Information インフォメーション

イベントやコンペ等の情報をお届けします

2019.3.7thu.8fri.9sat
at hotel kanra kyoto


テーマ「親密な工芸」Intimate kougei

※“DIALOGUE”は、工芸の見本市&展示販売会です。
※3月7日(木)は招待制の内覧会となっております。


京都では、伝統的な手仕事を今に伝える職人と、その周辺にある文化が日常の中に息づくことで、独自の美意識や感性が生まれ、デザインやアートなど、領域を超えた新たな作り手たちのものづくりへと育まれています。KOUGEI NOWはそんな京都を拠点に、「工芸を“未来志向”のものづくりへ」というキーワードのもと、手しごとを中心としたものづくりの新しい在り方を探っていくためのプロジェクトです。

“DIALOGUE”は、今年もホテル カンラ 京都を会場に、京都を中心に全国から伝統的な背景を持つ作り手の商品が集まる展示販売会を開催します。作品や作り手との”DIALOGUE”(=対話)を通して、工芸の未来を考える場を創造していきます。

http://kougeinow.com/

イメージビデオとブランドサイトが公開

ねじる、丸める、揉む、折る、伸ばす――パン生地(dough)のように好みの形へと変化させ “自遊”自在に楽しむことのできるISSEY MIYAKEの新素材「DOUGH DOUGH」。
この度、映像作家、ビジュアルアーティストの橋本麦の制作、ディレクションによる、イメージビデオとブランドサイトを公開いたします。
着る人のアイデア次第でどのようなスタイルにもなる、この素材のユニークさを直感的に表現した作品です。

ブランドサイトURL:https://www.isseymiyake.com/isseymiyake

北の世田谷に拓いた文化、作品と資料からその歴史を紐解く

北海道江別市の世田谷部落* をご存知でしょうか? このたび生活工房は、もう一つの<世田谷>が歩ん
だ暮らしや文化活動を、作品や資料をとおして紹介する初の展覧会を開催いたします。

2019年2月2日(土) - 2019年3月9日(土)

この度、NANZUKAは、田名網敬一の新作個展「Tanaami x adidas Originals」を開催いたします。本展覧会は、世界的スポーツファッションブランド、adidas Originalsによる 「adidas gallery」 という名を冠した新たなアーティストコラボレーションプロジェクトの一環として企画された特別展です。

デザインノートNo.83「特集:デザイナーだから極めたい 色づかいのテクニック」刊行記念!監修の桜井輝子さんトークイベントを開催いたします!

同誌の特集「デザイナーだから極めたい 色づかいのテクニック」でも監修者として尽力いただいた、色彩のエキスパート桜井輝子氏が登壇されます。デザインにおける色、配色に関して、現在、桜井氏が企業の商品販促や空間演出、教育のプログラム制作などの仕事から、日々思うことをリアルにお話しいただきます。グラフィックデザインだけでなく、ファッション、インテリアに関わる、色、配色と向き合う方々の気づきになるはずです。

「大人のライフスタイル提案」を行う代官山 T-SITE 内の代官山 蔦屋書店にて、ヴィンテージ雑誌や古書を集めたフェアを開催します。

1985年にDTP(DeskTop Publishing)が登場し、誰もがデザインすることが出来る時代になりました。当フェアではDTPが登場する以前のデザイナーや、その時代を象徴するヴィンテージ雑誌の販売をいたします。

2019.2.3 sun – 2.16 sat

「ザ・よにん展」は、大阪・東京でイラストレーター、フォトグラファー、
デザイナーと異なる分野で活躍する4人の個性的な作家が
それぞれこだわった作品を持ち寄った展示会です。
全体的にゆるりとした魅力が漂う本展に是非ご来場ください。

Artists
ヨシダエリ / 玉本 慎平 / 村辺 由香里 / 谷 香里奈

開催期間
2019.2.3 (日) – 2.16 (土) 13:00 – 17:00

平日は勿論、土・日・祝も開場しております。
土日祝を除く平日はご来場の際にご予約が必要になります。
ご希望の方はヴィジョントラックまでお問い合わせください。

この度、渋谷のコーヒースタンド、ABOUT LIFE COFFEE BREWERS(ALCB)にて、アーティストのオオクボリュウとのコラボレーションによるオリジナルマグカップの完成を記念し、期間限定のPOP UP SHOPを開催いたします。

