Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします

47年の芸能生活の中でシングル盤だけでも124枚を世に出してきた歌手、石川さゆり。
歌に登場する、それぞれの女性の心情を正確な描写で表現し、歌ってきました。
例えば「津軽海峡・冬景色」で石川さゆりが歌うのは、自ら別れを告げる自立した女。
例えば「天城越え」で歌うのは、愚かなまでに愛してゆく女。
歌手として124人以上の女性を歌ってきただけでなく、
舞台でも「愛八」や「蝶子」や「瞽女のたまえ」などたくさんの女性を演じてきました。
とはいえ、不思議なことに、そのすべてが「石川さゆり」なのです。
今回の展示では、歌手としてだけでなく、表現者石川さゆりのこだわりにスポットを当て、
歌や舞台に登場した女性像を軸に「石川さゆりのつくりかた」を解剖していきます。
あなたは、どの「石川さゆり」が好きですか。
もっと深く知りたいと思われたら、
彼女が選書した約100冊の本をお薦めします。

2019年4月6日(土) - 4月28日(日) 11:00-19:00
オープニングレセプション:4月6日(土) 18:00-20:00

VR(バーチャル・リアリティー)技術を手近な遊具のように用立て、造形可能世界のレイヤー と回路を無邪気に交錯させるアーティスト木村翔馬。さまざまな意匠や拵えを血肉化する目と 指先の融通無碍な運動性により、文字を変性状態に導くかのようなレタリングを駆使するグラ フィックデザイナーの鈴木哲生。そして、ゆるやかな筆致と形式逸脱的な思考によって、視覚 芸術の過去と未来を遊泳するイラストレーター山本悠。

春のかおり
風のいろ
空のかたち
すきな花をひとつ思い浮かべて
また春がやってきたよ

アートディレクターとして活動する一方で、積極的にアートワークも発表しつづける大谷有紀と、
コ サージュブランド「ラ・フルール」 を手がける岡野奈尾美。
二人のコラボレーションにより、 紙の新しい可能性を探るべく、紙を主役とした「花々」を発表します。
花のかおりをとじこめ、春の訪れを感じさせるような展示になります。
皆様ぜひ足を お運びください。

4/1(月)〜5/6日(月)学生によるアート作品を約85点展示

関西エアポートは、2018年より開催している大阪国際空港(伊丹空港)内に様々なアート作品を展示する『大阪国際空港アートプロジェクト』の一環として、美術系学科を有する関西の大学と行う産学協働プロジェクト「第一回 おおぞら展」を4月1日(月)から5月6日(月)まで開催します。

「おおぞら展」は、2020年夏までの期間、合計3回に渡り、アーティストやデザイナーを志す大学生に日頃の創作の成果を披露していただき、地域の方々との共生をめざす展覧会です。
記念すべき第1回目の今回は、「空港」をテーマに、大阪芸術大学、近畿大学、京都市立芸術大学、京都精華大学、神戸芸術工科大学に在籍する学生約50人が制作したアート作品を約85点展示します。
日本画や版画、テキスタイルをはじめ、デジタルサイネージを活用した映像作品や什器など、様々なジャンルのアートが大阪国際空港内に一堂に会します。

この度、3月21日(木)〜24日(日)の期間限定で、代官山 T-SITE GARDEN GALLERYにてオープン致します。モノトーンを基調とした「Continuous Symbol」シリーズの特別な世界観を表現、展開致します。

アナログからデジタル、アートからデザインまで、多彩な分野のクリエイターとして活躍する東 治輝(ひがしはるき)。彼の立ち上げたデザイン&アートスタジオ兼ブランド〈Howlt〉のポップアップストアをマガザンキョウトにて期間限定で開催します。ハンドペイント作品の展示販売や、Howlt、Howlt Coffeeのオリジナルグッズ、現代美術家デイヴィッド・シュリグリーのアートグッズなどを取り揃えてご紹介します。ぜひこの機会にお立ち寄りください。
-- Howlt: https://howlt.com
-- マガザンキョウト | MAGASINN KYOTO: https://www.magasinn.xyz/

「ブランディングデザインで日本を元気にする」をコンセプトに活動する株式会社エイトブランディングデザインは、「KIRIN Home Tap」のロゴデザインや「小田急電鉄ロマンスカー」の交通広告などを手掛けた、グラフィックデザイン事務所「6D」 主宰、木住野彰悟氏をお招きし、トークセミナー「クリエイティブナイト」を3月29日(金)東京・南青山にて開催致します。

