Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします

京都の名勝庭園が、この秋、初めての試み! 庭師と語らいながら秋の夜⻑
を庭園で過ごしませんか? ⽇本庭園の魅⼒を知って満喫できる⼀晩をどうぞ。

場所:名勝無鄰菴
開催⽇:2017年11⽉18⽇(⼟)〜23⽇(⽊・祝)
時間:17:30〜21:00
⼊場料:600円(⼆階特別席プラス400円)
http://murin-an.jp/news/20171118/

100年前何が起こったのか?国産アニメーション誕生の謎に迫る!

 日本で最初のアニメーションは、今から100年前、1917(大正6)年1月に浅草の劇場で公開された「凸坊新畫帖、芋助猪狩の巻」(でこぼうしんがちょう、いもすけいのししがりのまき)と考えられています。映画会社に依頼され制作にあたったのは、当時駆け出しの漫画家だった下川凹天(しもかわへこてん)。それから半年の内に北山清太郎(きたやませいたろう)、幸内純一(こううちじゅんいち)と前川千帆(まえかわせんぱん)が、相次いで作品を公開し、日本のアニメーション文化はここに芽吹きました。

 しかし、これらの最初期の作品は、近年フィルムが発見された「なまくら刀」(1917年公開)をのぞくと、現在ほとんど見つかっておらず、情報も断片的にしか分かっていません。果たして、100年前に何が起こったのでしょうか?

 本展では、100年前にアニメーション制作に挑んだ4人の先駆者たちの活動に光を当てると共に、現代に繋がる戦前の漫画文化とアニメーション文化の交わりが分かる関連資料を展示します。あわせて現在発見されている最古の国産アニメーション「なまくら刀」、未だ発見されていない下川凹天作品を現代のアニメーション作家たちの感性で蘇らせた「下川凹天トリビュートアニメーション」の上映展示などを行い、国産アニメーション誕生100周年を顕彰します。

 あわせて、当館が所蔵する下川凹天の遺品資料を元に、“日本初のアニメーション制作者”とはまた違う、“漫画家”下川凹天の生涯を紹介します。
https://www.kawasaki-museum.jp/exhibition/8738/

カリブ海の美しい島国で生まれた、人間愛と自然への親しみに満ちたハイチアートの数々を紹介!

 カリブ海に浮かぶ美しい島国・ハイチ共和国。1492年にコロンブスが到達して以来、1804年にフランスから独立して世界初の黒人による共和国として誕生しました。

 フランス植民地時代には、人々の間に芸術に親しむ環境が醸成されて、やがて国民全体に広がっていきました。フランス人仕込みで絵の描き方を学んだ人々は、ハイチの美しい自然や素朴な民衆の生活をモチーフに、ハイチの文化を象徴する「ハイチ絵画」を誕生させました。南国的な華やかな色彩で、擬人化された動物たちや幻想的な風景、ブードュー教信仰を背景とした精霊の姿などを描くハイチの芸術は、シュルレアリスムの指導者アンドレ・ブルトン(1896-1966)にも注目され、世界的に高い評価を受けています。

明るく、楽しく、そして優しい人間愛と自然への親しみに満ちたハイチアートの数々をお楽しみください。
https://www.kawasaki-museum.jp/exhibition/8737/

 今年、創立89年を迎える知的発達障害児入園施設「八幡学園」(1928年開園・千葉県市川市)は、「踏むな 育てよ 水そそげ」の指導理念のもと、心の触れ合いを通して一人ひとりの特性を見出してきました。山下清は、1934年(12歳)八幡学園に入園し、そこで貼絵に出会い、才能を開花させました。山下清をはじめ、八幡学園の仲間たちである石川謙二・沼祐一・野田重博は、それぞれに障害を抱えながらも「美」に対するたぐい稀なる「天性」を感じさせる作品を多数残しています。

 今回の作品展では、4人の作品100余点と合わせて山下清の放浪日記、習字、学園での思い出の写真なども公開します。数々の作品から、その表現のうちに込められた、生命の表現力の煌めきをぜひ感じていただければ幸いです。

https://www.kawasaki-museum.jp/exhibition/8459/

東京工科大学デザイン学部の講師や同学部生らが制作などを手がけた『八王子市市制100周年記念 プロジェクションマッピング in 東京工科大学』(同実行委員会主催)が、8月11日(金)「山の日」に八王子キャンパスにて開催されます。

