Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします

東京都内の中小製造業活性化策として東京都が主催し、
公益財団法人日本デザイン振興会が企画・運営を行う東京ビジネスデザインアワードは、本日2021年度のテーマ賞11件の受賞を発表しました。

東京ビジネスデザインアワードは、東京都内の中小企業の持つ技術や素材等をテーマに
デザイナーから新規用途開発とビジネス全体のデザイン提案を募集、
両者をマッチングして製品・サービスの実現化を目指すコンペティションです。

2021年9月より、東京の下町・谷中の老舗旅館 澤の屋と本屋しゃんが共同し、「旅館」を舞台に、「アート」と「本」そして旅人たちの交差点づくりをはじめました。コロナ禍で旅人は容易に旅ができず、旅館は旅人がいない客室が静かに並びます。そんな状況における本企画は、国籍も性別も年齢も関係なく、世界中からさまざまな人が集まる「旅館」という場所の特性を活かした作品展示やブックフェアを通じて、人が寄り合うきっかけを作り、 手触りのある関係を育む試みです。


このたび、MIOKOのイラストエッセイと小話マンガのZINE『だいたい布団の上。』vol.02の刊行を記念して、MIOKO個展「たまにはヨソの布団の上。」を開催します。本書の原画や原画ノートを中心に、 旅館 澤の屋の客室を活かした展示を行います。


公式:https://honyashan.com/mioko-soloexhibition-futonnoue 
アーティスト:MIOKO

岐阜県では新たな才能の発掘と育成を目的に、企画公募展「Art Award IN THE CUBE 2023」の作品企画を募集します。

応募テーマ:「リアル」のゆくえ
応募期間:2021年12月24日(金)〜2022年5月16日(月)
賞・賞金:大賞(賞金500万円)、審査員賞(賞金100万円)
作品規定:キューブ【4.8m(W)×4.8m(D)×3.6m(H)】空間内で展示できる作品(分野・技法・手法は問わない)
問合せ:AAIC実行委員会事務局応募受付係 ��050-5526-5472

詳しくは公式ホームページをご覧ください 
https://art-award-gifu.jp/

外出が叶わない人々による手紙の交流を描いた、絵本『きいろいカラス』を紹介する展覧会。

2020年に世田谷区芸術アワード“飛翔”生活デザイン部門を受賞した美術家/イラストレーターの椎木彩子による展覧会を開催します。本展で発表する絵本『きいろいカラス』は、同年に開催したワークショップをもとに、さらに1年かけて創作したものです。
本展では、絵本原画約20点のほか、ジオラマやラフスケッチなどの制作過程や物語のなかに登場する「家」の模型もご覧いただけます。また、会場では〈100年後に生きる人〉に宛てた手紙も募集し、会場で紹介します。絵本と現実を行き来する、コロナ禍で紡がれた色彩豊かな〈今ばなし〉の世界をお楽しみください。

URL:https://www.setagaya-ldc.net/program/528/
※お出かけの前に、最新情報を生活工房ホームページでご確認ください。

現在の暮らしの源流に思いを巡らせたことはありますか? 今では当たり前となっている近代的な暮らしのモデルを広めたのは、戦後の深刻な住宅難を解消すべく日本住宅公団によって創られた団地だったと言われています。

「食寝分離」の西洋型の間取りに、ステンレスキッチン・水洗トイレ・ガス風呂・シリンダー錠の鉄扉などを備えた最新の暮らしが人気を集めた団地。全国に次々と建設された団地は、プライバシーとセキュリティを重視し、1つの住宅に1つの家族が住むという、現在につながる暮らしのスタンダードを創造しました。

団地には、独自の文化やコミュニティが育ち、多くの映画・小説・漫画の舞台となってきました。また近年は、子育て・介護などへの配慮、リノベーション、芸術家とのコラボレーションなど、実験的で新しいタイプの団地も注目されています。

一方で団地は今、建物の老朽化や住民の高齢化、共同体の消失など、さまざまな問題に直面しています。このセミナーでは、日本人のライフスタイルの変化と深く関わってきた団地の歴史と文化を多様な視点から紐解きながら、私たちがこれから先の未来に創造していきたい暮らしについて考えます。

公益財団法人日本デザイン振興会(会長:川上元美、所在地:東京都港区)は、主催事業である2021年度「グッドデザイン大賞」の受賞結果を11月2日(火)に発表しました。
https://www.g-mark.org/activity/2021/results.html

年の初めの恒例かるた展、お楽しみください。
イラストレーションを展示。

little venders left alive ~現在の花売り娘~
開催日:2022年2月某日
(一般公開はせず、ゲリラ的に実施)