イラストや漫画の描き方が自宅で学べる「Palmie(パルミー)」を運営する株式会社パルミー(東京都目黒区 代表取締役 伊藤貴広)は、人気イラストレーターでありVTuberである竹花ノート先生を講師に迎えた講座を開講しましたので、お知らせいたします。
https://www.palmie.jp/courses/167/lp?aff_id=prtimes


トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)レジデンシーでは、アート、デザイン、建築、キュレーションといった創造的分野で活躍する世界中のクリエーターが来日し、滞在制作やリサーチ活動が行われています。
オープン・スタジオでは、普段はなかなか見ることのできないクリエーターの制作やリサーチ活動について展示・公開し、作家による解説やゲストを招いてのトークを行います。

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)の企画公募プログラム「OPEN SITE 2019-2020」の募集を開始します。OPEN SITE では、あらゆる表現活動が集まるプラットフォームの構築を目指し、展示、パフォーマンス、OPEN SITE dot の各部門で企画を募集。選出された企画は、2019 年 11月から 2020 年 2 月にかけて TOKAS 本郷で実施されます。「OPEN SITE 2018-2019」では、応募総数 285 企画から厳正なる審査を経て 9 企画が選ばれ、公開制作やレクチャーパフォーマンス、ワークショップなど様々な試みを展開しました。「OPEN SITE 2019-2020」も、これまでにない表現を希求し、新しい視点を持って創造の場を捉え、社会と向き合う企画を募集します。

クリエイターの感性と技術、そして日本のものづくり文化を関西エリアから大きく発信するクラフトイベント「クリーマクラフトパーティ2019」が今年は春に開催されます。第5回の開催テーマは“桜咲く”。思いやこだわりの詰まった作品との出会いを、満開の桜を愛でるようにワクワクした気持ちで楽しんでいただきたい、そんな思いが込められているイベント。

イラストレーション青山塾では2018年度受講生による第21期修了作品展を習作展と共に開催致します。
この一年を通して学んだ成果の結集をご案内致します。
どうぞ皆様お誘いあわせのうえ、ご来場くださいますよう心からお待ち申し上げております。


<修了作品展>
●期日:2019年3月16日(土)〜3月18日(月)
●場所:青山ブックセンター本店 ギャラリースペース(10時〜22時・最終日のみ17時)
青山ブックセンター本店 大教室16日(土)・18日(月)10時30分〜17時
17日(日)10時30分〜20時
●入場料:無料

東京アニメアワードフェスティバル2019(TAAF2019)では、日本のアニメーションの未来について、複数の視点より見つめ直し語り合うシンポジウムを実施いたします。
すでに、発表している「アニメーションのデジタル化に伴うアニメーターの将来像を探る」と「『動きのコンペティション』講評とシンポジウム」に加え、アニメーション業界の第一線で活躍するプロデューサー陣が、多様化していく世界のアニメーション事情の中で、日本のアニメーションの立ち位置を確認するシンポジウムを開催します。
公式HP:http://animefestival.jp/ja/

会期:2019 年4 月16 日(火)〜21 日(日)
12:00-19:00(最終日16:00 まで)
会場:Roonee 247 fine arts / Room2
東京都中央区日本橋小伝馬町17-9 さとうビル4階 03-6661-2276

これまで食にまつわる仕事に長くかかわり、書籍や料理レシピといった作品づくりに取り組んできました。
ずっと見つめてきた愛着のあるテーブルの風景。
その中で料理を引き立て、わたしの仕事を支える器やカトラリーなどのテーブルウェア。
脇役である道具たちは、彼らの「盛る」「すくう」という仕事から解放されているときにも、
生き生きとしているように感じることがあります。
ふと感じるその感覚そのものをすくいとり、銅版画にすることでひととき紙という器に入れ、味わってみたいと考えました。
湧いてくるイメージでは、日々の中でこぼれ落ちそうな、形のない、見えないけれど ” ある” ものを、
作品においてすくうことを試みています。
テーブルウェアの新たなイメージを感じていただけましたら幸いです。

世界の文学を起点に、作家が想像を巡らせる。
著者も物語の名前も教えず、たった一文から作家は制作する。
そんななぞなぞみたいな展示をやりたいと思いました。
ルーニィ ディレクターの杉守の本棚から選んだ10のストーリーの一文から
写真、音楽、絵画など様々な表現方法を行き来する安達ロベルトさんと、
アイシングクッキーで立体的に表現する塚越菜月さんが
それぞれ10の作品を作ってくださいました。
インプットとアウトプットの差異に驚き、楽しむ展覧会です。
Roonee 247 fine arts 杉守加奈子