オオクボリュウは、Mndsgn、PSG、D.A.N. の ミュージックビデオや、Benny Sings、星野源のアートワークをはじめ、雑誌や広告、アパレル、内装を通して、平面/アニメーション作品を制作しているアーティスト。2017年には、ALCBの3周年を記念するティーシャツのデザインを手がけています。

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)では、これまで公募展や企画展、海外派遣などを通じて、アーティストを段階的、継続的に支援し、またその活動を紹介するプログラムを実施してきました。2018年度より開始するシリーズ「ACT」(Artists Contemporary TOKAS)では、TOKASのプログラムに参加経験のあるアーティストを中心に、今注目すべき活動を行っているアーティストを企画展で紹介していきます。
初回となる本展は、季節の移ろいや風景の移り変わりを身体で感覚的に感じ取り、その経験をとおして世界を捉えなおし、今まで見えていなかった風景を映像や絵画によって浮かび上がらせる作家、佐藤雅晴、西村有、吉開菜央の3名を紹介します。

【展覧会名】闇に刻む光 アジアの木版画運動1930s-2010s
【会  期】2019年2月2日(土)〜3月24日(日)
【開館時間】11:00~19:00(入場は18:30まで)
【休 館 日】水曜日
【会  場】アーツ前橋 地下ギャラリー
〒371-0022 群馬県前橋市千代田町 5-1-16
【観 覧 料】一般500円/学生・65歳以上・団体(10名以上)300円/高校生以下無料
  ※障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は観覧無料。
※3月21日(木・祝)は、国際人種差別撤廃デーのため、観覧無料。
  ※トワイライト割:17時以降にご来場された方は、観覧料が300円。
※映画割:前橋シネマハウスで上映する「タクシー運転手」の半券をご提示の方は、観覧料か300円。

104GALERIE(東京・池尻大橋)は、2019 年2 月2日から3 月17 日の会期にて、イタリア出身のアーティスト、ルディ・クレモニーニの日本初の個展 「The roots of lotus」を開催いたします。ルディ・クレモニーニは、1981 年イタリア・ボローニャに生まれ、ボローニャ・アカデミーオブファインアーツ(Accademia di Belle Arti di Bologna) を卒業後、現在同地を拠点に活動しています。これまでの主な個展として、カゼルタ宮殿(2018 年、カゼルタ・イタリア)、Galerie Thomas Fuchs(2017 年、シュトゥットガルト・ドイツ)、ベオグラード市博物館(2017 年、ベオグラード・セルビア) などが挙げられ、イタリアを初め、アメリカ、フランス、ドイツ、ベルギーなどで数多くの国際的な個展・グループ展に参加、また数々の賞を受賞し国際的に評価を得ています。

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『デビル メイ クライ 3・1・4・2 グラフィックアーツ スペシャルエディション』を全国の書店を通じて刊行します。『デビル メイ クライ』シリーズファン必見! 究極の設定資料集が増補改訂で再登場!

●開催概要

『"Thanks a million"展』
[日時] 2019年1月18日(金)〜1月27日(日)10:00–22:00 
入場無料 ※最終日のみ19時終了予定
[場所] andMade北参道(東京都渋谷区千駄ヶ谷3-34-3)
https://andmade.tokyo/
※1月18日(金)19時よりレセプションを開催いたします。

すべてのジャンルに創造の場を開いた、アート・プラットフォーム

「OPEN SITE 2018-2019」では、あらゆる表現活動が集まるプラットフォームの構築を目指し、展示、パフォーマンス、演劇など、様々なプログラムを2会期にわたり開催しています。1/12(土)から始まるPart 2では玉木晶子、MUTEK.JPによる展示企画、コンタクトゴンゾによるパフォーマンス、宮田篤によるワークショップ、ハイドロブラスト(太田信吾)による演劇を実施します。
アートの領域横断化が進む現在、既存のジャンルにとらわれずに、自由かつ強い意志を持ち、意欲的に自己表現に取り組む企画に、是非ご期待ください。

平田尚也は、ネット上の3Dデータを仮想空間で立体彫刻を作るように組み立てた作品「“Demon” “Space Ship” “Royal Drive”」で、第18回グラフィック「1_WALL」グランプリを受賞した。審査員からは、高い完成度やユニークな着眼点が高く評価された。
大学時代に彫刻を専攻していた平田は、高価な彫刻素材ではなく、ネット上で無限に収集することができるフリーの3Dデータや画像データなどを作品に用い始めた。重力などを自身で数値によって定義したコンピュータの仮想空間内で、収集したデータをもとに制作した作品を「仮想空間内の彫刻」と捉えている。

