発表してきたデジタル作品ではなく、ペインティングを中心とした構成となっております。三澤がこれまで影響を受けた映画や写真などの作品からオマージュした架空の映画『Give my regards to BLUE.』をテーマとし、その劇中に登場する人物のポートレート写真を三澤自身が撮影するというルールのもと制作を行った作品です。登場人物のキャスティングは、三澤が多様な人種や性別の写真素材を複数集め、それを解体、合成、再構築することで新たな人物を作り出し、人種や国籍、性別を問わない存在(=Them)として架空の3人が登場致します。展示作品は、その映画で撮影されたThemのポートレート写真となっております。

大竹伸朗(1955-) は、1980年代初めにデビューして以来、絵画、版画、素描、彫刻、映像、絵本、音、エッセイ、インスタレーション、巨大な建造物など、猛々しい創作意欲でおびただしい数の仕事を手掛け、現在にいたるまでトップランナーであり続けてきました。


会期会場:2022年11月1日(火)〜2023年2月5日(日) 東京国立近代美術館
開館時間:10:00-17:00(金・土曜は10:00-20:00)*入館は閉館30分前まで
休館日:月曜日(ただし1月2日、1月9日は開館)、年末年始(12月28日–1月1日)、1月10日(火)
お問い合わせ:050-5541-8600(ハローダイヤル)
展覧会公式サイト:https://www.takeninagawa.com/ohtakeshinroten/
巡回展:
愛媛県美術館 2023年5月3日(水・祝)〜7月2日(日)
富山県美術館 2023年8月5日(土)〜9月18日(月・祝)[仮]

「NO ART NO JOY 展」は、今回10回目としてFINALの展示がはじまります!
This time End of exhibition activities.
Thank you very much for your time.イラストレーションを展示。

◎開催情報
会場:gallery DAZZLE 東京都港区北青山2-12-20-101
http://gallery-dazzle.com
会期:2022年11月1日(火)〜11月6日(日)
時間:12:00ー19:00(最終日17:00)

◎作家名:福王寺新一、北原かずこ、ue☆

一坪の小さなスペースに
抽象画、陶製オブジェを展示します。

2020年に行った個展「su ga ta 」の第2回目になります。
前回は「衣」という無機体が語りかけてくるような感覚を、作品にのせ発信しました。
今回は「人」を対象に、語らなくとも感じる感覚を作品にのせ発信します。

junko oishi exhibition
す が た
絵 & オブジェ

2022.11.1(火)-11.6(日)
13:00-19:00(最終日-17:00)
東京都中央区銀座1-9-8奥野ビル207
Atelier Olive 銀座ひとつぼギャラリー
https://www.facebook.com/AtelierOlive207/

OPEN SITEは、あらゆる表現活動が集まるプラットフォームの構築を目指し、2016年より始まったトーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)の企画公募プログラムです。7回目となる2022年度は、135企画の応募の中から展示部門5企画、パフォーマンス部門2企画、dot部門2企画を選出しました。さらにTOKAS推奨企画と普及プログラムを加えた合計11企画を実施します。10/22(土)から始まるPart1では、展示部門の菅実花、米澤柊、Excitation of Narratives(伊阪 柊+竹内 均+玄 宇民)、パフォーマンス部門の前田春日美+豊島彩花、dot部門のサトウアヤコによる企画を実施します。これまでにない表現を探求し、創造の場を作り上げていく意欲に満ちた企画に、ぜひご期待ください。

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)では、クリエーターの制作支援や文化的交流の促進を目的に、海外の都市や文化芸術機関、レジデンス施設等とクリエーターを相互に派遣する「二国間交流事業プログラム」を実施しています。
新たに2024年度にロサンゼルスで約3ヶ月滞在制作を行うクリエーターを募集します。
本プログラムは、派遣先の18th Street Arts Centerが、拠点を置く南カリフォルニアのサム・フランシス財団からの助成を得て、美術家サム・フランシスの創作発展に影響を与えた3都市(東京、メキシコ・シティ、パリ)とロサンゼルスのアーティストを相互に派遣する交流プログラムです。派遣・招聘クリエーターは、東京やロサンゼルス滞在中にそれぞれが住む都市やアートシーンの紹介などを通じた交流を行います。
応募締切は、2022年11月1日(火)まで。ご応募、お待ちしております。

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)では、クリエーターの制作支援や文化的交流の促進を目的に、海外の都市や文化芸術機関、レジデンス施設等とクリエーターを相互に派遣する「二国間交流事業プログラム」を実施しています。
2023年度は、バーゼル、台北、ヘルシンキ、ケベック、エディンバラ、ブリュッセルの6都市で約3ヶ月〜6ヶ月間の滞在制作を行う派遣クリエーターを各1名募集します。応募締切は、2022年11月1日(火)まで。ご応募、お待ちしております。

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)のレジデンス・プログラム「国内若手クリエーター滞在プログラム」の募集を開始します。
2023年度に新設する本プログラムでは、ヴィジュアル・アート、映像、デザイン、建築、キュレーションの分野で3年以上活動する日本在住の若手クリエーター2名を募集します。この2名は、同期間に滞在する「キュレーター招聘プログラム」の参加者と対話し、アドバイスを受けながら、他の海外クリエーターとの交流を通じてそれぞれ個別に制作活動を行います。また、その成果をTOKASレジデンシーで滞在終盤に開催されるオープン・スタジオなどで発表します。応募締切は、2022年11月1日(火)まで。ご応募、お待ちしております。