■好評につき、今年も開催!クラフトマーケット、ワークショップ、ライブなど。クリエイティビティを体感する2日間
毎日を彩るインテリアや器、アクセサリーなどのファッションアイテムがずらりと並ぶクラフトマーケットを中心に、『苔玉づくり』や『オリジナル真鍮アクセサリーづくり』など人気クリエイターによるワークショップ、手作りフードにキッチンカーまで70店舗以上が並びます。

■関取花、TENDRE、思い出野郎Aチーム等、人気アーティスト6組が出演!
今春にはメジャーデビューが決定している「関取花」、タワーレコード“タワレコメン”、iTunes“NEW ARTIST”に選ばれるなど、デビューから僅か半年で熱い注目を集めている「TENDRE」、NHKの子供番組「シャキーン!」への楽曲提供やDJ活動など、多岐にわたって活躍する「思い出野郎Aチーム」に加え、「mabanua」「青葉市子」「Michael Kaneko」の計6組の人気アーティストが登場し、会場を盛り上げます。

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『(仮)ゲーマーズブレイン UXと神経科学におけるゲームデザインの原則』を全国の書店を通じて刊行します。成功するゲームを作るには? 本書は、読者が魅力的なゲームの成功要因を特定し、より効率的に成功への糸口を発見できるようになることを目的としています。

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『デザイナーズFILE 2019』を全国の書店を通じて刊行します。プロダクトから工業製品、インテリア、空間、建築まで、あらゆる立体デザインを扱う日本唯一のデザイン年鑑です。デザイナー、建築家をはじめ、モノ作りに携わる人々、そして学生など次世代のデザイナー候補の皆様にご利用いただいています。

会期:2019.2.22 金 - 3.28 木
時間:11:00a.m.-7:00p.m. 日曜・祝日休館 入場無料

2014年2月に開催した「光るグラフィック展」は、紙からデジタルへと、作品を鑑賞するメディアが変わりつつある中で、15組のグラフィックデザイナー、デジタルクリエイターの作品を同じサイズの光るモニターで展示し、クリエイターの多様な表現やアプローチをご紹介しました。

PUBLICIS ART NIGHT vol.03
HAKUSAN CREATIVE BIOTOPE IDEATHON
日時:2019年2月25日(月)18:00〜21:00
場所:ビーコンコミュニケーションズ 11F Agency Forum(東京都品川区上大崎3-1-1JR東急目黒ビル)
参加費:無料 ※申し込みフォームから事前にお申し込みください
定員:15〜20名 ※定員になり次第、締め切らせていただきます
審査員:福田崇之(金沢工業大学)+磯木淳寛(picobirds)

申込みフォームはこちら
https://goo.gl/forms/wH2112i8yshDL9KM2

イベントページはこちら
https://www.facebook.com/events/382761299211726/

可愛すぎてたまらにゃい猫作品が並ぶ、猫好きのための猫イベント「猫の日 #にゃんだふるらいふ」展をCreema HASHTAG GALLERY(表参道駅から徒歩約8分)で 開催! 2月22日(金)(にゃーにゃーにゃーの日:猫の日)〜24日(日)に、キュートでクリエイティビティ溢れる222点以上の猫作品を集めた企画展と、飼い猫用オリジナルアイテムのオーダー会を実施。「うちのにゃんこ〇〇」など、愛猫の写真を持参すれば、その場でクリエイターに相談しながらオーダーが可能。猫好きには必見のイベントです!
U R L :https://www.creema.jp/event/cat222

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『Mayaリギング 改訂版 正しいキャラクターリグの作り方』を全国の書店を通じて刊行します。正しいリグの作り方を知らないでキャラクター作れるの? CGキャラクターリグの教科書『Maya リギング』がバージョンアップ! ベテランアニメーション教授でもあるティナ・オヘイリーが、リグの10のルール、必要な知識を豊富なチュートリアルと付属データであなたに教えます。

会期:2019.2.19 火 - 3.15 金
時間:11:00a.m.-7:00p.m. 日曜休館 入場無料

ガーディアン・ガーデンでは、個展開催の権利をかけた公募展、第20回グラフィック「1_WALL」展を開催します。ポートフォリオ審査による一次審査と、一対一で審査員と対話をする二次審査を通過したファイナリスト6名が、一人一壁面を使って作品を発表するグループ展です。会期中の2月21日(木)には、一般見学者にも公開される最終審査会を開催します。ファイナリストによるプレゼンテーションの後、審査員による議論を経て、グランプリが決定します。グランプリ受賞者には、1年後の個展開催の権利と、個展制作費20万円が贈られます。

Eleonor Bostrom "Tack!Tack!Tack!Tack!"
期間:2019年2月18日(火)〜 3月10日(日)
会場:スパイラル1F minato
https://www.spiral.co.jp/topics/mina_to/eleonor-bostrom-tack-tack-tack-tack