本企画は、国内有数の学園都市である八王子市の市制100周年を記念し、国内でも珍しい自治体と市民、大学とのコラボーションで行われるプロジェクションマッピングプロジェクトです。本学では、デザイン学部の田村吾郎講師を中心とするチームが企画・プロデュース・制作などを手がけたほか、同学部の学生有志25人がワークショプや作品制作のサポート、メディア学部の学生100人余りが当日の運営などに参加します。マッピングを行う「片柳研究所棟」は、高さ86m幅156mの八王子キャンパスのシンボル的な建物で、屋外のプロジェクションマッピングとしては八王子市で最大規模となります。


株式会社KeyLifeは、インスタグラムとツイッターからハッシュタグ付き投稿を収集してお客様の商品のキャンペーンページや、ブランドページに手軽にビルトインするサービス「TagMagic Widget(タグマジック・ウィジェット)」を7月27日にリリースします。

 「デザインノートNo.74」(2017年7月26日発売)の特集
『佐藤可士和の仕事術』の発行を記念し、佐藤可士和氏によるトークイベントを開催します。
 今回取材した各企業やブランドを中心に、本誌に収まりきらなかったこぼれ話や、更に深く掘り下げる内容で解説します。

■2017年7月 30日(日)14:00〜15:30(開場 13:30〜)
■会場:青山ブックセンター本店内・大教室
    (東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山ガーデンフロアB2F)
■定員:110名様
■入場料:1,350円(税込)
■ご参加方法:
[1] 青山ブックセンターウェブサイトの「オンライン予約」にて受付。
[2] 本店店頭にてチケット引換券を販売。
 ※電話予約は行っておりません。

「デザインノートNo.74」(2017年7月26日発売)の特集『佐藤可士和の仕事術』の発行を記念し、佐藤可士和氏によるトークイベントを開催します。
 今回取材した各企業やブランドを中心に、本誌に収まりきらなかったこぼれ話や、更に深く掘り下げる内容で解説します。

■2017年8月4日(金) 19:00〜21:00(開場 18:30)
■会場:梅田 蔦屋書店 4thラウンジ
(大阪市北区梅田3-1-3 ルクア・イーレ 9F)
■定員:80名様
■入場料:2,808円(税込)
※『デザインノートNo.74』(7/26発売号)1冊を含む。イベント券のみの販売は無し
■ご参加方法:
[1] 梅田 蔦屋書店ウェブサイトの「オンラインショップ」にて『イベント参加券付き・デザインノートNo.74』を予約、会場でお引き渡し。(受付は8/3まで)
[2] 店頭販売:7/28(金)より限定20冊、先着順
  ※電話やメールなどでのお取り置きは一切いたしません。

株式会社KeyLifeは、インスタグラムの動向をハッシュタグをベースにデータ収集し、解析結果を分かりやすく提供するサービス「TagMagic Analytics(タグマジック・アナリティクス)」を7月13日にリリースします。

TagMagic Analytics(タグマジック・アナリティクス)は、ハッシュタグを軸とした、instagram上での投稿トレンドや、影響範囲、人気の投稿、影響力を持ったユーザのリスト の集計・分析が可能なサービスです。

Instagramのアカウントの分析に関しては、Instagram側が用意したinsight機能がありますが、TagMagicでは insight機能に無い#ハッシュタグの 集計・解析機能を皆様に提供いたします。

[ I N T R O D U C T I O N ]

FASHION × ART × MUSIC
JUVZINE No.3をエディション200で発売
*8月21日〜代官山 蔦屋書店にてポップアップショップを開催

代官山蔦屋等で好評だったアートブック「JUVZINE」の第三弾を新たに発売する。
ファッションブランド"JUVENILE HALL ROLLCALL"と音楽の関係性を表現し、
今回もアートワークはクリエイティブ集団"カトレヤトウキョウ"が制作。
ファッション×アート×ミュージックの融合を表現し、
スプレーやハンドペイントを1枚づつ施した唯一無二な作品となっている。
内容物には、タブロイド・ビジュアルブック・ステッカーを同封し、
中毒性の高い一作である。