■日 程:2019年3月8日(金)〜11日(月)

■会  場:池袋シネマ・ロサ、池袋HUMAXシネマズ、シネ・リーブル池袋、新文芸坐、

シネマサンシャイン池袋、区民ひろば南池袋、サンシャインシティ 噴水広場、 

サンシャイン水族館、豊島区庁舎、WACCA池袋など

■主  催:東京アニメアワードフェスティバル実行委員会、一般社団法人日本動画協会 

■共  催:東京都

■特別協賛:豊島区

※お問い合わせは公式HPまで
(公式HP:http://animefestival.jp/ja/

2月1日(金)〜4日(月) 大田区蒲田「ギャラリー鴻」ほか
-----------------------------------------------------------
東京工科大学デザイン学部(東京都大田区、学部⻑ 池田政治)では、4年間の学びの集大成である「平成30年度 卒業制作展」を、2月1日(金)から4日(月)まで、蒲田キャンパス「ギャラリー鴻」などで開催いたします。(入場無料)
会場には、「工業デザイン」と「視覚デザイン」の各コースから、製品デザイン、インテリア、ラン ドスケープ、グラフィック、Web、映像、AR(拡張現実)などの卒業制作約200点を一堂に展示いたします。

 かぎ針でワイヤーを編むハンドメイドアクセサリー作家、ワイヤークロッシェ・サニーサイド
きむらななえ(東京都港区南青山)は、2019年1月11日から19日まで、1年ぶりとなる個展「きむ
らななえ展」を開催します。
 2018年12月8日に発売された2冊目の著書、「ワイヤーで編む小さなアクセサリーの物語」(出
版社:文化出版局)掲載の作品の展示や販売をはじめ、掲載作品をアレンジしたアクセサリーの
販売、昨年の個展開催後の新作の販売や、個展で人気だった作品の再販売、またワイヤークロッ
シェを体験できるワークショップを開催します。

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『アニメCGの現場 2019』を全国の書店を通じて刊行します。大量の制作資料からプロの技術に迫る!

【概要】
書籍名:アニメCGの現場 2019 −CGWORLD特別編集版−
刊行予定日:2018年12月14日
編集:CGWORLD編集部
定価:本体3,600円 + 税
ISBN:978-4-86246-433-0
サイズ:A4変(210 × 282 mm)
ページ数:448ページ
発行:株式会社ボーンデジタル

2018年12月7日(金)から12月12日(水)まで、表参道ROCKETにて「KAGETEN -景展-」が開催される。デザイン会社の株式会社ラナデザインアソシエイツからデザインを軸とした映像およびモーショングラフィックスを制作する映像事業部として独立した「RANA-DOUBLE-O-SEVEN」の作品展示。

視点や時間によって複雑に入り組む美しいコントラストを1枚のグラフィックの中に描いた「景跡」、コマ撮りアニメーションの「ONE」、タイポグラフィとモーショングラフィックスによって見方によって変わる表現を展開した「パラダイムシフト」、箱の中で映し出される影模様作品「Reflection」等を展示。

暗闇の会場で、グラフィック、アニメーション、モーショングラフィックスの作品を楽しめる。
入場無料で、時間は11:00〜21:00(最終日のみ18:00まで)。

景展 告知映像
https://vimeo.com/304365988

マーケティング・クリエイティブ職専門に転職支援を行う株式会社マスメディアン(本社:東京都港区、社長:東彦弥)は2018年12月6日(木)、ちょっと先の価値観を見つけるWebメディア「advanced by massmedian(アドバンスト・バイ・マスメディアン)」( https://advanced.massmedian.co.jp/ )をオープンいたします。

渋沢敬三によって昭和の初期につくられたことば、「民具」。それは、長い時を経て庶民の日常を支えた生活道具を指します。必要に駆られ、知恵と工夫がそのままかたちになった道具。手から手へ引き継がれた無駄のないかたちは、自然と共存する日本のくらしの原風景を感じさせます。その後、産業の構造が大きく変化し、次々と新しい素材が開発され、生産技術、流通が進化する中で道具も多種多様になりました。
その一方で、使い手としての生活者の立場に立ち、商品のあるべき原点を今一度見直そうと生まれた無印良品。その佇まいは、現代の民具になり得ているでしょうか?民具と無印良品双方の展示を通して、その問いの意味をみなさんとともに考えていく企画です。