10 年以上「犬」をテーマに作品を制作する、スウェーデンの注目の
若手陶芸作家、 エレオノール・ボストロムの作品の展示販売を行います。
手作りの温もりを感じるマグや花瓶、日本初となるイラスト原画も販売予定です。

開催概要
[日時]2019年2月21日(木) - 2月24日(日)
10:00-18:00(初日のみ13:00から18:00まで) [入場無料]
[会場]ソフトピアジャパン・センタービル 岐阜県大垣市加賀野 4 丁目 1 - 7
[公式情報]https://www.facebook.com/IAMAS.GraduationExhibition/
[主催]情報科学芸術大学院大学 [IAMAS]

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『カラー図解 DTP&印刷スーパーしくみ事典 2019』を全国の書店を通じて刊行します。印刷のしくみといった基本的な事柄をはじめ、ハードウェアやソフトウェア、デザインなどのクリエイティブな要素、電子出版、デジタル印刷、製本・後加工などのDTP&印刷に関する多くの知識を、豊富な図解を用いて解説しています。

株式会社エイトブランディングデザインはシェア空間の設計を得意とする、成瀬・猪熊建築設計事務所 主宰・建築家の猪熊純氏と成瀬友梨氏をお招きし、トークセミナー「クリエイティブナイト」を開催いたします。

シェアハウスやシェアオフィスなど、1つの場所を共有する人が増え、働き方やライフスタイルが変化しつつある昨今。成瀬・猪熊建築設計事務所のおふたりは業界でもいち早く、シェア空間が生み出す個性や公共性という新たな価値に注目し、数多くのシェア空間を設計しています。
代表作「LT城西」は13人が共同生活する大きな家のようなシェアハウス。2.5階層のこの建物は、個室を高低差ある立体的な配置にすることで、新たな共有空間を設け、住人が思い思いの場所で過ごすことを可能にしています。
一般的な集合住宅や個人宅とは異なるシェア空間の設計の魅力とは何なのでしょうか。
時代の変化と人々の暮らしに寄り添うおふたりに、これからのシェアのかたちについてお伺いします。

歌舞伎の発祥など日本の芸能史をたどると、水辺や野外は重要な意味を持ちます。台湾の移動舞台車による野外公演を行ってきた美術家・演出家のやなぎみわ氏をゲストに迎え、船上と陸上で、水辺空間と演劇にまつわるトークを行います。第1部は、貸切船で中之島を一周しながら、都市社会学者で水辺の文化史に精通する山田創平氏とやなぎ氏が、水辺の生活文化と演劇との歴史的なかかわりについて語ります。第2部では、大阪大学中之島センターにて、演劇研究者の永田靖氏をゲストに、これまでやなぎ氏が展開してきた中上健次の『日輪の翼』を舞台化する「ステージ・トレーラー・プロジェクト」などを振り返りながら、水辺における野外演劇の可能性について語ります。

服作りに特化したアトリエスペースであるandMadeでは、定期的に様々なジャンルのアーティストとコラボした企画展を開催しております。今回コラボするのは、イラストレーターmaucoさんによるイラストのプリント作品と原画の展示を致します。
タイトルは『パジャマボーイズクラブ』。ゆるゆるいモンスター、おばけ、キャラクター感のある人物などのmaucoさんの作品が、刺繍されたり生地になったり、様々なパジャマアイテムとして展示されています。
ミニポップアップではオリジナルテキスタイルのゆめたのしいパジャマの販売もいたします。

2019.3.7thu.8fri.9sat
at hotel kanra kyoto


テーマ「親密な工芸」Intimate kougei

※“DIALOGUE”は、工芸の見本市&展示販売会です。
※3月7日(木)は招待制の内覧会となっております。


京都では、伝統的な手仕事を今に伝える職人と、その周辺にある文化が日常の中に息づくことで、独自の美意識や感性が生まれ、デザインやアートなど、領域を超えた新たな作り手たちのものづくりへと育まれています。KOUGEI NOWはそんな京都を拠点に、「工芸を“未来志向”のものづくりへ」というキーワードのもと、手しごとを中心としたものづくりの新しい在り方を探っていくためのプロジェクトです。

“DIALOGUE”は、今年もホテル カンラ 京都を会場に、京都を中心に全国から伝統的な背景を持つ作り手の商品が集まる展示販売会を開催します。作品や作り手との”DIALOGUE”(=対話)を通して、工芸の未来を考える場を創造していきます。

http://kougeinow.com/

ページの先頭へ