このたび、先日開催決定および特報映像の公開でリリースを送らせていただいておりましたニューディアー配給・宣伝の”ヘンなアニメーションの祭典”「変態メタモルフォーゼアニメーションナイト2017」の予告編が公開上映全作品が発表となりました。陽気で軽快なリズムに乗って、気づけば変態アニメーションナイト史上最大の作品数19作品のボリュームで贈る世界で最「狂」の100分 ヒューマントラストシネマ渋谷にて8月12日(土)〜25日金の週間限定公開ののち、京都みなみ会館ほか全国の劇場にて公開予定です。

観た者に一生忘れないインパクトを残す短編アニメーション作品を集め、全国各地で満員の観客を阿鼻叫に陥れる人気企画「変態アニメーションナイト」の新シリーズ。今回のテーマは「ポップに狂ってる」……ということで、陽気に見えながらもどこか頭のネジが外れてしまっているような作品を集めました。あなたはまだ”アニメーション”のこわさを知らない…

(7月28日(金)19:00スタート at エイトブランディングデザイン)

「ブランディングデザインで日本を元気にする」をコンセプトに活動する株式会社エイトブランディングデザインは、東京都発行の防災ブック「東京防災」やJR東日本グループの地域再発見プロジェクト「おやつTIMES」などソーシャルイノベーションデザインで注目を集める、NOSIGNER代表 太刀川 瑛弼氏をお招きし、トークセミナーを開催いたします。

目に見えないものから、デザインをあぶり出す

NOSIGNERとは、「デザイン」の反転である、「ノザイン」(no sign:形がない)の意味。
太刀川氏は、デザイナーの視点からデザインを進めるのではなく、周囲との関係性(目に見えないもの)からデザイン(目に見えるもの)をされています。関係性を繋ぐことで、人や社会に変化を起こすことがイノベーションデザイン、という太刀川氏。
東日本大震災時に手がけた情報共有サイトプロジェクト「OLIVE」や東京都発行の防災ブック「東京防災」など、当日は、今注目を集めるソーシャルイノベーションデザインについてや今後の太刀川氏に迫ります!

合同会社サイスイクラフト(本社:東京都練馬区、代表:齋藤将宏 http://www.saisuicraft.jp/)は、日本で古くから受け継がれてきた漆工芸を取り入れた、暮らしを彩るモダンなデザイン漆器「FLOREPOLIE(フロールポリー)」のクラウドファンディングにチャレンジします。

「FLOREPOLIE」の2017年秋の発売開始予定に先行し、2017年7月9日よりクラウドファンディングサービス「MotionGallery」にて支援を募ります。
またクラウドファンディングのスタートと同時に合同展示会「WORK & FOS」に出展しブランド背景や商品の紹介をいたします。

新しいトレードの場が誕生します。

WORK & FOS は、あらゆる「仕事」を前進させるための拠点です。
モノのトレードにとどまらず、アイデアやアクション、エクスペリエンスの互換性を生み新しい価値や関係性を作り出します。

扱うべきは「モノ」だけではありません。
「何か」を売りたい人だけが展示を行う場でもありません。
参加する人全てが能動的に関わり合うことで、職種を越えた幅広い事象が同時多発的に発生していく機会となるでしょう。
http://www.workandfos.tokyo

株式会社スーパープランニング(本社:静岡県浜松市、代表取締役:神谷 敬久)が運営する代官山モンキーギャラリーでは、2017年7月7日(金)から7月31日(月)にかけ、「北村勝彦ポスターコレクション」を開催いたします。


-ごあいさつ-
ある日、友人のファッションディレクター北村勝彦氏が「こんなもの出てきたよ」と言って見せてくれたのは、70年代から80年代にかけてファッション界に一大旋風を巻き起こしたイタリアのアパレルブランド「フィオルッチ」のポスターでした。
しかもその数たるや31枚。
当時は僕もかなり意識をし、デザイナーであり社長のMr.Elio Fiorucci とも交流はありましたが、こんな実物大のポスターコレクションを見るのは初めてで、びっくりと同時に懐かしさがこみ上げてきました。北村氏曰く「今の若い人たちもこれを見たらきっと喜ぶんじゃないの?モンキーギャラリーでお披露目したら?」という、ありがたい提案を素直に受けて、今回このポスター展を実現する事となりました。 
(株)スーパープランニング 神谷 敬久