開催場所:都内某所(渋谷付近を予定)


プロジェクトページ:
https://camp-fire.jp/projects/view/487514

PV:
https://youtu.be/UFdJya9ThtU

スケッチで生命をとらえる!少ないラインで、ストーリーを語るスケッチを描く方法をディズニーのレジェンドが教えます。

ディズニーのレジェンド、ロン・ハズバンドと一緒にクイックスケッチを描きましょう。
感覚を鈍らせることなく、流れるように描く秘訣は?
毎日のクイックスケッチがお勧めです。観察する目を養い、手と目の連携を保つためには、ごくわずかな時間でも毎日描き続けることが大切です。

コスチュームによって キャラクターに物語を与える方法とは?

『ゲームの衣装デザイン』では、時代を超え、豊かでカラフルなファッションの歴史を紹介。象徴的な時代における その社会的意義について詳しく説明します。そして、ゲームのプロット、シナリオ、ビジョンに関わるキャラクター&衣装デザインに現実と空想の世界から焦点を当てます。さまざまなファッション・スタイルだけでなく、クリエイティブな問題解決方法やデザインの原則についても紹介します。また、ゲーム市場における衣装デザインのリサーチでは、歴史的、幻想的、未来的な美学を探求します。

この度、千原徹也 初のエッセイ本『これはデザインではない 「勝てない」僕の⼈⽣〈徹〉学』が2021年12⽉29⽇より、全国の書店やオンラインストアで発売開始となります。
千原の幼少期からこれまでの負け続けた⽣き⽅。
れもんらいふをやりながら⽣まれた、32の〈徹〉学。
そして、これからについて。
何かを始めたい⼈必⾒の本となっております。

現在、amazonにて予約を受け付けております。
https://amzn.to/3entC75

株式会社れもんらいふ(東京都渋⾕区、代表取締役社⻑ 千原徹也)は今年2021年10⽉5⽇、10周年を迎えました。さまざまな皆様と出会い、なんとかここまでやってきました。
皆様への感謝の気持ちを込め、10周年記念として、れもんらいふがお世話になっている 秋元梢さま・安達祐実さま・吉岡⾥帆さまの3名と、れもんらいふのスローガンである「かわいいと変と新しいをまぜると、れもんになる。」をテーマにコラボレーションアート作品を制作し、⼤切な場所、渋⾕・原宿全体を使って展⽰をすることになりました。

作品は2021年12⽉25⽇〜1⽉4⽇の間、
渋⾕や原宿の街中およそ30箇所、200枚以上のポスターを掲出し、ジャックします。

日時:2022 年 1 月 22 日(土)・23 日(日) 各日 11:00〜18:00/場所:東京ビッグサイト西 1・2 ホール


日本最大級のハンドメイドマーケットプレイス「Creema(クリーマ)」を運営する株式会社クリーマ(本社:東京都港区、代表取締役社長:丸林耕太郎、以下クリーマ)は、2022年1月22日(土)・23日(日)の2日間に渡り、「ハンドメイドインジャパンフェス冬(2022)」を東京ビッグサイトにて実施いたします。開催に先立ち、11月29日(月)より、各種チケット販売サイトにて、前売りチケットの販売を開始いたします。
公式HP:https://hmj-fes.jp/

手仕事で描かれる伸びやかな曲線と余白にも密度を感じる造形の心地よさ。見る人の心を惹きつける小林氏のグラフィックデザインは、紙もののみならずプロダクトとしてもその魅力を発揮しています。ATAKAでは、これまでロゴをはじめ、展覧会DMのグラフィック等を依頼。意図を汲み取り、小林氏のフィルターを通した表現は見る者に問い掛け、視野を広く持てる造形を纏っています。

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『ロレンツォのドローイングチュートリアル vol.2』を全国の書店を通じて刊行します。

本書は、漫画家、アーティスト、クリエーターのためにエザリントン兄弟が立ち上げた無料のオンラインチュートリアルの中から一部を抜粋しまとめた書籍『How to THINK When You DRAW』シリーズの第2巻日本語版です。

百科事典のように数多くのイラストの描き方を取り上げる本書の特徴は、「どんなに複雑なイラストでも、とことんシンプルに単純化して考え、描く方法を解説する」というものです。つまり描き方の原点(本質)を解説した書籍です。

想像したものを思いのまま描き、魅力的なファンタジーキャラクターを生み出しましょう!

花の妖精、水の精霊、魔法の森、中世ヨーロッパなど、ファンタジーの世界では様々な要素が描かれます。
この本には、ドローイングやペイントの基本はもちろん、自然、歴史、神話、文学をヒントに、美しく幻想的な女性キャラクターが描けるようになるアイデアが満載です!