株式会社ルミネ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社⻑:森本雄司)は、『HAPPY HAPPY HAPPY END LUMINE CHRISTMAS 2018』キャンペーンのスペシャルコンテンツとして、天才漫画家・此元和津也による初のオリジナル実写脚本のクリスマス限定ドラマ『MATCH girls(マッチガールズ)』を制作。一年のエンディングにあたるクリスマスに「ハッピーエンドにしませんか。」というメッセージを届けます。12月10日(月)のドラマ公開に先駆けて、本日11月29日(木)より予告編を公開いたします。

◎予告編:https://youtu.be/HkPeh9U_g1s
◎特設サイト:http://www.lumine.ne.jp/matchgirls

1,000点以上のイヤリングが集合
“痛くないイヤリング”、“まるでピアスなイヤリング”、“生花イヤリング”など、悩みと好みに合わせて選べる1,000点以上のイヤリングが2日間限定で集合! 各日先着100名に、大切な人へのクリスマスプレゼントにはもちろん、自分へのご褒美にもぴったりな限定ラッピングもご用意いたします。実際に見て、触って、試した上で購入できるので、安心して買い物を楽しめます。この機会に足を運んでみては?

https://www.creema.jp/event/earrings

12月7日(金)〜12月11日(火) andMade北参道で開催
https://andmade.tokyo/event/details/259


『Objectment』
人々が望む形(もの)、「必ずしもそうでないといけない」という決まりはあるのだろうか?この問いは、今の社会すべてに関わってくるテーマである。私たちは意地を張ってもくもくと作っている。そのobjectたちは人々がアクセサリーとして求める形、functionではないと思う。今あるジャンルに囚われない、それを越えて新しいものを作る。

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『ストリートファイター キャラクターメイキング』を全国の書店を通じて刊行します。「ストリートファイターV」全キャラクター設定資料を初公開! 世界的な大ヒット作「ストリートファイターII」から連綿と引き継がれ、最新作「ストリートファイターV」に結実した“格闘ゲーム魂”を、歴代開発者への5万字を超えるインタビューとCG制作メイキングで解き明かします。

12/1(土)-15(土)より目黒・Impact HUB Tokyoにて
アートイベント「CIVILSESSION ARCHIVES」を開催いたします。

CIVILTOKYOの主催するCIVILSESSIONは「 約、月に一度」というペースで
2017年2月より18回に渡って開催してきました。
これまでに50名を超える出場者にご参加いただき、そこで100を超える作品の発表がありました。
2018年12月1日(土)より開催するCIVILSESSION ARCHIVESでは、
これら全作品の実物も交えた展示とその活動の記録を公開します。

開催日程: 2018年12月1日(土)~ 12月15日(土)
開場時間:10:00 ~ 20:00(12月1日は18時開場)
イベント:12月7日 18:00 → レセプションパーティー 12月15日 17:00 → CIVILSESSION 19(入場500円)
開催場所: Impact HUB Tokyo(東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1階)

https://www.facebook.com/events/1051418371705053

株式会社ボーンデジタル(東京都千代田区、代表取締役 村上 徹)は、書籍『Design Systems - デジタルプロダクトのためのデザインシステム実践ガイド』を全国の書店を通じて刊行します。Webサイト・サービスやアプリなど、デジタルプロダクト制作のアプローチである「デザインシステム」について、著者自身の経験とAirbnb、TEDなど規模の異なる5社への調査から得られた、効果的な構築&運用の方法をまとめました。日本では類を見ない実践書です。

●会期/開館時間
2018年11月23日(金・祝) − 2019年1月14日(月)
※初日11/23(金・祝)のみ18:00オープン(入場無料) ※12/25(火)は、イベント開催のため16:30クローズ
10:00 - 20:00
休館日 12月31日(月)、1月1日(火)

●入場料
一般:400(300)円 学生:300(200)円
( ) は前売料金 / チケットぴあ・10名以上の団体料金再入場可高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD(イムズカード)会員無料

日時:2018年12月6日(木)-12月18日(火)
場所:カウニステ 自由ヶ丘店(入場無料)
協賛:KYOKO SUZUKI ceramics

フィンランドには、土地の所有者に損害を与えない限り、全ての人が自然の収穫物を自由に採取して良いという自然享受権が存在します。秋になると、人々は森を訪れ、自由にきのこやベリーを採って楽しむ権利が保障されているのです。

ページの先頭へ