自分だけの一点ものが見つかるかもしれない?!
青空マーケットのような、東京丸の内でのハンドメイドイベント、
「丸の内ストリートマーケット by Creema」が、好評につき7月も開催!
これまでの約2倍のスペースで、出展数も50店舗から70店舗以上に拡大し、
よりバラエティ豊かな内容で展開致します。

ぜひ、家族や友達と訪れてみませんか?

日にち:2017年7月1日(土)・2日(日)
時 間:11:15〜16:30
会 場:東京丸の内仲通り(丸の内エリア)

公式Webサイト:https://www.creema.jp/event/marunouchi_creema

身近な材料や道具で手軽にできる文房具のつくり方を紹介した本です。

ノート、ファイル、ボックスなど、紙製の文房具30種類のつくり方のプロセスを写真でわかりやすく説明します。基本は、紙を切ったり、折ったり、貼ったり。イギリスのブックバインディング(製本)をベースにしたつくり方のコツは、巻末にまとめて詳しい解説を掲載しました。

特別な材料、道具、技術のいらない初心者向けから、誰かに見せたくなるこだわり派まで。週末などの空いた時間に気軽につくれるものばかり。シンプルなデザインで、性別や年齢を問わず、自宅でも仕事場でも使えるアイテムが満載。「あったら便利!」なオリジナル文房具30 点のつくり方を紹介します。

無印良品有楽町店 ATELIER MUJIでは2017年6月30日(金)〜 2017年8月27日(日)まで、
『無印良品と明和電機をくらべた展 ナンセンス計測のこころみ』展を開催いたします。

朝起きてから寝るまで、私たちはたくさんの道具を使って暮らしています。
一体だれがどうやって考え、どのようにつくり、そしてどんな人が使うのでしょう。
本展では、この素朴な疑問を、無印良品とアートユニット明和電機が作った道具をくらべることで、
来場者のみなさんと考えてみようと思います。
ふだん、見過ごしている何の変哲もないことに、実はものすごいことが潜んでいるのかもしれません。
そしてそれに気がついた時、ちょっと面白い世界が、みなさんを待っているのです。

〜人造大理石素材技術の新たな可能性を目指して〜
2017年6月12日

トクラス株式会社は、40年以上の研究・開発実績をもつ人造大理石素材技術について、従来の住宅設備分野の枠組みを超えた新たな可能性を追求しています。

このたび第一弾として、当社が素材技術の全面協力を行った、プロダクトデザイナー花澤啓太氏の新しいプロダクトシリーズ・暮らしの彫刻「FACE」が6月14日(水)より東京ビッグサイトInterior Lifestyle Tokyo[主催:メサゴ・メッセフランクフルト(株)]のknotブースにて発表されます。

「FACE」は、当社独自の人造大理石素材の質感や加工しやすい特性を活かし、削り出して作られた多面彫刻のオブジェクトで、暮らしの顔となる場所をつくります。

Interior Lifestyle Tokyoのほか、6月17日(土)よりトクラス新宿ショールームでも期間限定展示を行い、花澤氏によるトークイベントを予定しています。「FACE」は、花澤氏が企画するプロダクトレーベル「knot」より、7月発売予定です。

当社は今後も、暮らし領域において、人造大理石素材技術の新しい可能性を探る試みを行いたいと考えています。

knotホームページ
http://knot.website/

会期:2017.7.11 火- 8.4 金
時間:11:00a.m.-7:00p.m.
日曜・祝日休館 入場無料
会場:ガーディアン・ガーデン(東京都中央区銀座7-3-5 ヒューリック銀座7丁目ビルB1F)
詳細URL:http://rcc.recruit.co.jp/gg/exhibition/gg_sec_gr_201707/gg_sec_gr_201707.html