グランプリに水野みみさん(愛知県立小牧南高等学校)
準グランプリに奈良萌花さん(埼玉県立鴻巣高等学校)

専門学校の日本工学院とOMデジタルソリューションズ(株)は、全国の高校生を対象に「高校生活」を テーマにした「第12回高校生デジタルフォトコンテスト」の受賞14作品を決定いたしました。
作品は、同ホームページ (https://www.neec.ac.jp/contest/photocon/) にて公開いたします。

作品の第一印象は、約6割が「色」で決まると言われています。
配色はビジネスに活用できる重要なファクターで、理にかなった配色設計を行ったり、配色を言語化してクライアントに説明したりすることも、デザイナーの大きな役割です。

本書では、日本全国有数のアートディレクター・デザイナーの、配色センスが優れたポスターやフライヤーなどの広告デザインを徹底解剖!メインカラー別に350点以上収録しています。

・amazon
https://amzn.to/2ZX4fp0

・誠文堂新光社
https://www.seibundo-shinkosha.net/book/art/67516/

デザインの力でクライアントの課題を解決する、株式会社ニューロマジック(本社:東京都中央区、代表取締役社長:黒井基晴)は、フランス・パリに本社を置き、グローバルに展開する世界最大規模の総合広告代理店Havasの日本法人ハヴァス ジャパン株式会社(本社:東京都港区、CEO:ブリース・ギ・ピノンセリー)と共働し、クライアント参加型のワークショップのサービス提供を2021年11月24日(水)から開始いたします。世界の一流ブランドを数多く手掛けるHavasがその豊富な調査データを基に開発した独自のブランディング・フレームワーク「Meaningful Brand Idea(MBi)」を、ワークショップのスペシャリストであるニューロマジックが日本企業・文化に適した形できめ細やかにローカライズし、新しい価値を提供します。

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)レジデンシーは、アート、デザイン、建築、キュレーションといった創造的分野で活躍する世界中のクリエーターに対し、滞在制作やリサーチ活動を行い、交流する場を提供しています。新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、海外からのクリエーターのほとんどが滞在延期を余儀なくされている中、今回のオープン・スタジオでは、TOKASレジデンシーに滞在する前谷開と、オンライン・レジデンスに参加中のルーベン・デルスが制作やリサーチの過程を展示・公開します。

2021年11月23日(火)〜12月19日(日)月曜日休廊
11:00-17:00

出会った人をデッサン、それをもとに油彩で表現。キャンバスに油彩、約12点を展示します。大きさでに関係なく全ての作品を1点10,000円で販売します。サブタイトルは「10,000」です。1点でも多くの作品が人の手にわたり何かを感じてもらえたら幸いです。

9月に開催中止となった外苑前蚤の市第4弾を開催いたします。時はクリスマス。宝探し気分のクリエイターズガレージセール。古いものがお好きな方、ものつくりのタネをお探しの方、ギャラリー巡りの途中の方もどうぞひと休みしにいらしてくださいね。

この度、DOGOでは2021年11月21日(日)から12月12日(日)までの会期にて、楠田雄大個展『坊主』を開催致します。
楠田は2000年生まれ、広島県出身。現在、東京藝術大学美術学部先端芸術表現科に在籍しています。 本展では、絵画とその制作の延長線上で生まれたダンボール・粘土・ガムテープなどのチープな素材を用いたインスタレーションによって、共同体における秩序と、それになんらかの理由で違反し「異形」とされた存在の意義にアプローチし、両者の軋轢をめぐる考察から身体や共同体、ジェンダーなどさまざまな秩序の再構築を試みます。
http://bunkaunion.com


〜会期:10月30日(土)〜12月12日(日)/会場:美郷町学友館(秋田県仙北郡美郷町)〜

無印良品を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 堂前 宣夫)は、10月30日(土)より美郷町学友館(秋田県仙北郡美郷町)にて開催される『美術/中間子 小池一子の仕事とMUJI IS-動詞の森-展』(主催:美郷町、美郷町教育委員会)に特別協力します。
同展では、日本を代表するクリエイティブ・ディレクター小池一子氏が1960年代よりコピーライトを手掛けてきたポスターなどの制作物や、企画編集に携わった出版物や書籍など、貴重なアーカイブスの数々が展示されます。また、小池氏が発足に参画し、ブランドポリシーを構築してきた「無印良品」について、その一品一品のものづくりに込められた思いを「いかす」「気づく」「引く・省く」「飾らない」といった15の「動詞」で表現した巡回展「動詞の森 『MUJI IS』を携えて 展」も併催されます。