デザイナーからのテーマに対するデザイン提案募集を開始
募集期間は9月1日(木)〜10月30日(日)、テーマ企業による説明会を10月1日(土)に開催

東京都内の中小企業活性化策として東京都が主催し、公益財団法人日本デザイン振興会が企画・運営を行う東京ビジネスデザインアワードは、本年度のアワードの「テーマ」として選出された10件を発表し、デザイナーからの提案応募受け付けを開始します。

本年で11回目となる東京ビジネスデザインアワード(TBDA)は、都内中小企業が持つ独自の技術や素材を「テーマ」とし、このテーマを活用した新規用途開発やビジネス全体のデザイン提案をデザイナーから幅広く募る、企業参加型のデザイン・事業提案コンペティションです。


▼東京ビジネスデザインアワード ウェブサイト
https://www.tokyo-design.ne.jp/award.html

18年目となるこの3人展、毎年テーマを決めて取り組んでいます。
コロナが少し落ち着いていた春先に、横浜の南インド料理を突きながら「音楽ってどう?」「いいですねー」と言った感じでこのお題となりました。
ロックが大好きな信濃、ロックはもちろんいろんな音楽に精通している田澤、彼らに抵抗するわけではないけどサザンと歌謡曲ばかりの山崎、果たしてどんな展覧会になるのやら。よかったら覗いてみてくださいね。イラストレーションを展示。

「ニューライフ」というテーマを自由に解釈、表現した展示です。
コロナがあって戦争があって、なにか世界的に価値観とかいろいろ大きく変化しそうな現状です。
これをどう生き、どう描くのか、新しい生活へと変わるような気がします。
イラストレーションを展示。

◎開催情報
会場:gallery DAZZLE 東京都港区北青山2-12-20-101
http://gallery-dazzle.com
会期:2022年10月18日(火)〜10月23日(日)
時間:12:00ー19:00(最終日17:00)

・会   期 :2022年10月7日(金)〜11月5日(土)
        日曜・祝日休館(10月9日、10日のみ開館)
・開 館 時 間 :12:00〜19:00
        ※ 屋外展示は21:00まで照明が点灯されます
・会   場 :光村グラフィック・ギャラリー
        東京都品川区1‐15‐9 光村ビル1階
・主   催 :光村印刷株式会社
・協   力 :株式会社中川ケミカル
        萩原克奈恵(照明デザイン)
        株式会社東京スタデオ
        西村画廊
・入場無料

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)のレジデンス・プログラム「国内若手クリエーター滞在プログラム」の募集を開始します。
2023年度に新設する本プログラムでは、ヴィジュアル・アート、映像、デザイン、建築、キュレーションの分野で3年以上活動する日本在住の若手クリエーター2名を募集します。この2名は、同期間に滞在する「キュレーター招聘プログラム」の参加者と対話し、アドバイスを受けながら、他の海外クリエーターとの交流を通じてそれぞれ個別に制作活動を行います。また、その成果をTOKASレジデンシーで滞在終盤に開催されるオープン・スタジオなどで発表します。応募締切は、2022年11月1日(火)まで。ご応募、お待ちしております。

■「クレ・ド・ポー ボーテ」の限定記念品が、PENTAWARDS2022のBronze Awardを受賞

 資生堂クリエイティブ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本 尚美)は、当社がプロダクトデザインを手がけた株式会社資生堂のグローバルラグジュアリーブランド「クレ・ド・ポー ボーテ」が、PENTAWARDS2022のBronze Awardを受賞したことをお知らせします。


「資生堂2020年度創立記念品」も大賞に続く賞である金賞を受賞

資生堂クリエイティブ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本 尚美)は、当社がプロダクトデザインを手がけた株式会社資生堂のグローバルブランドである「BAUM」が、日本パッケージデザイン大賞 2023の大賞を受賞したことをお知らせします。

大賞は応募総数1060点の中で1作品のみが選出される最高賞です。BAUMの木製パーツは家具の端材のアップサイクル、レフィル容器やチューブは植物由来PETや紙を使用して樹脂量を削減しており、また樹木資源を未来につなぐために店頭で育てた苗木の植林活動をおこなっています。プロダクトデザインの審美性や機能性のみならず、このようなBAUMの活動の社会性も踏まえ、今回の受賞に繋がりました。
また、「資生堂2020年度創立記念品」においても、大賞に続き7作品のみが選出される金賞を受賞しております。

池田良太郎 写真展「暗い所から光を見ていた」を10/21(金)〜11/2(水)の約2週間、新宿眼科画廊にて開催致します。
https://www.gankagarou.com

タイメイ+アナベル二人展 陽と陰/白と黒
2022年10月4日(火)〜10月23日(日)
11:00〜17:00
月曜日は休廊
『ポジとネガの対比』写真と版画の二人展

GALLERY Jy
東京都港区北青山2-12-23,Uビル1F
https://www.galleryjy.com
jyk@air.ocn.ne.jp
03-3479-6422

世の中のそこかしこに、意図を持って存在する雲たちの物語。
イラストレーションを展示。

◎開催情報
会場:gallery DAZZLE 東京都港区北青山2-12-20-101
http://gallery-dazzle.com
会期:2022年10月11日(火)〜10月16日(日)
時間:12:00ー19:00(最終日17:00)

動物たちに囲まれて、心を癒していただきましょう。
イラストレーションを展示。

◎開催情報
会場:gallery DAZZLE 東京都港区北青山2-12-20-101
http://gallery-dazzle.com
会期:2022年10月4日(火)〜10月9日(日)
時間:12:00ー19:00(最終日17:00)


◎作家名:いしざきなおこ、熊谷奈保子、斎藤昌子、サクマユウコ、初谷佳名子

2022年9月12日(月) - 9月30日(金)



会場:2号館 1階 ギャラリースペース

開廊時間:9:00 – 22:00 会期中無休

ページの先頭へ