たかくらかずきはドット絵を用いた平面作品で第7回グラフィック「1_WALL」のファイナリストに選出されました。その後も画像を構成する最小単位である「ピクセル」をテーマに、イラストレーター、アーティストとして多岐に渡る作品を発表し、2016年「スタジオ常世」を設立、ゲーム開発をスタート、2017年には演劇の脚本を手掛けるなど、近年ますます表現の場を広げています。

本展では、ドット絵や絵文字といったデジタル表現を使いながら、見る角度によって絵柄が変化するレンチキュラー作品や、バーチャルリアリティ(VR)作品を中心に展示します。

人間の知覚を問うことに焦点を当てた本展では、鑑賞者の位置により見えるものが変化するVRやレンチキュラーと、その作品に動かされる鑑賞者を、別の鑑賞者が見るという二重の構造をつくり、作品と向き合う身体を再認識させます。

ヘッドマウントディスプレイを装着して360°の映像を見るVR作品では、メディアアーティストのゴッドスコーピオンとコラボレーションし、「占い」をモチーフにそのランダム性などを要素として取り入れた作品を制作します。VR作品を体験している鑑賞者が見ている画面はプロジェクションされ、見ることが見せることになる状況がライブで展開します。

HEAD PORTERのコンセプトショップ - atelier - Head Porter<渋谷>では、イラストやアニメーションを用いて様々な雑誌や広告、ミュージックビデオ製作を行う、Ryu Okubo氏によるグラフィック全10型の原画展を開催中。今回、HEAD PORTER PLUSのために製作されたグラフィックは、エアブラシを用い、動物や怪獣といったモチーフなど、繊細なタッチで自由に描かれ、原画ならではの臨場感を感じさせてくれる展示となっております。また、今回の為にオリジナルパターンで製作したTシャツボディに全10型のグラフィックを落とし込んだTシャツを発売中。コラボの証である両者のネームプリントが施されています。エアブラシで繊細に描かれた貴重な原画展は7 月29 日(土)まで開催中ですので、この機会に是非お越しください。

HEAD PORTERのコンセプトショップ - atelier - Head Porter<渋谷>では、イラストやアニメーションを用いて様々な雑誌や広告、ミュージックビデオ製作を行う、Ryu Okubo氏によるグラフィック全10型の原画展を開催中。今回、HEAD PORTER PLUSのために製作されたグラフィックは、エアブラシを用い、動物や怪獣といったモチーフなど、繊細なタッチで自由に描かれ、原画ならではの臨場感を感じさせてくれる展示となっております。また、今回の為にオリジナルパターンで製作したTシャツボディに全10型のグラフィックを落とし込んだTシャツを発売中。コラボの証である両者のネームプリントが施されています。エアブラシで繊細に描かれた貴重な原画展は7 月29 日(土)まで開催中ですので、この機会に是非お越しください。

【 二人の作家が織りなす、静かで美しい森の世界 】

「箱森」と名付けられた今回の展示は、遊び心溢れた木の実のアート作品と、世界の森の写真を手作りの木箱に入れて飾ります。

20余点と見応えのある木の実の作品は見るほどに細かく繊細で、その種類や組み合わせの楽しみ方に驚きが溢れています。写真はフィンランドの森をメインに、北海道、屋久島、喜界島など国内外で撮影されたものが展示され、様々な森の表情に触れることができます。
http://apartjournal.com/archives/1556

(6月30日(金)19:30スタート at エイトブランディングデザイン)

「ブランディングデザインで日本を元気にする」をコンセプトに活動する株式会社エイトブランディングデザインは、
スマホ決済サービス「Coiney(コイニー)」の創業メンバーであり、
デザインとテクノロジーとビジネスを掛け合わせた統括的デザインで、数々のプロジェクトを成功に先導している、tsug,LLC(合同会社ツグ)代表 久下玄氏をお招きし、トークセミナーを開催いたします。

写真家ライアン・マッギンレーの責任編集による、カルティエのためのアートブック『 ”With Nail & I” edited by Ryan Mcginley for Cartier_ Juste un Clou 』がいよいよ5月31日に刊行されます。