当社公式サイト
https://atelier.muji.com/jp/exhibition/3870/

この「Tiny Homes」キャンペーンでは、イケアのアイコンであるサメのソフトトイBLÅHAJ/ブローハイに、はじめて命を吹き込みました。世界初の「不動産シャーク」として活躍する不動産エージェントBLÅHAJ/ブローハイは、「Tiny Homes」という不動産会社で、小さなアパートへの愛を伝えるために、どんな空間もハッピーな家に変えるソリューションを持つイケアのインテリアデザインチームとタッグを組んで活動することに。そんな彼のミッションは、キャンペーンの案内役として、新宿にある実際のアパートの小さな部屋を、イケアの家具付きで、月額99円という驚きの家賃で貸し出すこと(申込みにはIKEA Familyメンバーであることが条件)。

今回の展示ではホテルの一室、あるいは船内のプライベートな空間をつくりました。
そこにはお土産や花瓶などのちょっとしたものが置いてあり、メイドがパーティの場を取り仕切り、魔法使いやスペシャル・ゲストが登場します。
まるで夢のなかのような奇妙なお話です。そしてその私的なパーティには、だれでも入ることができるのです。
– ルディ・クレモニーニ

104GALERIEは2021年11月19日(金)〜12月18(土)の会期にて、イタリアボローニャを拠点に活動するルディ・クレモニーニの個展、「Room 104」を開催いたします。本展は当ギャラリーにおけるおよそ3年ぶり、2度目の個展となり、小作品、大作品からなる11点の新作を発表いたします。
www.104galerie.com

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『Every Layout』を全国の書店を通じて刊行します。

多様な閲覧環境への対応や、多様なビジュアルデザインの実現といった複雑な要件を強いられるCSSは、管理し続けることが非常に困難です。本書では、より発展的で包括的なCSS設計の考え方について、現役のWebデザイナーやフロントエンドエンジニアを対象に解説します。

CSSの強みであるしなやかな性質を活用した、堅牢なレイアウトシステムを構築するために、本書では「レイアウトプリミティブ」というアプローチを提案しています。これによってCSSの再利用性が高まり、大幅にコードが削減できます。

また、しっかりとCSSらしい考え方を理解したいという方にもおすすめです。

生き生きとした、魅力あるドローイングは、リズムとフォースの意識から。
名インストラクター、マイケル・マテジによる定番書籍が大幅改定!

※30本の日本語字幕付き動画が付属※
紙面では伝わりきれない情報も、著者のドローイングを画面越しに見ることで、理解が進みます

モデルを前にしたら、見るべきは「人間そのもの」です。本書は、短時間で生命のエネルギーをとらえ、ダイナミックなドローイングを描くための基本を解説した、実践ガイドです。
力強いドローイングの例を示しながら、以下の方法を説明しています。

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『アーティストのための人体解剖学ビジュアルリファレンス』を全国の書店を通じて刊行します。

ハイクオリティな写真&図で解説。"人" をつくる すべてのアーティストのための1冊

『アーティストのための人体解剖学ビジュアルリファレンス』は、人体に関する広範なビジュアルリファレンスガイドです。240枚以上の写真が、筋肉の定義や骨のランドマーク、姿勢やポーズまで、細部まで捉えています。

すべての写真には、美術家/イラストレーター Charlie Pickard の描いた筋肉図、平面図、輪郭図が重ねられており、人体に関する理解を深めることができます。専門家/講師 Jahirul Amin による魅力的な解説は、人体の仕組みへの理解をたすけ、それがあなたの作品にどのように関連するかを教えてくれます。

あなたが、伝統的な彫刻家、油絵画家、3DCG、デジタルアーティストのいずれであっても、本書に掲載されている資料は有益であり、アートの質と精度を向上させるのに役立つことでしょう。


公益財団法人日本デザイン振興会は、主催事業であるグッドデザイン賞の2021年度受賞結果を10月20日(水)に発表しました。全受賞デザインをグッドデザイン賞のWEBサイト(http://www.g-mark.org) にて閲覧いただけます。

前年より1,000件以上増加し、過去最多となった5,835件の審査対象の中から、国内外のデザイナーや建築家、専門家など88人の審査委員による厳正な一次・二次審査を経て、過去最多の1,608件の「グッドデザイン賞」受賞が決定しました。
また、長年にわたって人々から支持され続けてきた商品などのデザインに贈られる「グッドデザイン・ロングライフデザイン賞」受賞22件も発表しました。

ページの先頭へ