このアートブックは、1本の釘をモチーフに1970年代ニューヨークで誕生したカルティエのジュエリーコレクション”Juste un Clou”(ジュスト アン クル)をテーマに、ライアンが日本人セレブリティとリアルピープルを撮り下ろした写真と自身が厳選したアーティストたちによるコミッションワークを1冊にまとめた500部限定、木製ボックス入りの豪華仕様本です(IMA Photobooks刊)。

リリース以来、カルティエファン、ライアンファンのみならず、ファッション・アートへの造詣が深い方々の間で話題となり、すでに多くの予約が入っています。

今回、500部限定という稀少なアートブックであるため、IMA CONCEPT STOREとIMA onlineのみでの販売でしたが、今年4月、GINZA SIXにオープンして話題を呼んでいる銀座 蔦屋書店のレアブックコーナーで、5月31日(水)からの期間限定企画として、特別販売されることが決定しました。

2017年5月27日(土)– 6月10日(土)

5月27日(土)から6月10日(土)の会期に、INS Studio(渋谷)にて、
MUSTONEの新作個展「mustone stage 8」を開催いたします。

会期前夜の、本日5月26日(金)19:00−22:00には、レセプションを開催。
ウェルカムドリンクをご用意し、皆様のお越しをお待ちしております。

日本工学院専門学校では、全国の高校生を対象に、ペンタブレットメーカーの株式会社ワコムとの 共催による『高校生イラストコンテスト2017』を開催。6月1日(水)から8月31日(水)まで作品を募集いたします。
応募及び詳細は、同公式ホームページ(http://www.neec.ac.jp/contest/irakon2017/)まで。
このコンテストは、若いクリエイターの発掘や作品発表の場を創出することで、イラスト制作への 幅広い興味関心を高めると共に、高校の部活動への支援などを目的に開催されているもので、昨年 は全国から511点の応募がありました。

銀座本店に期間限定で「familiar ZOO」開園!ライオン・ゾウ・ウサギ・マントヒヒ・ひつじ・・・銀座本店CUBiEに67柄の動物モチーフのバッグが大集合!ファミリア創立67周年にちなみ、テキスタイルデザイナー鈴木マサル氏が動物67柄の世界にひとつの「familiar ZOO bag」をデザインします。鈴木氏が描く不思議なフォルムの動物達。「これはなんの動物かな?」「大好きなうさぎはどこだろう?」と楽しい会話がうまれる空間です。芝生、岩、池、等々のゾーンに分かれて一同に展示します。

2017年5月10日(水)〜2017年7月10日(月)
11時〜19時30分※最終日は18:00閉場

Marimekko pop up shop
We love Japan - The Isetan edition

マリメッコは、独創的な柄と色使いによって世界的に広く知られる、フィンランドのデザインハウスです。日本のマリメッコショップはもちろんのこと、フィンランド・ヘルシンキにある本店にも日本の方たちが数多く訪れてくださるなど、私たちはいつもたくさんの日本のファンの方の存在を感じています。

マリメッコの原点は柄です。その柄に、豊かな日本の色を纏わせてみたい、まずはそんな思いが生まれました。さらに、伝統に裏付けされた素晴らしい技を持つ日本の職人さんたちと一緒にものづくりができたら、一体どんなことが起こるだろう!と、さらに一つ奥の創造の扉をわくわくしながら開けてみました。

日本の伝統色で特別にカラーリングしたマリメッコのファッションアイテムやホームコレクション。そして日本の職人たちの手による丁寧なものづくりとコラボレーションすることで誕生したアイテムたち。フィンランドと日本の出会いから生まれた、暮らしを喜びでいっぱいにするコレクションを、伊勢丹新宿店本館1Fザ・ステージで、6月7日(水)より1週間限定で販売致します。

近年、大手企業のみならず、中小企業や小規模事業者も「ブランディング」と「ウェブ」の重要性を認識する経営者が増え、ウェブブランディングに注目が集まっています。
ブランディングとウェブの最前線で今何が起こっているのか?に最新事例〈TOKYO WINE PARTY〉とともに迫る〈ウェブブランディング特別講座〉が開催されます。

自社のブランドをつくりたい方、他社との違いを明確化したい方、 お客様ではなくファンをつくりたい方など、 ブランディングのきっかけを掴むことができる講座です。

ページの先頭へ